InstaForexの特徴と評価

instaForex

instaForexとは

instaForex(インスタフォレックス)は2007年に営業を開始したロシアのFX業者です。

ノミ太
この業者は、あまりいい噂がないですよね。
海外FXキラー
口コミについては別記事にしてあるので、ぜひご覧ください。

 

出金拒否に関する口コミ

最近ではプレミアリーグのサッカーチームの「リバプール」のスポンサーとなったことでも有名です。

金融ライセンスもロシア金融庁が発行するFFMSというものを持っていて、世界中に260ものオフィスを所有しており、非常に国際的な企業です。

その証拠として顧客の数は全世界で2,000,000以上、毎日1,000人以上の顧客が口座開設をしているとも言われます。

取引環境としては、世界中の海外FXブローカーで一番よく使われていると言われているMT4、5(メタトレーダー)を使用していきます。

また口座開設に必要な書類としては本人確認書類(パスポート、運転免許証)、住所確認書類(公共料金支払書類、クレジットカード明細)となっています。

最小取引単位は1000通貨から、最大取引単位は10,000通貨。

取引通貨ペアは107種類、金属が2種、CFD取引銘柄が34種類。

信託保全は分別保管口座。

instaForex(インスタフォレックス)公式サイトはコチラ→
instaForex公式サイト

・数々の賞を受賞

公式ウェブサイトにもあるように海外FX会社として様々な賞を獲得しており、

「アジアで最高のブローカー、ベストブローカー東欧で、ベスト小売外国為替ブローカー、ベストブローカーCIS諸国や他の多くのようなカテゴリーで優勝しました。」

とあります。

特にアジア圏での海外FXサービスとしての評価が高く、アジアのベストブローカーを10度も獲得しています。

・口座タイプについて

instaForexのアカウント種類は4種類あり、Insta口座とCent口座、それぞれでSTP口座(スタンダード口座)とEurica口座があります。

Eurica口座の方はゼロスプレッド口座となり、BID値がASK値と同等になります。

ゼロスプレッドということで取引ごとにスプレッドを計算を計算しなくていいので、FX初心者にも最適と言えます。

しかしもちろん取引手数料がかかってきて、だいたい取引量の0.03%から0.07%となります。

Cent口座はリアル口座でのトレード練習用としての位置付けとして誕生しました。

Insta口座の特徴はそのままで、取引量として0.0001 lot、金額にして0.1米ドルから取引を開始することができます。

口座通貨としてはUSD口座(米ドル口座)かユーロ口座となり、スタンダード口座なら取引手数料無料、口座維持費はいずれも無料となります。

・最大レバレッジが1000倍でゼロカット制度あり

instaForexの一つの利点として最大レバレッジが1000倍ということになります。

他の国内、海外FXと比較してもこれほどのハイレバレッジはなく、人気No1とも言われる海外FX会社XMのハイレバレッジ888倍ともでしょう。

また多くの海外FX業者のようにゼロカット制度も採用し、追証なしとなるため、口座資金が0を飛び越えてマイナスになったとしてもそれが借金とはならず、口座残高が0にリセットされるだけとなります。

往々にしてハイレバトレードは大きな儲けが得られると同時にリスクがつきものですが、この制度によって借金をするリスクを抑えて取引することが可能です。

とにかくハイレバ取引がしたいFXトレーダーにはオススメかもしれません。

ただ、1000倍のレバレッジで取引したい場合は、HotForexのほうがオススメです。

その理由は、のちほど説明します。

ノミ太
1000倍のレバレッジは、なかなか珍しいね。
海外FXキラー
超ハイレバを希望する場合、FBSの3000倍もあります。ただ色々と難点はあります。

 

FBSボーナスとXMボーナスを比較

・コピートレードシステム

instaForexはFXミラートレードシステムなどのオンライン取引サービスも提供しており、収益率が高いトレーダーのトレードを真似することができます。

つまり自分のFXの知識があまりないとしてもまるでプロ投資家のように取引が可能になるということです。

正直これと十分な証拠金さえあれば、ほぼ儲けたもの同然と言えるでしょう。

・約定力

約定スピードも悪くなく、サーバーの安定度も悪くはないようです。

ただし無料VPSサービスなどはありません。

飛び抜けて早いわけではないですが、これがデメリットといえるほどではないでしょう。

約定力を何よりも重視するトレーダー向けとは言えませんが、スキャルピングなどのトレード方法も十分可能となります。

・ボーナスキャンペーン&年利あり

instaForex口座への入金に対して、ボーナス還元キャンペーンを開催しており、30%の入金ボーナスがつきます。

またIB業者のFXプロモーションとしてキャッシュバックキャンペーンも行っており、プロモーション期間はラウンドターンロットのピップスごとに良いリベート率でキャッシュバックがもらえます。

そのほかにものinstaForexの取引口座は有利子口座となり、FX口座の入金金額に年利6%の利息がつきます。

日本の銀行ならば年利0.01%なども普通となってきた昨今この年利は驚異的と言えます。

この口座を外国為替市場取引のためだけではなく、資金運用のために開設してもいいのではないでしょうか。

加えてでもデモ口座のコンテストなども定期的に開催しているようです。

デメリット

・ロスカット水準100%

instaForexのもう一つの欠点としてロスカット水準が100%ということが挙げられます。

つまり取引で損失をして、証拠金維持率が100%を下回った時点で即刻ロスカットとなってしまうため、かなり多く口座資金を置いておかない限りハイレバ取引は非常にリスクのあるものになってしまいます。

・スプレッドが広い

instaForexは概してスプレッドが広めということができます。

例えば、スプレッドリストなどを見ても米ドル円とユーロドルが最小スプレッドで3Pipsとなります。

つまり1取引あたりの合計取引コストが上がってしまうということは覚えておきましょう。

・日本語サイトは部分的、さらに対応は不可

公式ホームページは日本語を選択できるのですが、日本語表示されているのは部分的で英語ができなければその内容を理解することは難しいといえるでしょう。

さらに、サポートオプションとしてのEメールや電話など、日本語サポートチームを置くなどした日本語サポートサービスの方はしていないので、いざというときに英語ができなければ困ったことになってしまいます。

なので基本的に英語ができない方は口座開設を避けておきましょう。

・EgoPayの取り扱い終了

公式ページにて国際決済サービスのEgoPayの取り扱いを終了するという情報を発表しました。

これの詳細については2015年3月1日から1年間EgoPayからの出金を制限すると発表し、このオンラインサービスから入金した資金はFXトレードに使用しなければならないという酷なものでした。

発表については3月13日にしているので半ば強制的に出金拒否をされたようなものでした。

理由としてはEgoPayがビットコインを取り扱っていたことと関係し、2015年1月にビットコインがハッキングにあい、略奪され、

アカウントが凍結されたことが原因のようです。

その他口コミなどをみてもスリッページや不利約定の報告が多く出てきています。

このようなことがあったからといって100%詐欺業者というわけではないのですが、このようなことがあると企業の信頼性を疑ってしまいます。

※追記

instaForexについて、悪い評判が多かったので、実際に調べてみました。

InstaForexの評判

まとめ

InstaForex口座の最大レバレッジ1000倍+追証なしの組み合わせはハイレバトレーダーには最適でミラートレードと組み合わせればさらに大きく儲けられる確率も上がるでしょう。

しかしロスカットレベルが100%なので証拠金維持率を保つことが難しく、スプレッドの広さから合計取引コストも上がってしまうため、取引口座に多くの資金を置いておかなければなりません。

また信用性の面でも数々の賞を受賞している反面、EgoPayのような事件もあり、そのような事態になっても日本語で問い合わせできないので、日本人トレーダーにとってはここでの取引に不安を覚えてしまうでしょう。

そして、1000倍のレバレッジは、もっと評判のいいHotForexでも取り扱いがあるので、日本で安心してトレードする場合は、そちらの方がオススメであると言えます。

ノミ太
とにかく、このInstaForexを使う理由はなさそうだね。
海外FXキラー
そうですね。他にもたくさん優良業者はあるので、そちらを選択しましょう。

 

(※HotForexの検証評価の記事→

以上のことからある程度経験を積んだトレーダーが、現存口座を持っている上で追加口座、または口座開設をするのならばギリギリオススメできますが、FX初心者が新規口座開設するのはオススメとは言えないでしょう。

ただし、FX初心者でも「リアル口座がどのようなもか」ということを試したい方は、インスタフォレックスのCent口座を開設し、試してみもいいかもしれません。

しかしすべての業者に対していえることですが、海外FXブローカーが気になる方はまずはデモ口座から初めてみてください。

その他にも、年利の良さから「銀行変わりにinstaForexに預ける」という使い方を推奨しているブログもありましたが、それは不安が残るのでやめましょう。

instaForex公式サイト(日本語)はコチラ→
instaForex公式サイト

あわせて読みたい

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメント

  1. ちゅらうみ より:

    詳しい内容ありがとうございます。InstaForexを今年8月に始めました・・・50万預けて先方が取引していて成功報酬として50%もっていかれるという商品です・・・今の所契約した営業マンからはかなり良い状態と聞きました。でもいかんせん英語でのホームページの為内容が把握出来ていません・・・(笑)また今回先の商品ほどではないですが年利6%の商品(いつでも解約可能で絶対に元本割れしない)を契約しようかと考えています。どう思いますか?

    1. 海外FXキラー より:

      ちゅらうみさん、コメントありがとうございます。
      instaforexは結構出金トラブルがあると聞くので、私はお勧めできません。
      以前自分が持ってたときは小額だったので大丈夫でしたが、多額になるといろいろ問題があるようです。

コメントを残す

*