XM「口座開設ボーナス+入金ボーナス」での取引き手法と出金方法

XMのボーナス

もくじ

■XMの大きな利点はボーナスの提供

XMはいわゆる海外FX業者で、日本の店頭FX業者と同じように証拠金取引を可能としています。

中でもレバレッジを最大888倍で運用することができるのは国内店頭業者にはない大きな魅力となっており、国内業者では飽き足らない個人投資家が非常に多く利用している会社です。

海外FX業者の一部には出金などの問題があって非常に利用するのが不安になる会社も存在していますが、XMは日本人顧客対応のレベルが極めて高く、安心して利用できることから国内でもその評価は高い状況にあります。

XMが高い人気を誇っているのは、まずそのハイレバレッジにありますが、それとともに大きな人気となっているのがボーナスの提供です。

このボーナスは売買に利用できるクレジットでいきなり現金として換金はできませんが、通常の証拠金と同じように利用できることから投入した証拠金以上の取引額が利用できる点が大きな魅力となっているのです。

国内では、景表法などの規制があることからこうした証拠金投入に伴うボーナス提供はできない状況にあります。

また最近では欧州でもこうしたボーナス提供に金融当局が非常に厳しい規制をかけてきていることから、XMにおける新しい取引アカウントの設定はセーシェルに設立した法人を通して行われるようになっており、従来と同じレベルのボーナス提供が可能になっているのです。

・XMのボーナスキャンペーンを公式サイトで確認⇒

■XMのボーナスについて

・口座開設時に3000円のボーナスが自動的に支給

口座を開設しますと自動的に、3000円分のボーナスがクレジットとして付与されることになります。

3000円では大したことはないと考える方も多いかとは思いますが、888倍のレバレッジを利用すれば1000通貨単位のドル円のコストは112円程度の価格なら126円ほどで売買できますので、日本の店頭FX業者での1000通貨の取引4500円ほどの証拠金に比べてば破格のコストで売買できますから1万通貨の取引さえ可能になるわけです。

とりあえず入金は様子を見たいと思うなら、このクレジットボーナスを利用しただけでも売買は可能になります。

・入金ごとに20%ボーナスが最大5000ドルまで支給

XMの場合、初期の口座開設のみならず、毎回入金をするごとに年間で5000ドルを上限とした入金額プラス20パーセントのボーナスがもらえる仕組みもできています。

たとえば10万円を入金すれば2万円のクレジットがボーナスとして支給されることになるわけですから、実際の入金額以上の取引を実現することができてかなりお得な仕組みということができます。

これも国内の店頭FX業者では、景表法の問題から一切実施できない仕組みです。

通常翌年にはまた同額の入金ボーナス枠が支給されますので、すべて使いきっても安心です。

・期間限定で入金100%ボーナスの支給もあり

さらに年末など不定期に入金額100%といったボーナスの支給がされることもあります。

これは20%ボーナスとは別に、500ドルとか1000ドルといった金額を上限にして提供されますので、うまく使えばさらに少ない資金で大きな売買ができるチャンスとなるのです。

(例:500ドル入金+20%ボーナスで100ドル+100%ボーナスで500ドル=合計1100ドル)

100%ボーナスの解説画像

しかしこの100%ボーナスは、支給時期が決まっているわけではありません。

XMではキャンペーンがはじまるとメールで知らせてくれますので、XMから送られてくる案内メールを定期的にチェックしておけば、確実に利用が可能となります。

・IB業者経由の口座開設なら、さらにボーナスがもらえるケースも

XMの口座開設に関しては、いわゆうるIB(Introducing Broker)と呼ばれるFXブローカーを利用しますと、キャッシュバックという形でXMとは別にお金がもらえる仕組みが導入されています。

業者によってさまざまですが、一般的にはXMからの3000円とは別に、5000円が口座開設でキャッシュバックされるようになっていますので、これはかなりお得な仕組みということができます。

もちろん直接XMのサイトから申し込んでも口座は開設されますが、こうしたIB業者のサイト経由で申し込むことで、よりプラスになることを理解しておくと、お得な口座開設を実現することが可能になります。

ただ、そういった仲介業者に個人情報を渡すのが不安という意見もあるので、直接XMの公式サイトから申し込みする人が多いです。

XM公式サイトからの申し込みは、日本語対応しているので非常に簡単です。

あわせて読みたい

・ボーナスとはさらに別のロイヤルティプログラムとは

リアルな口座を利用して取引をしますと、その取引量にあわせてポイントが支給され、クレジットもしくは現金に交換が可能なプログラムもボーナスとは別に用意されています。

まずエグゼクティブレベルからスタートし、一定の取引量と活動期間を経ることで自動的にこのロイヤルティのステータスはアップグレードされることとなり、最終的にはエリートと呼ばれる最上位のグレードまで上昇することになり、1ロットで20XMPのポイントに交換されることになるため、取引実績のクレジットボーナスも取得可能になります。

ロイヤリティプログラム

このボーナス報酬は、交換しないかぎりは出金ではなくなりませんので、うまいタイミングで交換すればより効率的に利用が可能となります。

・ボーナスがもらえる口座、もらえない口座

XMには、いくつかの口座が用意されています。

通常のFXと一部のCFDが売買できる、比較的小さな資金での取引口座がマイクロ口座、大口資金での口座がスタンダード口座となり、マイクロ口座は最大888倍のレバレッジ利用が、そしてスタンダード口座は200倍のレバレッジ取引が可能となっています。

さらにこれとは別にMT5を利用してビットコインなどの仮想通貨が取引できるアカウントも用意されていますが、このいずれもボーナスをしっかり受け取ることが可能です。

ただし、Zero口座と呼ばれるスプレッド最狭ゼロの口座にはボーナスが一切適用されないので、開設時には気を付ける必要があります。

取引上ではゼロスプレッドはスキャルピングなどには有利な非常に狭いスプレッドとなりますが、レバレッジは500倍が上限で、利用できる通貨ペアもドル円、ユーロドルなどが対象となるため利用範囲は狭められることになります。

ボーナスがあったほうがいいかどうかは個人投資家の自己判断ですが、せっかくの海外業者のインセンティブを最大に利用するならボーナスの支給される口座を開設するのがお勧めとなります。

あわせて読みたい

■ボーナスの取り消し(消滅)が起きるとき

このクレジットボーナスは、証拠金を出金しますと権利を失うことになります。

全額出金の場合にはすべてのボーナスが取り消しとなりますし、一部出金の場合には全体額の出金割合でボーナスも割り引かれことになります。

以前は一部出金でもすべてのボーナスが失われましたが、最近では一部消失という形に内容が変化しており、より利用者に有利な仕組みになっています。

以前は複数の追加口座を開設してそこに資金を移動することで全額のボーナスを失うことを回避することができましたが、足元ではこうした努力をしなくても引き出し分だけのボーナスを失うことで済むようになっています。

・不正利用が発覚するとボーナスはすべて没収

不正にボーナスが利用された場合はXMの定めた規約に従い、そのボーナスが取り消される可能性があります。

例えば複数口座を利用して、ボーナスを2重取りしようと騙した場合などが不正行為となります。

もちろん基本的なルールを守っていれば大丈夫ですが、規定に違反しないように気をつける必要があります。

ちなみに複数口座開設に関しては完全な名寄せができるようになっていますので、簡単には開設できませんので、いくつも口座を開設して3000円だけクレジットとしていただくことは事実上不可能です。

あわせて読みたい

■ボーナスだけで取引を始めて稼ぐトレード手法

XMはとにかく口座を開設するだけで3000円のボーナスが支給されることになりますので、自ら証拠金を入金しなくてもこれを利用して自己資金ゼロでいきなり売買を始めることが可能になります。

1000通貨単位から取引可能となりますからドル円が106円ならばほぼ120円ほどで1000通貨単位の売買が可能になりますからうまく使えば3000円は金額が小さいようにみえますが確実にこの資金だけで証拠金を増やしていくことができるようになります。

ただし、それには相当なテクニックが必要となることも事実です。

まずはXMでボーナスをもらう⇒

・3000円で取引するなら相当慎重にポジをつくることが必要

まず、この証拠金をいかに減らさないように取引していくかが最も大きなポイントとなります。上述のようにドル円1000通貨で120円ですから、最初から1万通貨で勝負することも、もちろん可能でああります。

しかし1万通貨で10銭相場が想定した方向と逆に動いてしまいますと、それだけで1000円が含み損になってしまいますから証拠金額を含めて15~16銭ほどエントリーしたポジションと逆方向に相場が動けば、いきなりゼロカットシステムが稼働して証拠金はすべて消滅することになってしまうのです。

もちろん最初から自己資金ではありませんから、こうしたギャンブル的な利用を試してみるというのも否定はしませんが、本来のFX投資の考え方であればもっと地道に取引をして原資を増やしていく方法が存在するのです。

確実に売買をしていこうと思うのなら、まず最初は1000通貨単位からこつこつと売買をはじめて1万円の証拠金になるまで我慢の取引を行うことが重要になります。

・レバレッジは最大の888倍で勝負

ただ、こつこつと売買するといってもせっかく海外FX業者を利用しているわけですから最大レバレッジの888倍を利用しない手はありません。

やはりこのレバレッジをしっかりと利用して、資金を増やしていくことを考えるのが定石となります。

1000通貨のドル円ですと、ちっとも資金の増加がはかどらないように思いがちですが、25倍の通貨ペアであれば4000円以上の資金をもっていないと1000通貨すら売買できないわけですから、120円で取引ができるのはかなりのチャンスといえます。

まずはマイクロ口座であれ、スタンダード口座であれ、1000通貨からコツコツと利益を積み上げるトレードをほぼ5日間程度我慢して行うことが、成功への近道となるのです。

その間、間違った方向に売買したらすぐに損切をして入りなおし、とにかく証拠金を減らさない取引を身に着けることが重要になります。

888倍という取引きは国内業者における25倍とは全く異なるものですから、よほど資金が潤沢でないとあっという間に証拠金を溶かしてお仕舞いになってしまいます。

初期段階では、そうした失敗を起こさない手堅い売買を身に着けることが必要です。

・原資が1万円を超え始めれば本格的に証拠金を増やしていける

本格的に取引ができるようになるのは、やはり証拠金が1万円を超えてからということになります。

もともと口座開設時にクレジットベースで支給された3000円とは別に、リアルな証拠金が7000円まで利益で増加できたわけですから、これまでと同様に慎重に売買はしていくものの、売買する通貨ペアの枚数を徐々に増やしていくことで、より短期間に証拠金を増やしてくことが可能になるのです。

この1万円を超えた原資の段階でも、いきなり1万通貨で勝負するのではなく、1000通貨×10枚わけて売買することで取引精度をあげるといった工夫を実施することも重要になります。

スキャルピングのような取引でチャートを見ながら、相当狙い撃ちしたと思ったエントリーでも結構外すことは多くなりますから、やはり1万通貨一回で勝負するよりも、1000通貨を10回もしくは2000通貨を5回といった形で分散して売買することが、リスクを格段に軽減してくれることになるのです。

3000円を1万円にできた人は、同じように我慢強く慎重な売買を継続することで、必ず10万円程度の資金まで増加させていくことができるようになります。

もちろん最初から一定以上の資金を投入して売買したほうが、確実に資金を増やすことができるようになる可能性は高まりますが、ここで重要なのは888倍の取引にあわせて相当慎重に売買できるようになるという相場への向き合い方です。

これが身に付けば、ハイレバレッジの口座をかなりうまく利用した売買を実現することができるようになるのです。

XMで1万円から稼いで資産を増やすトレード手法

■ボーナスの出金について徹底解説

口座開設したら確実に支給されるボーナスのクレジット。

しかしこれは、そのまま換金することはできません。

あくまでこのクレジットを利用して利益を上げて、はじめてその利益部分だけを換金することができるようになるのです。

あわせて読みたい

・ボーナスはあくまで取引資金として使えるクレジット

XMに限らず海外FX業者を利用した場合、よくこのボーナス部分が資金として引き出せないということだ不平をいう国内の個人投資家がいますが、現金として資金を口座に提供されたのではな、く売買資金の代わりに利用できるクレジットとして与えられているものにすぎません。

ですので、現金化するためにはその資金を利用して利益上げてからでないと、実際の利益にはならないことはよく理解しておく必要があります。

・ボーナスだけで取引して、利益が出たら出金できるのか?

結論から言えば、利益が出た部分は500円から出金が可能となります。

しかしひとつここで大きな問題となるのが、出金にかかるコストです。

XMの場合海外の出金サイドのコストは基本的にもってもらえますので、もっともコストのかからないMybitwalletなどを使えばこのオンラインウォレットにまで資金を無料で出金することは可能となります。

しかしこのウォレットから自分の口座に出金するためには、824円の手数料がかかりますから500円だけ出金したのでは結局手元に資金を戻すことはできないのです。

つまり国内に現金が辿りつくためのコストの上乗せがないと、事実上出金はできないことになります。

銀行経由の海外送金よる出金の場合は、さらにその条件が厳しくなります。

まずXMから出金する段階で200ドル、日本円でほぼ2万円以上ならばXM側の銀行の送金コストは同社が負担してくれます。

しかし国内の銀行への着金コストは自己負担となりますので、どんなに安いコストの国内銀行を利用しても2500円程度の手数料の支払いが生じることとなり、2万円を送金しても17500円以下の金額しか国内では受け取れないことになってしまうのです。

・ボーナス分を差し引いて、利益が出金可能?

ボーナスを使って利益を稼ぎだし見事出金ができたとしても、当初のボーナス分は全額出金段階ですべて権利喪失ということになりますので利益をすべて出金してしまいますと、それで当初の入金ボーナスはなくなります。

つまりボーナス分は差し引かれますが、口座には残らないというわけです。

また改めて入金すれば年間5000ドルの20%ボーナスはもらうことができますので、今度は自己資金で取引していくことになるのです。

・ボーナスにレバレッジをかけて取引したらどうなる?

ボーナスは通常の資金とまったく同じようにFX投資に利用することが可能ですから、当然のことながらそのクレジット金額にレバレッジをかけることが可能となります。

3000円のボーナスクレジトで、1000通貨120円のドル円を売買するならば、2万通貨程度までは売買することも可能になります。

ただ、証拠金はできるだけ余剰資金を残して想定外の方向に相場がうごいても、すべての金額を失わないようにすることが重要になります。

したがってどれだけのポジションをとっても大丈夫かは、相当よく考えてから行う必要があることは言うまでもありません。

・ボーナスで売買しても売買ポイントがつく

XMの取引で魅力的なのは、通常の取引でもそのボリュームに合わせてポイントが授与されボーナスや現金に交換することができることです。

ボーナスでの売買ポイント表

具体的には取得できるポイントは上記の表のような数字となり、100日以上取引をしていきますと獲得ポイント数は最大2倍にまで増加することとなります。

ボーナスへの換金はXMポイント÷3、現金への換金はXMポイント÷40という計算式になります。

この計算式はUSD用のため、口座通貨がUSD以外の場合はXMが定める為替レートで両替されることになります。

ロイヤリティプログラムのランクはエグゼクティブ、ゴールド、ダイアモンド、エリートと4つ用意されており、ほぼ100日以上利用すれば最上位のランクに格上げされることになります。

XMボーナスランクの説明図

入金ボーナスを設定する海外FX業者は多いものですが、このように取引でポイントが付与され、それがボーナスや現金に換金できる仕組みを導入しているのはXMならではの仕組みです。

しかも最初からボーナスのクレジットを使っても、このポイントが付与されるのは非常に魅力的なインセンティブです。

ただし、このポイントは新規注文から10分以内に決済された注文はポイント還元の対象になりません。
また現金に換金できるのはダイアモンドかエリートのランクのみとなりますので注意が必要です。

さらにゼロ口座は入金ボーナスがつかないですから、3000円はもらえませんが、この売買ポイントも取得の対象にはなりません。

XM公式サイトでボーナスついて確認⇒

・ポイントは貯めておいて出金後に新たにボーナスとして利用がお勧め

このポイントはランクが上がれば現金に交換することもできますが、一覧表をご覧いただくとおわかりのとおり、現金への交換比率は著しく小さいものになりますから、やはりボーナスに転換してそれを利用して売買するように心がけることが重要になります。

このボーナスは出金時にその額の割合に応じて喪失することになりますから、出金後に変換して利用するのがお勧めになります。

このような循環で、ポイントプログラムをボーナスとして利用していくと、常に入金額よりも潤沢なボーナスを利用して取引できるようになりかなり便利です。

・ボーナスとは別に、自分のお金を入金して取引した場合

888倍のFX取引は一定以上の資金があったほうが確実に、かつ安全に資金を増やしていくことができますので、本来は口座開設時に支給される3000円だけで勝負するというのはかなりベンチャーなエントリーであることは事実です。

最低でも1万円以上の資金からスタートできますと、かなり楽に取引ができるようになりますし最初から自己資金を入金して取引するのが基本的にはお勧めです。

たとえば自己資金1万円を投入して送金した場合、入金ボーナスが20%つきますから口座開設ボーナスを含めるといきなり1万5000円の資金で売買が可能となるわけです。

これは実際の取引でも、あるいは精神的にもかなり余裕を持てる取引となります。

ただ、どんなに資金に余裕があったとしてもまず888倍の取引に慣れるために最初はできるだけ1000通貨単位から売買していくことが基本となります。

ここでしっかりとした取引感覚を構築できれば、いよいよ1万通貨以上で売買してくことができるのです。

■まとめ・ボーナスを利用すれば少ない証拠金で大きなトレードが可能

以前は国内の店頭FX業者も、ボーナスを用意していたところは結構ありました。

口座開設だけで資金を提供するというキャッシュバックのキャンペーンは結構見受けられました。

しかし景表法のFX取引の扱いがかなり厳しくなり、実取引のないものにはほとんどキャッシュバックは認められなくなりました。

証拠金以上にクレジットの形でボーナスを提供するという方法は業界としても積極的に行わなないのが国内の状況であるため、こうしたボーナスの支給はもっぱら海外FX業者だけのインセンティブとなっています。

それだけにこの仕組みを利用すれば少ない証拠金でも大きな取引で可能となり、しかも国内FX業者にはないハイレバレッジの取引ができるわけですから、短期間に資金を大きく増やしたいと考える個人投資家にはそうとう魅力的な仕組みということができます。

海外FX口座はとかくリスクがあるように思われがちですが、こうした仕組みをうまく利用すればほとんどリスクなく利益を獲得していくことができるようになるということはしっかり理解しておきたいところです。

【XM公式サイト】⇒

【XM公式サイトの各ページ】

・XM会員ログイン画面⇒

・XMのMT4インストール⇒

・XMのデモ口座開設⇒

・XMのボーナスキャンペーン⇒

・XMのFXウェビナー⇒

・XMの使い方の解説の動画⇒

 

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*