XMのスプレッドがどのくらい広いかを他社と比較

XMスプレッド

海外FX業者の魅力というのは、レバレッジやボーナスのほうに目が行きがちですが、実際に取引するときにもっとも気になるのがスプレッドの問題です。

国内では非常に人気の高いXMですが、スプレッドに関しては、他の人気海外FX業者と比較すると広く設定されています。

実際に、どのようなスプレッド設定になっているのかについて紹介していきます。

【XMのスプレッド一覧】
XM一番狭いスプレッド

あわせて読みたい

XMの公式サイトでスプレッドを確認⇒

■XMの口座タイプ別のスプレッド

XM口座ごとの特徴

XMはもっとも利用者が多い最大888倍のレバレッジを利用できるスタンダード口座と、最小単位からでも取引ができるマイクロ口座は、ほぼ同一のスプレッドをなっており、マージンを外だしにしたZERO口座は最小のスプレッドを提供するようになっています。

スタンダード口座、マイクロ口座は取引が薄いオセアニアタイムには若干スプレッドが開きますが、それ以外はかなり安定したほぼ固定のスプレッドで売買ができます。

(※スタンダード口座とマイクロ口座の違い⇒

そのため、国内業者の強烈に狭いスプレッドでの取引に比べると若干見劣りはしますが、そのほかの条件を勘案すればかなりいい取引が可能になります。

それでは一つ一つの口座ごとにその内容をご紹介していきます。

①XMスタンダード口座のスプレッド

XMのスタンダード口座は、XMの口座の中では最も中心的なもので大きな単位の取引も可能でかつ最大888倍のレバレッジも活かせるというメリットをもった口座です。

入金は日本円のみならずドル、ユーロにも対応しますが、国内で円での入出金をするなら円を利用するのが無駄がなくお勧めとなります。

最低入金は500円から可能ですので、追加の証拠金もかなりこまめにつぎ足すことが可能となります。

肝心のスプレッドですが、日本の個人投資家がもっとも利用するドル円では最低1PIPSから最大1.8PIPSの間で推移しています。

ユーロドルもほぼ1~1.7PIPSの範囲で取引可能です。

ユーロ円は平均スプレッド2.6PIPS、ポンド円は平均3.8PIPSとこの辺りになりますと国内の業者と比較すると多少見劣りするところがあります。

また資源国通貨で、日本の個人投資家がよく利王する豪ドル円が平均3.0PIPS,NZドル絵もが平均2.5PIPSといった状況です。

基本的にクロス円通貨は各通貨となっていますので、海外FX業者にとってはそれほど得意通貨ペアでないことだけは理解しておく必要がありそうです。

XMは両建て可能で、しかも両建てにしますと証拠金がかからなくなりますので、さらに資金をうまく活かした取引が可能になります。

またスキャルピングは基本的にOKとされていますので、スプレッドは広いもののドル円などではレバレッジを活かして効率的な取引が可能です。

海外の業者は信託保全があいまいなところが多いものですが、XMはもともとキプロスでスタートし会社で英国の金融当局からも承認を得ている企業ということもあって最大2万ユーロまでは信託保全が確保されていますので安心です。

②XMマイクロ口座のスプレッド

スタンダード口座の条件をすべて満たしながら、最小10通貨単位から最大888倍のレバレッジを利用して売買ができるのがこの口座の魅力です。

それ以外の条件はスタンダード口座と同じものになりますので、限られた資金で売買を始めようと思うのなら間違いなくマイクロ口座からスタートされることがお勧めとなります。

肝心のスプレッドはスタンダード口座でも書きましたが、ドル円で平均1.8PIPS程度でそれ以下にも狭まることがありますので、使いはじめてみるとそれほど違和感は感じることなく、スキャルピングも自在に取引可能となります。

ユーロドルも同様ですが、全般的にクロス円ではスプレッドが大きくなりがちですからスキャルピングはドル円、ユーロドルを中心に行うことがお勧めとなります。

スタンダード、マイクロ口座で適用されるSTP方式とは?

FX業者が相対取引で対応する売買には、DD方式とNDD方式の大きくわけて二つが存在します。

国内業者ではほとんどが何等かの形でDD方式と呼ばれる社内のディーリングデスクを置いて顧客同士の売買を相殺したうえで、残りのオーダーに対しては反対売買を行うなどして取引をしていることがほとんどです。

それに対してNDD方式は、すべての顧客からのオーダーを外部のカバー先と呼ばれる銀行など十数社以上に出し、もっとも条件のいいカバー先の価格を利用してその差額を業者の利益とするものです。

STP方式とはストレートスループロセッシングの略でNDD方式の一種ではありますが、顧客からの発注で相殺できるものは除いて残りをカバー先に出すというやり方をしています。

DD方式は顧客のオーダーと利益相反する売買を業者が行うのでいろいろと問題がありますが、NDD方式はこうした利益相反が起こらないのである意味安心して売買ができる方式ということができます。

③XM ZERO口座はスプレッドが無いが取引手数料が引かれる

ZERO口座はいわゆるNDD方式のもっとも典型的な口座であり、取引マージンを外だしにすることでスプレッドを複数業者をカバー先にして常に最狭のものを顧客に提供するというサービスを行う取引口座です。

国内ではマイナススプレッドを提供する業者もいますが、XMの場合はドル円で0PIPSからの提供となり、平均でも0.1PIPSとかなり狭くなります。

ただし取引手数料を加味しますと、平均は1.1PIPSでスタンダードやマイクロ口座のドル円平均よりも0.7PIPS程度狭くなるメリットがあります。

最大のレバレッジは500倍、通貨ペアはドル円をはじめ、ユーロドル、ユーロ円、ポンドドルに限られるおととなり、ユーロ円は平均スプレッド0.6PIPS、ポンドドルは0.45PIPSとなります。

残念ながらボーナスはこの口座には一切つきませんし、売買によって付与されるトレーディングポイントもないことだけはあらかじめ承知しておかなくてはなりません。

※ZERO口座はNDDのECN方式を採用

XMのZERO口座はスタンダード、マイクロ口座で適用されているSTP方式とはことなり同じNDDでもECN(Electronic Communications Network)方式を採用しています。

これは完全に商取引を自動化して顧客から受けた注文を、電子商取引所で別の顧客の注文とマッチングさせることで取引を成立させています。

つまりすべてのオーダーはカバー先に出しているというやり方で、もっともスプレッドの狭いカバー先を瞬時に探してアルゴリズムが売買を成立させるというやり方をとっています。

そういう意味ではこの方式は非常に中立的で顧客にとっては誠実な口座であるといえます。

(※ZERO口座のメリットとデメリット⇒

※ZERO口座はスキャルピングに集中したい人にお勧め

ZERO口座も決して取引条件としては悪いものではありませんが、レバレッジが最大500倍に下がってしまう点とせっかくのメリットであるボーナスポイントが全くつかなくなるのはかなり残念な状況です。

したがって500倍のレバレッジでスキャルピングに専念したい人だけにお勧めしたい口座であり、本来のXMのメリットを最大限に活かすのであればまずスタンダード口座かマイクロ口座から利用をスタートしてみることがお勧めとなります。

■XMの実質スプレッドと平均スプレッド

長年XMを利用していますとスプレッドはほとんど気にならなくなりますが、それでも国内の業者の狭いドル円やユーロドル、豪ドル円などと比較しますと相当スプレッドは広いのが実情です。

888倍のレバレッジを利用するためにはスタンダードかマイクロ口座を利用することが必須となるわけですが、こちらはXMの中でももっともスプレッドの広い口座となります。

もともと流動性が低い通貨ペアの場合は国内の業者を利用してもかなり広いのであまり気になりませんが、本邦の個人投資家がもっとも利用するドル円をとってみてもかなり広いのは現前たる事実です。

xmスプレッド一覧表

本邦の個人投資家も利用する主要な通貨ペアの最小スプレッドと平均スプレッドを表示したのがこの表になります。

実際に利用してみますと最小スプレッドよりは平均スプレッドあたりで推移することが多く、なかなかスプレッドが狭くなることは実感できないのが正直なところです。

特に豪ドル円、NZドル円、ポンド円などはスキャルピングにはかなり向かない通貨ペアとなりますので、スプレッドをよく理解して取引の仕方から変えていく必要があるものと思われます。

XMゼロ口座のスプレッド

一方、どうしても狭いスプレッドが必要なトレーダーにはレバレッジは最大500倍になりますが、ゼロ口座も用意されています。

こちらは手数料を外だしにしてスプレッドは最大限狭くなるようにできているいわゆるECN口座ですからスタンダード口座などと比較した場合にはかなり使いやすくなることは事実ですが、手数料は通貨ペアごとに異なりますので、それを含めて考えた場合にはそれほどありがたがるほどの狭さではないことも認識しておく必要がありそうです。

手数料を実際のスプレッドに加算した場合、0.6銭がドル円のスプレッドであった場合にはそれに1銭分加算することになりますから1.6銭がトータルのコストになるわけです。

確かに瞬間的に0スプレッドにることもありますからさらにお得なトレードをすることも可能ですが、スプレッドに合わせて売買をしているわけではありませんからあくまで結果論ということになってしまいます。

XMの公式サイトでスプレッドを確認⇒

XMの実質スプレッド

XMではゼロ口座以外の口座で取引ボリュームに合わせてポイントを獲得することができ、これをボーナスに換金したものをスプレッドから差し引いて実施スプレッドを計算することも可能です。

スタンダード口座ではほぼ0.8PIPSが提供されるのと同じになりますからドル円ならば2銭から0.8銭を引けば1.2銭が実質スプレッドで売買できているとみることもできます。

ただし、この実質スプレッドの算定に大きな問題があるのは、XMの場合ポジションを作ってから10分以上保有いていないとこの売買ポイントが授与されないことです。

つまりスキャルピングで数十秒から5分程度で売買をしている限りはどれだけのボリュームを売買してもこのポイントは一切授与されません。

したがってポイント分をスプレッドから差し引いて実質スプレッドというためにはかなりゆったりしたデイトレ以上の取引をすることが必要になることだけはしっかり認識しておくべきでしょう。

したがって平均スプレッドが実質スプレッドであると理解しておくのがもっとも間違いのないものと思われます。

XMのリアルタイムスプレッド

XMのリアルタイムスプレッドについてはMT4なりMT5の表示欄から気配ね表示を選んでクリックすれば一覧が現れ、いつでもスプレッドをチェックすることが可能です。

XMリアルタイムスプレッド

XMリアルタイムスプレッドの表示方法

このデータを長時間撮影でもすればリアルタイムのスプレッドを把握することは可能ですが、実際にはそこまでしてチェックするわけにはいかないのが実情です。

特にXMのスタンダード、マイクロ口座はSTP(ストレートスループロセッシング)口座を呼ばれるもので業者側である程度の調整がはかられていますから、リアルスプレッドは平均スプレッドに極めて近いものと理解するのがもっとも間違いないものと思われます。

XMで最もスプレッドが狭い通貨ペアはユーロドル

XMの中でもっともスプレッドが狭い通貨ペアということになりますと、取引量が多いユーロドルが平均スプレッドでも、もっとも狭く取引が可能です。

XM一番狭いスプレッド

さすがに欧州エリアを主たるビジネスにしているXMらしく、ユーロドルで取引する分には国内業者とも決して遜色ない売買ができそうです。

XMのスプレッドを実質的に狭くする方法

XMは、国内のスプレッドが狭いFX業者に比べると、確かに大きめで割高感がありますが、実質的にさらにスプレッドを狭くする方法もあります。

これは海外FX業者の紹介サイトを通じて口座開設をしますと、キャッシュバックが利用者本人にもたらされるケースを利用すれば、取引に応じてキャッシュバックを得られるので事実上のスプレッドを狭くする方法にもなるのです。

キャッシュバックサイト経由だと、多少手続きが手間になりますが、手順としては簡単ですので口座開設を検討している場合は知っておいて損はないと思います。

XMをキャッシュバックで登録して気づいた事⇒

■国内FX業者とXMのスプレッド比較

XMのスプレッドを国内の主要業者数社と比較したのが、次のような表になります。

国内業者とXMのスプレッド比較表

国内には非常に多く店頭FX業者が存在しますので国内系として最も通貨ペアのラインナップが多いヒロセ通商と、それほど条件のよくない外為オンライン、そして最大手のGMOクリック証券を比較してみました。

ヒロセ通商とGMOクリック証券は業界内も最狭スプレッドを競っている関係もあり、かなり似たような原則固定スプレッドを提供していることがわかります。

しかも主要通貨ペアについてはかなりスプレッドを狭める作業をしていますので、XMと比べるとかなりその幅が違うことが鮮明に理解できる状況です。

一方外為オンラインはスプレッド競争には参加していないため全体的にはかなりスプレッドが広く、一部の通貨ペアではすでにXMといい勝負になっていることがわかります。

このように国内で最狭争いをしているところにはさすがにかないませんが、外為オンラインレベルと比較すれば十分に互角近い取引きができる通貨ペアも存在していることがわかります。

チェックマーク国内FXに比べて海外FXのスプレッドが広い理由の解説⇒

■他の海外FX業者とXMのスプレッド比較

XMは海外FX業者の中でもひときわ高いレバレッジとボーナスプログラムで人気を得ている業者ですが、スプレッドについてはお世辞にも業界最狭レベルとはいえないものが提供されています。

ただ、他の海外FX業者もプラスになる部分と必ずしもそうではない部分が混在しているのが実情ですから、実際に取引する場合に何がもっとも重要な要素なのかをしっかりと確認した上で業者選択をすることが重要です。

競合他社との比較表は以下の通りになります。

海外FX業者とのスプレッド比較

ご覧にように、AxioryやTitanFXといった他社のほうがかなり狭い通貨ペアも多くみられますのですべてXMが優位というわけではないことは一目瞭然の世界です。

このスプレッドも常に変化するものですから、実際に取引するときに再度チェックしてから始めることをお勧めします。

確かにスプレッドは業者選択の需要な要素ではありますが、ほかのメリットも含めて総合的な視点で選択することが重要となります。

特に国内業者にはないメリットをどれだけ評価するかによって、海外FX業者の使い勝手はかなりことなるものになる点には十分に理解することが必要になります。

あわせて読みたい

■スプレッドよりも重要なXMのメリット

約定力

スプレッドのことを語るときに、常に平行してチェックしなくてはならないのが約定力の問題です。

どれだけスプレッドがいくら狭く設定されているとしても、結局売買したい価格で約定しなければなんの意味もないと言えます。

XMはスプレッドだけで比較すると決して狭い業者ではありませんが、約定力という視点で考えますとかなり正確で大きく滑ることはめったにありません。

海外FX業者の場合には指値にしておいても滑ることがありますし、リクォートといって言い値で約定せずに別の価格を提示してくるという理不尽な事態もよく起きるものです。

XMの場合、約定力は海外のFX業者でもかなり強いものがありますので、安心して売買が可能な業者ということができます。

XMの約定力・約定スピード

広いスプレッドをカバーするボーナスプログラム

XMのかなり広いスプレッドを補ってくれるありがたいプログラムがボーナスプログラムです。

このボーナスプログラムは入金時にもらえるだけでなく、実際に取引きをして10分以上ポジションを保有していいれば確実に付与されるものですから、証拠金に追加して利用できるものとなるのです。

実際にもらえるボーナスポイントは以下のとおりです。

XMボーナス一覧

現金に換金してしまうとたいしたことはないのですが、ボーナスに振り替えることでかなりの金額になることから証拠金として大きく機能することになり、これがスプレッドの広い分をかなりカバーしてくれるサービスとなっているのです。

確実に受け取るためには10分以上ポジションを保有しなくてはなりませんから、スキャルピングなどを行う場合には必ずしも対象にはなりませんが、デイトレレベルでポジションを売買する場合には必ずスプレッド分をカバーしてくれる強い味方となるのです。

XMボーナス

スプレッドよりも大切なのはハイレバレッジ

XMを実際に利用してみますと、確かに国内業者から乗り換えた直後はスプレッドの広さに戸惑う部分もありましたが、それにもましてメリットを感じるのはなんといってもハイレバレッジの威力といえます。

ドル円が107円レベルなら1万通貨売買してもたったの1200円ですし、10万通貨で1万2000円ですから破格の証拠金で大きな取引が可能であることはスプレッドが少々広くてもまったく問題にならない大きなインセンティブといえます。

国内業者でドル円10万通貨取引するためには、107円レートなら428000円もの証拠金が必要で、しかも相場の多少の上下に耐えられるためにはやはり100万程度は証拠金として投入する必要に迫られることになります。

それにくらべて1万2000円、多く投入してもせいぜい10万円の資金があれば簡単に大きな利益をたたき出すことができるXMは、十分にスプレッドのデメリットを克服する価値を提供してくれているといえるのです。

XMレバレッジを活用したトレード

■まとめ

以上のように海外FX業者の中で、XMは必ずしもスプレッドが狭い業者とは言えないものがあります。

しかし、約定力、レバレッジ、ボーナス、ゼロカットシステム、などを総合的に考え合わせた場合、かなり良質な海外FX業者であるということだけは間違いない存在です。

国内業者とは細かいところでかなり異なる部分もあることは事実ですが、総合的な評価として考えればXMは十分に利用価値のある業者です。

【XM公式サイト】⇒

【XM公式サイトの各ページ】

・XM会員ログイン画面⇒

・XMのデモ口座開設⇒

・XMのボーナスキャンペーン⇒

・XMのMT4インストール⇒

・XMのFXウェビナー⇒

・XMの使い方の解説の動画⇒

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*