GEMFOREX特徴と評価【信頼性無しの業者】

GEMFOREX
あわせて読みたい

GEMFOREXとは

2010年から経営を開始し、香港に拠点を置く海外FXブローカーです。

社員数は18名とかなり小規模な海外業者となります。

最低入金額は$1(100円程度)、またスプレッドはドル円平均で2.0pipsとなります。

FX通貨ペアは33種類で0カット制度もあります。

信託保全に関しては香港で分別管理で顧客資金を管理しています。

取引手数料は無料です。

GEMFOREX公式サイト⇒

GEMFOREX口座開設タイプ

GEMFOREXの口座タイプはオールインワン口座、 ノースプレッド口座とデモ口座になります。

日本円口座、USD口座の2つがどの口座でも開設可能です。

最小取引ロット数はオールインワン口座が0.01lot、ノースプレッド口座が1lotからとなります。

最低口座入金額はオールインワン口座が100円、ノースプレッド口座が30万円と高めになります。

GEMFOREXのメリット

・口座開設が早くて簡単

GEMFOREXのメリットとしてまず挙げられるのが口座開設が早くて簡単なことです。

GEMFOREXでの口座開設では書類を提出する必要がなく、出金の際に書類を提出すればいいからです。

口座開設時に必要な口座情報は口座タイプ、名前、Eメールアドレスのみとなります。

なので口座開設にかかる所要時間は1分未満と言えるでしょう。

また取引環境としても多くのFXブローカーで使われている海外FXツールMT4で取引を開始できるため口座開設をしてから実際の取引を始めるまでに3分ほどで始めることおも可能です。

口座開設をした際は一刻も早く取引をしたいのがFXトレーダーの心情ですが、GEMFOREXならそれが可能です。

・入金手数料は即時反映&無料

GEMFOREXの入金方法としては国内銀行送金(三井住友)、クレジット決済(Visa,JCB,Master,アメックス)の他にPaypalとビットコインも対応しています。

これらのすべて入金手数料が無料な上、口座反映スピードも即時となります。

しかし最低入金額はそれぞれで設定されており、国内送金の場合は1円から、クレジットの場合は5000円から、ビットコインは0.1BTCからでPaypalの場合は1万円からとなります。

・出金手数料も毎月1回無料

GEMFOREXの出金方法に関してですが、海外銀行送金しかありません。

通常銀行送金は他業者ならば最低でも6,500円程度かかってきてしまうのですが、GEMFOREXならばなんと1回まで手数料無料となります。

よほど現金が必要でない限り引き出しは月一で大丈夫な方が多いと思うので、海外FX両者はGEMFOREXで取引する限り手数料をかなり抑えて取引することが可能です。

手続きも3~5営業日以内には銀行口座に反映されるのでこのスピードも問題ありません。

・FX自動売買ソフトが使い放題のゲムトレード

GEMFOREXの前身となる会社が「ゲムトレード」というEAという取引システムを提供する会社であったことも相まり、その約150種類の無料EAを好きなだけ使うことが可能となり、システムトレードなど取引方法の幅が広がります。

また「ゲムdeミラートレード」というFXミラートレードシステムも提供しており、収益率が高いトレーダーのトレードを真似することができます。

正直これと十分な証拠金さえあればほぼ儲けたもの同然と言えるでしょう。

・FX口座残高50万円以上で無料VPS(仮想サーバー)使用可能

FXトレーダーにとって約定スピードは重視するポイントの一つでもありますが、その約定スピードが落ちてしまう原因の一つとして「サーバーの遅延」が挙げられます。

その問題を解決するために各FX会社に大抵VPSサーバーというものがあり、これは顧客のFX取引専用に使われるサーバーとなるため、サーバーの遅延による

約定力の低下が最小限に抑えられます。

またPCの消耗や電気代も抑えることができるためEAを24時間稼働しておくことも容易となります。

このVPSシステムですがGEMFOREXの場合、取引口座に投資金を50万円以上置いておくことでなんと無料で使用することが可能となるのです。

これは約定力が重要となってきて自動取引を多用されるFXトレーダーにとっては非常にお得で嬉しい制度となります。

またそこまで証拠金を預けることができない方でも毎月28ドル(2800円相当)でこのVPSサーバーを使用することができ、ほかの海外FX業者と比較してもかなりお得なことがわかります。

・約定力の高さ

上のサーバーにも関係するのですが、約定スピードが速いことを売りにしており公式ホームページでも「0.78秒以内に99.79%の約定率」と謳っています。

FXトレードにおいて約定力を気にしているFX投資家はGEMFOREXの口座開設を候補に入れもいいのではないでしょうか。

・GEMFOREXの最大の強みは追証なしのレバレッジ1000倍

GEMFOREXの最大レバレッジは1000倍と、国内FX業者を含めほかのどのFX業者と比較しても最高水準です。

このようなハイレバレッジにもかかわらず追証なしで、たとえどれだけのマイナス口座になったとしても口座資金は0にリセットされます。

ハイレバ取引はどんな時もチャンスと同様、リスクがつきものですが、そのリスクを最小限に抑えることができます。

・定期的にボーナスキャンペーンを実施

GEMFOREXは常時ではありませんが、定期的にボーナスキャンペーンを設けており、口座開設キャンペーンと入金ボーナスキャンペーンのどちらも2種類あります。

例えばGEMFOREXの2周年キャンペーンの際には口座開設ボーナスとして証拠金2万円のボーナスをプレゼントしていました。

・サポートは日本語OKで迅速

GEMFOREXの日本語サポートですが、国内業者を使うのと同じように日本人スタッフが常時在中しておりメールや電話に常時対応しています。
対応時間は(平日10:00~17:00)になります。

サポート対応も迅速と評判です。

ただしライブチャットはサポートしていません。

GEMFOREXの注意点

・スプレッドが広く取引コストが高い

GMOFOREXは単純にほかの海外FX業者と比較して最小スプレッド、平均スプレッドともに非常に広いです。

実際にGMOFOREXは「低スプレッド競争不参加宣言」というものをだしており、これの理由として、「低スプレッドでも、リクオートやスリッページがあれば意味がない」としています。

この主張は正しく、スプレッドがいくら狭くても自分の狙ったタイミングで約定しないスリッページなどが発生してしまえば、結局1取引あたりのコストは上がってしまうからです。

この主張を支える用にGMOFOREXの約定力は非常に高く、リクオートやスリッページがないように力を注いでいるようです。

ノースプレット口座ではスプレッドが0.0pipsから始まりますが、裁量トレード専用口座となるのでEA・ミラートレードが使用不可、ボーナスも適応されなくなってしまうのであまりGMOFOREXで口座開設する意味もなくなってしまうでしょう。

しかし海外FX取引にスプレッドの狭さを求める方はあまり向いていないといえるでしょう。

・ロスカット水準100%

上に超ハイレバ取引が可能と述べましたが、ロスカット水準が100%なため、証拠金維持率が100%を下回った時点ですぐにロスカットされてしまいます。

このためハイレバ取引をするためには結局かなりの資金をFX口座に証拠金として入れておく必要が出てくるのです。

・ライセンス登録なし

メリットで述べた様に、海外FX口座としては非常に優秀なのですが、この海外FXブローカーの最大の難点としてどの金融ライセンスにも登録していないことが挙げられます。

海外FX口座開設の際はライセンスを持っているかどうかが一つの分岐点になってくるのですが、

どのライセンスも持っていないというのは明らかなデメリットとなります。

・口座維持手数料あり

1月1日、4月1日、7月1日、10月1日の時点において3ヶ月間(90日間)全くトレードをしていないライブ口座へ15ドル(1500円)の口座維持手数料があります。

しかし入金していない口座に関しては維持費がかかりません。

・出金拒否や詐欺業者との報告はなし

ライセンスなしで運営していること自体は非常に危険なのですが、口コミなどを見ると「出金拒否された」などの報告はなく、これまで7年間運営を続けているため決して詐欺業者ではないといえるでしょう。

しかし口座凍結やストップ狩りなどの被害を受けたとの情報はたまにみられます。

ストップ狩りとは個人トレーダーのストップ注文(逆指値注文)を誘発させるために、ヘッジファンドなどの機関投資家が大きな注文を出してレートを操作しようとすることでこれはFXブローカーが故意にレートを操作する場合もあるのです。

あわせて読みたい

GEMFOREXのまとめ

「ライセンスを一つも持っていない」という大きなデメリットがありますが、決して信頼性がないわけではなく、取引条件としても悪くないといえるでしょう。

しかしいくら今までの実績が良かったとはいえ、「ライセンスなし」というのはいつ裏切るかわからないということに直接つながってくるので、まだ

経験の浅いFX初心者にはGEMFOREXのFX口座開設は特にオススメできません。

ただしライセンスの件とスプレッドさえ気にならなければ、自動取引でハイレバ取引も可能となります。

公式サイトはコチラ⇒

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*