ユダヤ系の海外FX業者

海外FXは本拠が海外にあり、外国人の資本によって運営されています。

海外FXは最大レバレッジが国内FX業者とは違い比べものにならないくらい高いなど、トレーダーにとって嬉しい特徴がありますが、反面、FX情報サイトやFXブログの記事では海外FX業者にまつわる噂がたくさんあります。

その中の一つに「ユダヤ系」というものがあります。

これはユダヤ人が経営母体や、その系列が関わってきている企業になります。

ユダヤと言えば、ロスチャイルド一族など一般に証券や金融商品取引業に強いイメージがありますが、FX通貨取引の場合はユダヤがどのような意味を持ってくるのかご存知でしょうか?

スポンサーリンク

ユダヤ海外FX企業だとどうなるのか?

・出金トラブル

ユダヤ系で一番問題になっているのが出金拒否にまつわるものです。
ユダヤ系企業では「出金拒否マニュアル」というものがあり、いろいろな手法を使って、詐欺会社にならないように、出金拒否をする方法が書かれたマニュアルとなります。

FX取引では入金して、出金処理をするまでが一連のフローとなり、それで利益確定となるため、それを拒否されてしまってはFXをやっている意味がなくなってしまいます。
その点で出金が拒否されてしまうような会社での取引は投資家にとっては危険です。

よくある勘違い

・ボーナス出金拒否との勘違い

よくある間違いとして「ボーナス分を出金しようとして拒否された」というものです。
ユダヤ系業者、日本企業に限らず、ほとんどすべてのFX会社でボーナスは基本的に出金できません。

もしできたとしてもそれはその業者でトレードである程度結果を出すなどのことをした後に可能性があります。
その点は覚えておきましょう。

・凍結はどこでもあり得る

また口座の凍結についてはユダヤ系であろうとなかろうと良くありえます。

例えば信頼性が高く海外FX口座人気No1と言われているXMでも120日以上口座利用されていない場合は口座凍結となります。

この場合はサポートに確認の問い合わせることで簡単に解決します。
しかし口座に残高がない場合は新規口座開設をすることが一般的となるようです。

ユダヤ企業だと言われているFX会社

有名どころだと海外FXの代表的な企業の一つである、iFOREXがユダヤ系企業だと言われています。

iFOREXはキプロスCysec(キプロス)、BVI(英国領ヴァージン諸島)、Hungary(ハンガリー)の 金融庁に登録して金融ライセンスを持っています。

いざという時、投資家の預けた証拠金を守ってくれる信託保全のサービスも部分的に提供しており、2万ユーロ(約260万円)までの信託保全が受けられます。
しかし口コミで、iFOREXは過去には金融当局から警告書がだされ、大きな処分や罰金が下されるなどの不穏な噂も多く聞きます。

ここで主なユダヤ系海外FXブローカーをリストします。

YouTrade
FXIM
HotForex
Forex4you
VLT-FX
4XP
PPC SHARE
FXcast
GIGFX
FXVIVI
I am FX
GCI Financial

などが他にユダヤ系の証券会社と呼ばれているところです。

これらのすべてが詐欺FX業者というわけではありませんが、注意しなければならないことは確かでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

ユダヤ企業だからといって必ずしも即「詐欺業者」、となるわけではないですし、ユダヤの人たちが全て悪いわけではありませんが、とりあえず以上の企業がユダヤ系企業と言われていることは覚えておきましょう。

FXトレードでは何よりも安全性を重視し、リスクを回避することが何より先決となります。
条件が良くても、そのことを第一にFXトレーダーは覚悟の上で口座開設をしなければなりません。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

キャッシュバック