XMの国はキプロスからセーシェルへ(サーバー場所など)

XM 国

XMの公式サイト⇒

XMの本拠地

海外FX業者XMの会社の本拠地の国は、ヨーロッパの地中海に浮かぶキプロスという島になります。

XM キプロス

キプロスと聞いても日本人にとってはあまり馴染みのない国であると言えるかもしれませんが、この国はユーロ圏もロシアにも至近な金融立国として古くから金融ビジネスで栄えている国と言えます。

XMのライセンスと運営

ライセンスの中には取りやすいものもあれば、取りにくいものもあります。

ライセンスについて言えば、以前はXMはキプロスのライセンスであるSySEC や英国のFCAなどの取得が難しいライセンスをもっていたのですが、近年はセシェールのみのライセンスの所有に切り替えましたので、その点は注意深く観察すべきでしょう。

XMセーシェル

2017年にはセーシェルのライセンスも取得し、日本人顧客にはこれまで通りボーナスプログラムなどを提供するためXM Tradingが日本人の新規顧客に対応している状況にあります。

注意したいのは海外FX会社は、日本の金融庁が発行しているライセンスを持っていないということです。

だからといって信用性がないとは言えないでしょう。

なぜならそれは取れないから取っていないというよりは、ライセンスを取らないことによる海外企業ならではのサービスが提供できるため、敢えて取っていないという理解の方が正しいからです。

比較しても日本のものでなければ安全性にかけるということでは決してなく、考えようにとってはむしろ海外口座の方がリスクよりも安全性が高いと言われることもあります。

例えば国内FX会社は日本のライセンスを取っているため、最大レバレッジが25倍ほどとレバレッジ規制が働いてしまいます。

その反面、海外のライセンスならば、最大レバレッジがより増やせるため、証拠金を用いた大きな額での取引が可能で、資金をより増やせるチャンスがあります。

また倒産などの緊急時に資産が戻ってくる信託保全のサービスも、海外業者の方が採用しているケースが多いでしょう。

あわせて読みたい

XMのスタンダード口座、マイクロ口座、Zero口座(ECN口座)は約定力も高いと評判です。

反面、取引手数料となる最小スプレッドや平均スプレッドは国内業者の方が割安になるという特徴もあります。

他にもライセンスにより様々な決まりがあるため、それぞれの業者はそのサービスに応じたライセンスを取得します。

今回のXMのライセンスの移行はその豊富な初回入金ボーナスなどの海外FXキャンペーン、ポイントシステムを達成するためにそうしたと考えるべきでしょう。

特にXM口座開設のみで3000円の取引金がもらえる口座開設ボーナスはFXトレード歴が浅い初心者トレーダーには非常に嬉しいサービスでしょう。

このようなライセンスの都合のため、XMの日本語対応サポートをしているウェブサイトについても、セシェール諸島のヘマ島にあるオフィスで管理・運営されています。

あわせて読みたい

XMのサーバー

XMサーバー

XMのサーバーについてはキプロスでもセシェールでもなく、ロンドンのデータセンターにあります。

ECN取引は基本的に物理距離が発生しませんが、STP口座で問題になってくるのがレイテンシー(遅延)の問題です。当然日本で取引をした場合、日本からリクエストがロンドンに行ってそのレスポンスがロンドンから帰ってくるので、この遅延は少なからず起こります。

例えばNTTの資料によれば、日本とニューヨークとのサーバー通信の場合は200ミリ秒~300ミリ秒のレイテンシが起こるとされています。

ロンドンはそれよりも距離が遠くなるため、それに付随する遅延は当然起こってきます。

このような問題を解決するために一つVPSサーバーというものを利用するということが挙げられます。

VPSはそのFX業者で取引するための専用のサーバーで、XMならロンドンにその環境があるため、物理距離がそこで発生しなくなるのです。

これを使った後のレイテンシは、1ミリ秒~30ミリ秒ほどに抑えることができると言われています。

この時日本のVPSサーバーと契約しても意味はないのでその点を間違えないようにしましょう。

また最低金額(有効証拠金)USD 5,000以上(その他の通貨での相当額)を維持か1か月で最低5ラウンドターンロット以上の取引でVPSサーバーが無料で使用することがあります。

スキャルピングなど超短期トレードを戦略として用いる投資家の場合、このようなサーバー速度は命取りとなるので考えていく必要があります。

ただし、実際に利用してみますと、このサーバーのロケーション問題はほとんど意識しなくてもいい程度のレベルになっています。

PCベースのブロードバンド利用であれば、国内の業者のサーバーのレスポンスと比べて著しい遅延が発生することはないと言っても過言ではありません。

まとめ

このように所在地やライセンスだけでなく、サーバーの場所など全て国が異なり、ルールも違っており、営業時間やレイテンシーの問題はFX取引にダイレクトに関わってきます。

海外FX口座開設および、XM口座開設の際には海外FXニュースをよく読み、そしてこのような海外FX情報や海外FX比較をし、海外FX利用をしていく必要がFXトレーダーにはあるでしょう。

【XM公式サイト】⇒

【XM公式サイトの各ページ】

・XM会員ログイン画面⇒

・XMのデモ口座開設⇒

・XMのボーナスキャンペーン⇒

・XMのMT4インストール⇒

・XMのFXウェビナー⇒

・XMの使い方の解説の動画⇒

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*