Smartoption(スマートオプション)の特徴と評価【現在日本市場から撤退】

Smartoption
スポンサーリンク

Smartoption(スマートオプション)とは

Smartoption(スマートオプション)はキプロスに本拠地を置いている2011年創業のバイナリーオプション取引業者です。

金融ライセンスも取得しており、キプロス金融取引委員会の金融ライセンスであるCysecを取得しており、多くの海外バイナリーオプション業者が取得しているものだったのである程度、信頼の置ける業者だったと言えます。

取引手数料は無料なためリスクを抑えて取引をすることが可能でした。
取り扱い銘柄として株式で34種、為替13種、コモディティ7種、株価指数19種と全部で73種と類取引銘柄が豊富だったので、攻略方法も色々考えることができました。

口座開設費用は無料、取引可能時間は月曜日(7時)から土曜日5時までとなりました。

また特別ボーナスキャンペーンも採用しており、入金額2万円以上で入金額の10%の入金ボーナス額がプレゼントされました。
しかしボーナスの出金条件などがあったので注意が必要でした。

・現在日本市場から撤退

TRバイナリーオプションというバイナリーオプション海外業者が日本市場から撤退した後、類似の口座スペックや取引ツール、サービスを提供する会社として注目を集めていたのですが、ついにSmartoptionも2017年5月31日を持って日本国内バイナリーオプションサービスから撤退しました。

日本語サポート対応も、スマートオプション公式サイトの記事ページも日本語化を始め、電話、メール、ライブチャットサービスなどサポート体制も万全だったのですが、それらも全てなくなってしまいました。

また営業停止の際に出金申請を受付しないなどの対応に出たため、それに対する不満も多く上がっています。

ただしもともと信託保全などはしていなかったので、これについてはあまり攻めることはできないでしょう。

なのでバイナリーオプション海外業者選びの際には他の業者を選びましょう。
しかしながら参考のために以下に取引詳細情報を書いていきます。

・口座開設が簡単

口座開設が非常に簡単で5-10分ほどで開設可能と言われていました。

理由としては審査などがなく、個人情報書類も出金の際に出せばよかったことなどが挙げられます。

500円から取引可能ということも相まり、「暇な時間に思い立ったて、口座開設、今すぐ取引画面に行って取引」と言う使い方も可能でした。

口座通貨としては円口座と米ドル口座が開設可能でした。

・入金方法、出金方法

最低入金額はクレジットカード(Visa、MaterCard)で1万円、銀行口座の電信送金で5万円となりました。

「クレジットで1万円入金が可能」というのも大変魅力的で、本当に簡単にSmartoptionでバイナリーオプション取引ができ、口コミでも評価が高かったポイントでした。

また出金スピードも高速と評判で、出勤申請をしてから2日で口座に反映されているということでした。

口座開設の際に身分証明証など本人確認書類を出していなかったトレーダーは出金処理の際に提出する必要がありました。

最低出金額は10,000円、出金手数料は銀行送金の場合は一律で2500円でした。
クレジットカードを使用する場合、取引を5回以上している場合は手数料無料となりました。

・取引方法、取引オプション

口座タイプとしてはスタンダード口座(ライブ口座)の一つとなりますが、取引オプションはハイロー取引、短期取引、ワンタッチ、ペア、長期、ラダーFX/CFDなど色々なものを揃えています。

取引方法が多い分攻略法も多くなるため、戦略を立てやすくなります。

ちなみに上がるか下がるかだけを判断するハイ&ロー、一度でもその価格になれば勝ちになるワンタッチオプションとなります。
ペイアウト倍率は最大90%、最大取引額としては500,000円でした。

・優秀な自動売買ツールが使えた

Smartoptionでは優秀な自動取引ツールでフォロートレードツールである「iフォロー」が使用可能でした。

これは具体的にこの取引システムがどのような機能だったのかというと、取引したい銘柄を選ぶと「取引回数」と「勝率」の項目でソートされたスマートオプションでのバイナリーオプショントレーダーが表され、好みのトレーダーを選択して、その取引と同じ動きを真似できるというものでした。

これを聞けば「儲けたもの同然」かと思われるかもしれませんが、ただしフォロー期間の間にフォローしたトレーダーが十分な取引数をトレードしてくれないなどの口コミもみられました。

また「ストラテジーアドバイザー」という機能もあり、これは相場を自動分析し、どちらが上がるか下がるかというのを伝えてくれるものでした。

これらを使えば「FXや経済市場の勉強をしたことがない」という方でも簡単に利益を出すことが可能となりました。

他にも、バイナリーオプション取引で判定時間を延ばすことができる「ロールオーバー」という機能を使用でき、万が一予想が外れ損をしそうになってもまだまだ粘って取引を続けることができたため取引のリスク管理も可能でした。

また他にはないSmartoptionだけの機能である「取引キャンセル機能」もあり、これは注文が決定してから2秒間のキャンセル可能時間がトレーダーにあたえられるという機能でした。

ただしこのキャンセル機能をあまり乱用すると規約に引っかかり出金ができなくなるなどの報告もありました。

・最低取引金額は500円

Smartoptionでは最低500円とワンコインの投資額で取引可能なことも魅力でした。

この投資金額の低さによりトレードの敷居がグンと下がり、口座資金があまりない方も取引に参加できるだけでなく、取引量を増やし、取引コストを最小限に抑えて取引することも可能でした。

まとめ

TRバイナリーオプションにとって変わるような、魅力的なFXツールと定額から取引可能というスペック、日本語対応もあったことから、日本人顧客から多くの支持を集めました。

Smartoptionの使い方としてはiフォローをそのまま使って儲ける「iフォロー取引」というのが一つ代名詞となり人気でしたが、現在では取引口座開設ができずその取引もできません。

バイナリーオプション取引をしたい方はスマートオプション口座開設以外の選択肢を検討していかなければなりません。

海外FXオススメ

キャッシュバック

コメント欄

コメントを残す

*

キャッシュバック