BossCapital(ボスキャピタル)の特徴と評価【日本撤退】

BossCapital
スポンサーリンク

BossCapital(ボスキャピタル)とは

BossCapitalはブルガリアの海外業者で、2014年に経営を開始したばかりのバイナリーオプション業者でした。

BossCapitalでの取引方法としてハイアンドロー、ワンタッチ、レンジ、短期取引(60秒~)などが選択可能で、特にバイナリーオプション取引である「HighLowハイアンドロー」は人気でした。

このため「海外バイナリーオプション業者」として日本でも一時注目を集めました。

しかし現在日本住居者が新規にボスキャピタル口座を開設することを中止してしまっています。

以前はバイナリーオプションといえばBossCapital(ボスキャピタル)が筆頭だったのですが、そうではなくなってしまいました。

ただし金融ライセンスを持っていないなどの怪しい点も見られたので、以前からあまりオススメできる業者ではありませんでした。

口座通貨は米ドル口座となりました。

・BossCapitalは口座開設方法が簡単

口座開設時に個人情報などの必要書類を提出する必要がないため非常に速くて、簡単でした。

口座開設時に入金なども必要ありませんでした。

必要なのはユーザーの名前など名義人情報や入金のためのユーザーのカード情報などの情報を入力し、口座開設ボタンを押すだけだったので、口座開設に要する時間は約3分と言われていました。

ただし出金時にそれら本人確認書類を提出する必要がありました。

・BossCapitalの入金方法、出金方法

入金手続きはクレジットカードとデビットカード、銀行口座への銀行送金がありました。

クレジットカードはVisa、MasterCardのみならずアメリカンエクスプレスやJCBまで可能であったようです。

最低入金額はクレジットカードの場合が20,000円ですが、銀行振込の場合は50,000円となります。

つまり取引口座に入金金額を抑えつつ取引することが可能でした。

出金手続きは海外送金のため、出金が本当に反映されるには5~7営業日かかったようです。

出金時の最低出金額は3,000円で、出金手数料が30ドルかかってしまいます。

ただし月1回は出金手数料が無料となります。
しかしプラチナアカウント以上は全て無料出金となっていました。
このように出金入金に関しては割と手厚いサービスであったことが見て取れます。

・BossCapitalの取引口座情報、取引概要

他の海外FXブローカーのように開設口座と取引方法が1対1で結びついているわけではなく、

どのような取引内容かを自分で選択することができたので口座タイプとしては一つになりました。

バイナリーオプションについては基本的にその通貨ペアが上がるのか 下がるのかだけ選択し、いくらの金額を投資するか決めるだけでいいので非常にシンプルな取引となります。

このような理由から取引最短時間は30秒、短時間で大きな利益を上げることも可能です。

ペイアウト倍率も最大2.0倍となり、業界のなかでもトップクラスのペイアウト率となります。

ハイアンドローでの最小入金額は5000円、最低取引額も1000円から可能となるので、取引資金がない方も気軽に始めることが可能です。

ハイロー口座にかかわらず、バイナリーオプションは取引期間が通常のFXよりも劇的に短くできます。

取引通貨としては 為替24ペア、株価指数は23種類、株式43種類に、先物:8銘柄と選択可能でした。

また取引プラットフォームとしては独自のプラットフォームを使っており、取引画面も含めそのシンプルさで好評でした。

・ボーナス制度もあった

BossCapitalでは口座入金ボーナスもあったようです。
注意点としてボーナスに関して、サポートに報告しないともらえなかったり、出金条件などがあったそうです。

・追証なし

また通常の取引とは違い自分が投資した以上の損失はシステム上あり得ないので、口座残高が0になることはあっても、収支合計で借金をする可能性もありませんでした。

このような取引方法ではリスクを最小限に抑えてトレードすることが可能なのです。

・日本語サポートあり

公式サイトでも以前は日本語に対応していたのですが、今はサイトを見ても英語サイトのみとなっています。

サービスとしてはメールや電話、ライブチャットもあったようですが日本語ではそれもなくなっています。

またFX初心者から上級者までFXトレーダー教育ツールが充実していたのですが、日本語対応ではなくなってしまったため、今では日本人にとって使いにくいものになってしまいました。

このことから英語が読めないと情報を取得することさえ難しくなっています。

・出金拒否の口コミ

またFX、株情報サイトや2chのページなどでBossCapitalに出金申請時の出金拒否などの出金トラブルの口コミを数多く確認することができます。

このようなことがあるといくら収益額が多くても意味がありません。

今となっては口座開設は不可能なのであまり関係はありませんが、評価が良くない上、金融ライセンスを持っていなかったことも考えると詐欺業者であった疑いがあります。

まとめ

この通り、BossCapitalはバイナリーオプションをやるトレーダーなら選ぶべき海外FX業者だったのですが残念ながら日本居住者はボスキャピタル口座開設はもう不可能です。

また詐欺業者だった疑いもあるため、日本居住者でない方も口座開設をしない方が無難といえるでしょう。

現在バイナリーオプション海外業者選びをして、口座開設を検討されている方は、「HighLowオーストラリア」や

「OptionBit(オプションビット)」などの海外FXブローカーをオススメします。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

キャッシュバック