XMの使い方【注文、決済、取引ツール、損切り設定、チャート確認など】

XM(エックスエム)は数ある国内業者や海外FX会社の中でも評判の高い海外FX会社となります。

無料で海外FX口座を開設できることはもちろん、約定力もあり、なかでも非常に充実した入金ボーナス、口座開設ボーナスなどのXMボーナスや業界内屈指のハイレバレッジは投資家にとって非常に魅力的なものとなっています。

また日本語対応サービスもしっかりとしているので英語の苦手なトレーダーの方にもオススメできるFX業者です。

今回はそのFXについて基本的な使い方、設定方法、海外FX取引方法を解説してきます。

スポンサーリンク

XMの取引ツールメタトレーダーでの注文方法と注文画面

ここではトレード方法の概要を説明いたします。

海外FX業者XMの取引ツールとしてはメタトレーダー(MT4/5)を利用します。

XMの利用者なら誰でも無料でメタトレーダーを利用することができます。

これ一つで成行注文はもちろんシステムトレード、つまりFX自動売買も可能です。

これはXMのアカウントを登録する際に決定することができます。

XMのアカウントを作成しトレード口座開設をします。
登録番号を使い会員ページにログイン、XM会員ページのホーム画面からプラットフォームを選択します。

XM使い方

メタトレーダーの起動方法ですが、PCのOS、スマートフォン、タブレット、iPhoneやアンドロイドによってどのメタトレーダーを選択、ダウンロードするか決めます。

今回はどのプラットフォームでも共通のウェブトレーダーでMT4を選択します。

XM使い方

その後MT4でも同様にログインします。

この時しっかりと自分のサーバーも間違えないように選択しましょう。

そしてこのような画面になります。

XM使い方MT4

これがWebでのMT4の画面表示になります。

トレーダーの口座の資金やローソクチャートなどの図も見て取ることができます。

操作方法としては新規注文していくには上の写真の赤丸の部分のアイコンをクリックします。

XM使い方新規注文

そしてこのような注文画面に入って行きます。

ここで入金額、口座残高、証拠金に応じて売買注文、注文変更や決済注文をしていきます。

通貨ペアやロット数、数量などを決めることができますが、指値や注文種別などの文字が見えます。

実際の取引ではこのような細かな指定をしながら注文を出していき注文ボタンを押して確定となります。

実際にトレードを始める際は取引口座に口座入金をしなければならないのでその点は注意しましょう。

XMのログイン方法について詳しくは、こちら→XMへのログイン方法

XMの注文について詳しくは、こちら→XMオーダーと指値の注文方法

XMの決済

決済方法もほぼ同じで、ターミナルの取引ダブから決済したいポジションを選択することで上のような決済画面が出てくるのでそこから決済を始めていきます。

ここで数量を決めることで分割決済、全部なら一括決済となります。

決済指値や決済逆指値をしたい場合はターミナルのあたりで決済指値や決済逆指値をクリックします。

ここで決済指値や決済逆指値のウインドウを開くことで、注文の時と同じように予約して決済することが可能となります。

決済が終わったら出金をしていきましょう。

XMのスマホでの 注文方法

XMはMT4/5のアプリをダウンロードすればスマホでも取引が可能です。

例としてMT4をiPhoneアプリとしてダウンロードし、iPhoneトレーダーを使用してみます。

iPhoneのメイン画面からApp Storeを選択し検索で「MetaTrader 4」と入れてみましょう。

その後このような画像の画面になるのでここからinstallボタンを押し、インストールを開始します。

XMのMT4インストール画面はこちら⇒

XM使い方スマホ

ダウンロード完了後、早速開いてみましょう。

そしてこのような画面になります。

XM使い方スマホ画面

基本的にはこの画面から今のレートを見ていき、売買したいと思ったらそこをクリックして進めていくこととなります。

お使いのiPhoneの設定により言語の初期設定が変わってきますが、ここでは英語となっています。

しかしそれぞれのアプリは日本語に対応しているため英語などがわからなくても大丈夫です。

なので後に日本語に変えることももちろん可能です。

下部メニューバーにチャートなどの取引ツール、海外FXツールもあり、シンプルに必要な機能がそろっていることが見て取れます。

ここから取引をしていくことになりますが実際に取引をしていくためには口座を有効化し、各種設定をしなくてはなりません。

ここでSettingsを開きましょう。

スマホXM使い方

ここのInterfaceの部分でアプリの言語を変更可能です。

またNew Accountの部分から既存の口座のアカウントにログインすればここから取引可能となります。

XMスマホについて詳しくは、こちら。

↓ ↓ ↓

※XMのスマホでの使い方⇒

スポンサーリンク

XMの経済カレンダー

経済カレンダーとは、経済界、FX業界に大きな影響を及ぼすであろうニュースや事件の情報が発表される日時をカレンダーとしてまとめたものです。

いろいろな企業、他の国内FX業者を含めたFX業者のWebページでも紹介されていますが、XMでもこの経済カレンダーを提供しています。

XMの経済カレンダーは簡単に使うことができ、Googleなどの検索ツールを使い「XM経済カレンダー」などと打つことですぐに見つかります。

XMでの設定変更

海外FX XMではレバレッジのレートやMT4か5にするかなどの設定を口座開設の時点で決定しますがその後でも変更することは可能です。

ログイン後、メインページから下にスクロールし、右メニューにマイ・XMTradingというメニューがあるのでそこから様々な設定をすることができます。

XM使い方

ここからレバレッジの変更をしたり、パスワードの変更をしたりといったことが可能となります。

またサブ口座として追加口座を作りたい場合もここから作成していくことができます。

初回と同様様々、XM ZERO口座やXM法人口座など口座タイプが選択できます。

これによりXMでは複数口座を持つことが可能となります。

XM各種変更について詳しくは、こちら→XMの登録方法と解約方法

XMでのチャート確認方法

XMでは様々なチャートを提供していますが基本的なローソクチャートなどの指標は上のMT4/5にログインした時の画像のように、ログインした時点で閲覧可能です。

この手軽さもXMの使いやすさの一つと言えるのではないでしょうか?

XM はテザリングでもできる

XMはネットに繋がってさえいれば取引可能な為、例えばデザリング機能を使った場合WifiなどがなくてもPCから取引が可能となります。

しかしわざわざそれをしなくても上に書いたようにアプリをダウンロードしてスマホから取引可能です。

スワッピングなど超短期取引をされる方はスマホなどの方がいつでも取引がワンタッチでできる為、その方が便利と言えるかもしれません。

住所やメールアドレス、クレジットカードを変更した場合

引っ越しなどをして住所が変わってしまった場合、またアドレスなどが変更してしまった場合、XMサポートデスクへその旨を連絡する必要があります。

6ヶ月以内に新規に発行された新現住所証明書とともに、新しい住所、口座番号、登録メールアドレスを記載してください。

サポートデスクはXMにログイン後上のメニューバーからサポートを選択します。

XM使い方サポートデスク

その後下のような画面に行くのでここから上に書いた内容を知らせていきましょう。

XM使い方サポートへ連絡

XMでの損切り設定

損切りはFX取引をしていく中で非常に重要な手法となってきます。

成功しているFXトレーダーでこれをしていない人はいないと言えるのではないでしょうか。

もちろんXMでも損切りの設定は可能です。

その具体的な方法ですが、上で紹介した注文画面から逆指値注文を選択することによって可能となります。

また逆指値注文は指値注文と似ていますが、ある通貨が一定の値段以上になったら買う、一定の値段以下になったら売るということを設定して取引する方法になります。

指値注文は儲けることを主眼においていますが、逆指値注文はリスク管理、そして新たなチャンスを生み出すことに主眼を置いています。

これを設定することが損切りを設定することとなるのです。

XM使い方まとめ

今回はFX業者XMについての様々な設定や使い方を見ていきました。

基本のコンセプトさえわかっていればそこまで難しいものではないというのがお分かりいただけましたでしょうか?

またFXサービスも豊富なことから、海外FX取引をするならFX初心者に是非オススメできる海外FXブローカーとなります。

ただし全くの方はデモ口座から始めていくことをオススメいたします。

その他詳しい方法は解説動画なども色々とあるので探してみてください。

XM取引口座を開設をされた方がスムーズにXM取引、FXトレードを進めていただける参考になれば幸いです。

【XM公式サイト】

XMの公式サイトはコチラ⇒

【XM公式サイトの、各ページ】

・XM会員ログイン画面⇒

・XMのMT4インストール画面はコチラ⇒

・XMのデモ口座開設はコチラ⇒

・XMのボーナスキャンペーン⇒

・XMのFXウェビナー⇒

 

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*