Titan FX(タイタンFX)のキャッシュバック

タイタンFXキャッシュバック

タイタンFXでもキャッシュバック可能

FX(外国為替取引)業界のTitan FX(タイタンFX)はニュージーランドのFX業者で以前日本でも一世風靡した海外FXブローカーPepperstoneのスタッフが多く関わっているため、取引環境が非常に似ており、評判もよく、Pepperstoneユーザーだった投資家の方はすでにタイタンFX海外口座を持っておられるかもしれません。

さて、タイタンFXは基本的に企業からキャンペーンを行わないこととして有名ですが、IB業者(イントロデューシング・ブローカ)を介したキャッシュバックは他の海外FX業者と同様に利用可能となります。

口座開設方法としてはIB業者のサイトに行きそこから口座開設リンクを踏み海外FX口座開設をする必要があります。

TitanFXを3つのキャッシュバックサイトから登録

タイタンFXの口座タイプ

Titan FXを口座座開設できる口座タイプとしては大きく分けて2つの口座があり、「スタンダード口座(STP口座)」と「ブレード口座(ECN)」です。

スタンダード口座の方は取引手数料がないのに対し、Blade口座(ブレード口座)はおよそUSD口座$7/1LOTの取引手数料がかかります。

その分スプレッドはブレード口座の方が低くなります。

スリッページの観点でもSTP取引の方がECNに比べスリッページが小さくなります。

この2つのタイプの口座のどちらでもキャッシュバックを受けとることが可能です。

他にも「イスラム口座」というもののトレード口座開設ができますが、キャッシュバックを考える際には上の2つのうちから考えれば十分でしょう。

TitanFXでオススメIBキャッシュバック業者

ここではTitan FXキャッシュバックプログラムを開催している代表的な企業と、その口座タイプごとのリベート率、その他の特徴を見ていきたいと思います。

基本的に開設時に一時的にもらえるキャッシュバックよりも取引毎にキャッシュバックが発生するリベート型のキャッシュバックが主流です。

タイタンFXは約定力が高く、他の業者とスプレッド比較をしてもスプレッドが狭いと言われていますが、これによりさらにトレードあたりの取引コストを減らすことが可能です。

TariTali(タリタリ)

タリタリ公式サイト⇒
タリタリ

タリタリは現在、IB業界内で最高リベートであると言われています。

TariTaliでタイタンFXを新規口座開設した場合はスタンダード口座で0.375pips(3.75USドル相当)でブレード口座が1.125USドル相当となります。

タリタリによればこのキャッシュバックを使用した際、STP取引の方が割安に取引できるとの情報を出しています。

タリタリでは立替払制度を導入しており、最大でも7日間の間にキャッシュバック出金が可能です。

キャッシュバックの出金手数料は無料、国内銀行振込、NETELLER、PayPal、Bitcoinでの振り込み手数料も無料です。

また簡単口座開設代行サービス、キャッシュバックサイトの乗り換えなど細かなサポートサービスを行っており、海外FX会社の口座開設サポートと同じように、日本語ページがあり、日本語対応サポートがあるのが安心です。

もしキャッシュバックサイト経由でタイタンFXの口座開設を検討しているのでしたら、タリタリから開設すれば間違いないと思います。

※TitanFXをタリタリから実際に登録した手順はコチラ⇒

FinalCashBack(ファイナルキャッシュバック)

ファイナルキャッシュバック公式サイト⇒
キャッシュバック

高いキャッシュバック率、提携海外FX業者数NO.1を宣伝にしており、FXブログなどを見てもその人気ぶりが伺える、日本人ユーザーも利用者数第1位という会社で、日本語に完全対応しています。

ファイナルキャッシュバックはタイタンFXではリベート率0.32pipです。

しかしファイナルキャッシュバックではブレード口座やイスラム口座(スワップフリー口座)でのキャッシュバックは行っていませんので、これらの口座の開設を検討しておられる方には向いていないでしょう。

口座開設代行利用サービスなども行っており、このサービスを利用した場合、手数料が差し引かれ、リベート率が0.26pipとなります。

またアカウントコピーツールという、取引ツールが利用可能ですが、これを利用した場合もリベート率が0.22pipとなります。

FXRoyalCashBack(ロイヤルキャッシュバック)

ファイナルキャッシュバック公式サイト⇒
ロイヤルキャッシュバック

こちらは比較的新参のFXキャッシュバック会社ですが、どんどんとその知名度を上げてきていますし運用成績も十分でしょう。

FXRoyalCashBackを通しての口座開設で、スタンダード口座では0.32pipの取引量ごとにキャッシュバックが発生します。

BLADEアカウントの場合は10万通貨で0.8USドルのリベート率となります。

海外FXみんなのハイレバ

海外FXみんなのハイレバではスタンダード口座では0.32pip、ブレード口座では0.8USドル/1ロットとなります。

海外FXふぁんくらぶ

海外FXふぁんくらぶでは 0.32 pips/1往復取引毎、ブレード口座では0.75 USD/10万通貨往復取引毎となります。

通貨単位は1000通貨単位でもリベートが発生し、スキャルピングや両建て、基本的にすべての取引でキャッシュバックが発生します。

キャッシュバックの際に注意したいこと

キャッシュバックは基本的にIB業者の口座開設指定リンクを踏んで「新規口座開設」をすることで成立するものなので、すでにタイタンのFX口座をお持ちの方は基本的にはキャッシュバックを受け取ることができません。

ただしファイナルキャッシュバックでの口座内にもあるようにTITANFX口座開設マニュアルの案内に沿って追加口座開設をする方法で、キャッシュバックを受け取る方法もあるようです。

またIB業者側のサイトで口座登録をしないとキャッシュバックが受けれない業者もあるので、TitanFX口座認証なしで自動的にキャッシュバックが受け取れるのかどうかもチェックしましょう。

※TitanFXを実際にキャッシュバックサイトから登録した手順はコチラ⇒

まとめ

IB業者を比較してみてもキャッシュバック率はそこまで違いがないことがわかりますが、最近人気のタリタリはその中でも一つ飛び抜けていて、スピードも速いと言えるのでオススメです。

他にも24時間日本語サポートやレバレッジ最大500倍など、サービスが非常に充実しています。

TitanFX取引口座開設を検討されているFXトレーダーの方は是非これらのキャッシュバックの仕組みを利用して新規、追加口座を開設するとお得です。

あわせて読みたい

TitanFX 公式サイト⇒
タイタンFX

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*