海外FXの資金移動で海外銀行口座を利用

スポンサーリンク

国内銀行口座の不便さ

海外FX業者で最初登録する場合は、おそらく、海外銀行口座を持っている方は稀で、多くの方が出入金方法のため国内銀行で登録するかと思います。

しかし時間が経つにつれそれでは不便になってくると言うのもよくある話としてFXトレーダーの間でなされています。

ではなぜそのようになってくるのでしょうか?

・海外FXのトレードに慣れてくる

海外FX取引をしていくと、もちろんそのプロセスに慣れてきます。

そして、いろいろお得な資金の動かし方を覚えたり、専業投資家となる場合には、出金、入金のしやすさは死活問題となります。

強制ロスカットになる前のマージンコールの対応なども素早くやらないと大変な事になります。
何より利益をしっかりと手元に戻す入金、出金はFXの大切な要素であることもわかってくるでしょう。

・資金の移動が激しくなる

そのような理由から、資金の移動が激しくなります。
一回あたりの入金額、出金額も多くなってくるでしょう。

基本的に海外FXは出入金手数料無料のところが多いですが、海外FXブローカーとは関係のないところでかかってしまう手数料はたくさんあります。

例えば振込手数料や出金手数料などです。
そのためなるべく簡単で素早く、取引手数料の安い資金の移動ができる取引環境が便利となってきます。

・海外送金は窓口でしかできない

しかしその反面、国内業者における国内送金と比較して、海外送金は銀行の窓口でしかできません。
毎回窓口に行って送金フォームを埋め込みをするのは非常に面倒くさく、ストレスになってしまいます。

営業日外の日などもあるので、緊急の場合にも非常に困った事になってしまいます。

・ネット送金ができないのは不便

このような理由から海外送金がネットからできないのは非常に不便に思う方が大多数です。

以前ならばネッテラーという便利で安価なWeb送金サービスが使えました。
ネッテラーはロンドン証券市場上場会社であるPaysafe(ペイセーフ)が運営する電子マネーでした。

簡単に言えばe-wallet、オンラインウォレットのことであり、オンライン上で電子マネーを使って決済できる送金手段サービス、オンライン決済サービス、出金サービスの手段の一つとしてネッテラーがありました。

もちろん国や通貨を飛び越えて使える国際決済サービスともいえました。
送られてくるNETELLERカードというマスターカードのデビットカードでカード入金や、ATMから現金引き出しの機能もありました。

日本国内業社で言えば楽天EdyやSuicaやau WALLETと類似のサービスということができます。

海外FXトレーダーの取引先FX口座への入金方法としても、出金手段としても人気を集めており、取引方法のプロセスのうちに入れていた方も多かったのです。

海外企業でありながら日本語対応もしており、非常に使いやすい送金サービスでした。

しかし、2016年9月15日にネッテラーは日本における顧客へのサービス終了のお知らせをだしました。

実際はサービス自体が終了するというものではなかったのですが、日本国内からネッテラー経由でギャンブルゲーム業者(オンラインカジノ、ブックメーカー、オンラインポーカー、オンライン麻雀)などの取引システムへの入出金ができなくなりました。

そして今ではネッテラーで海外FX業者から出金をするのは極めて難しくなってしまいました。
これはAML(アンチマネーロンダリング)の法令遵守によるものです。

決してネッテラーが詐欺業者だったと言う訳ではないのですが、これの背景として、FX業者側の問題というよりは、日本人ユーザーの増加、に伴う取引量の増加、セブン銀行ATM詐欺事件などから金融庁からの圧力が高まったとみられます。

日本の金融庁はなるべく国内FX業者の口座開設をして欲しいという思惑と、税金の管理を簡単にしたいと言う思惑があるため、現在多くの海外の金融関係の規制を進めています。

海外FXは英国金融行為監督機構やキプロス証券取引委員会などの海外の金融ライセンスを取得しているところも多くECN口座やSTP口座などの自動取引を進めている会社が多く、約定スピードの速さやそれに付随するスプレッドの狭さ、信託保全などをしていたりと、取引の透明性に評価があるのですが、規制は続いています。

他にもFXプリペイドカードやクレジットカード入金、出金方法もありますが、これはキャンセル扱いとなるため、入金した額までしか出金できないのです。

さらにカード会社ごとに最大利用限度額もあるため、カード入金額も大規模な額の入金には向いていません。

これは決済方法として普及している電子決済会社のPaypalでもクレジットカードがベースとなるので同じです。

投資家にとっては迷惑な話ですが、今のところは海外銀行送金が現実的なようです。

海外銀行口座をつくることで解決

他にはビットコイン入金などが代価案として出てきていますが、まだまだ非常に浸透しているとは言えません。

このような現状で一番手っ取り早い解決策となるのが海外の銀行口座を作る事です。
発行手数料も原則としてはかからないところが大多数です。

海外銀行のオンライン周りは日本より発達しており、オンラインでの出入金も素早くできます。
それらはFXサービスにも応用可能です。

そして出金の際も、円ではなく例えば米ドルなど、その国の通貨で出金先を海外の銀行にして、そのまま下ろす事もできるので、入金手数料、ならびに出金手数料の節約も場合によってはできます。

さらなるメリットとして0.01%台の利子が常識となりつつある日本の銀行利息と比べて、経済が好調な国の

銀行口座は利子を多く付けてくれる可能性もあり、嬉しいボーナスとなります。
しかし作った際にはいくつか注意点もあります。

海外銀行口座の注意点

・一定期間利用がないと凍結

海外銀行の口座を作った際の注意点ですが、海外FXブローカーの口座と同様一定期間使用されないと凍結されてしまう傾向にあります。

その場合、出金拒否をされてしまうかもしれません。
とりあえず作った場合もこの点は頭に入れておきましょう。

・凍結解除・出金手続きが面倒

しかも凍結解除や出金手続きは面倒なものとなります。
そしてたとえ有名企業であっても海外FX会社のようにいつでも日本語サイトで情報を提供していたり、日

本語対応サービスを提供している訳ではありません。

さらに出金依頼をしても、その国のルールで取引がされるため、思ったようにはいかない場合も多々あるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

日本で海外FXトレードをするにあたって出入金をめぐる問題が多発しています。
色々な規制やルールがあり、思ったよりも上手くいかないという声をよく聞きます。

その問題点を解決する一つの方法として海外銀行口座の開設という方法があります。

これにより単なる手数料節約のためでなく、利子やオンラインでの手続きを手間なく素早く行う事ができます。

入金しなければ取引が始まりませんし、トレード口座から銀行預金口座に実際に引き出さないと使えるお金とはなりません。

上に述べたデメリットを理解した上で、それを上回るメリットもある海外銀行口座開設の検討をおすすめいたします。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

海外FX口座