TitanFX口座開設の本人確認書類

海外FX TitanFXは他の業者と比較しても最小スプレッドで最大レバレッジ500倍、信託口座に分別管理して顧客資金を預けており、約定力も99.7%なので約定スピードも早く、日本語サポートも万全、トレーダーにとって非常に安心して取引できる会社として有名です。

今回はそんな海外FXブローカータイタンFXの、口座開設とトレード利用の際に必要になる本人確認書類について解説していきます。

TitanFX 公式サイト⇒
タイタンFX

TitanFX口座開設のみなら本人確認必要なし

デモ口座と同様、MT4のプラットフォームのリアル取引口座開設の申し込みで、アカウントを作るだけの場合には本人書類は必要ありません。

この場合、口座タイプはブレード口座(ECN口座)でもスタンダード口座(STP口座)でも関係ありません。

しかし、実際に入金して、トレードして、出金するというプロセスでは本人確認のためにタイタンFXに書類を提出する必要があります。

「今は必要書類が手元にないけど、とりあえずTitanFXを開設していこう」、という場合は、書類提出はまた後日にして、新規ライブ口座開設だけはできます。

TitanFX口座開設手順はコチラ⇒

タイタンFXでの必要書類

口座開設手続きをし、トレード口座開設完了した後必要な個人情報書類としては、基本的に運転免許証と保険証が必要となります。

その2つをもっていない場合は、写真付身分証明書が2種類必要となります。

具体的にはパスポート、運転免許証、写真付住民基本台帳カード、マイナンバーカードがそれに該当します。

タイタンFX本人確認の解説

国内FXのようにマイナンバーは使えますが、マイナンバー通知カードは使用できません。

もしくは写真付身分証明書を1種類と住所確認書類から1種類でも本人確認が可能です。

これには3か月以内に発行された住所証明書類+住民票、公共料金利用明細書、銀行取引明細書、クレジットカード利用明細書などが必要となります。

この時のスキャンデータはカラーデジタルデータである必要はなく、モノクロコピーしたモノクロデジタルデータを送信でOKです。

身分証などの本人確認書類の提出方法

添付方法は通常タイタンFXでの提出フォームからカメラやスキャンを使って写した必要書類のコピーをアップロードし、タイタンFXに提出する方法が一番スタンダードで簡単なものとなります。

他ではFAXによる書類の受付をしていますが、郵送では受け付けていませんのでその点は注意が必要です。

TitanFX本人確認提出方法

TitanFX口座開設の本人確認

書類提出後、通常は審査は1日で終わりますが、顧客の提出状況の数より多少前後するようです。

TitanFXの本人確認まとめ

海外FX取引では上記のように提出書類としては他の海外FX業者と同じように非常に基礎的な書類、そして手元にある書類で作成できます。

FXトレーダーは非常に簡単に手続きをすることができます。

MT4をダウンロードして取引を開始してください。

TitanFXのMT4ダウンロード方法⇒

TitanFX 公式サイト⇒
タイタンFX

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*