Opteck(オプテック)特徴と評価【現在は撤退した海外バイナリーオプション業者】

Opteck-jp
スポンサーリンク

Opteck-jp(オプテック)とは

Opteck-jp(オプテック)はセシェールと言うインド洋の島国に本拠を置く2011年創業のバイナリーオプション業界の中では歴史のある業者でした。

ちなみに英語版のオプテックにはベリーズに本拠があると記述してあるので、Opteck-jpは日本人向け専用に建てられた会社であることがみてとれます。

資金管理としては取引先銀行に信託保全をしていたので万が一Opteck-jpが破産したとしてもバイナリー口座に預けた資金が戻ってきました。

取引システムとしては Opteck Trading Platform (オプテックトレーディングプラットフォーム)という独自の取引環境を使っていました。

またバイナリーオプションサービスが豊富でデイリー、ウィークリー、マンスリーの金融マーケットレビューを読むことができました。

・市場から撤退

明確な撤退理由はわかっていませんが、おそらく関東財務局の警告も以前に頻繁に出ていたことから、最終的に詐欺業者とみなされ日本からの撤退を余儀なくされたのでしょう。

他の海外FXブローカーやバイナリーオプション業者を見てみても、少なくとも日本の金融庁側は国内業者を使って欲しいとの思惑があるようです。

詳細情報の方はわかっていませんが、確かに金融ライセンスを持っていなかったので信用性という面では少しかけていましたし、投資詐欺などの口コミも出ていたので致し方ないといえるでしょう。

取引詳細情報

・入金方法、出金方法

入金方法はクレジットカード&デビットカード(VISA、MASTER、AMEX、JCB)、国内銀行振込、WebMoneyなどがつかえました。

入金手数料に関してはクレジットカード&デビットカード、電子決済(WebMoney、Moneybookers、ウエスタンユニオン)はなし、銀行送金に関してはジャパンネット銀行と楽天銀行は無料となりました。

入金の反映時間に関してはクレジットカードが即時、銀行送金、電子決済が1-2営業日となりました。

出金手数料は月に初回取引、2回目まで無料で、3回目以降が$25となりました。
出金手続きの際、最低出金額についての出金条件はありませんでした。

・口座の特徴

口座の取引情報としては、初回最低入金額はクレジットカード、銀行振込、電子決済のいづれも25000円となりました。

しかしOpteck-jpの口座は初回入金額によって口座タイプが自動的に変わるという特殊なものとなっていました。

具体的には25,000円-49,000円までの入金でグリーンアカウント、ブロンズアカウント50,000円-99,999円がブロンズアカウント、10,0000円から49,999円までがシルバーアカウントとなりました。

最低取引額は2500円、最大取引額としては50000円となりました。

ペイアウト率としては約1.70倍~1.95倍となります。

通貨ペアとしては13種類あり、株価指数は4種類(NASDAQ、日経225、CAC、DAX)、CDFs系取引商品は金、銀、原油の3種となります。

また株式と言うものも利用でき、フェイスブック、Googleの2種類ありました。

口座通貨としては米ドル、英ポンド、日本円、ユーロなどが使用可能でした。
円口座完備だったので出勤時に日本円で取り出せたので、為替手数料もかかりませんでした。

・取引方法

取引方法としてはHigh&Low(ハイロー)、ワンタッチ、レンジ・境界、60セカンドなどがありました。

ハイロー取引に関しては今後その市場のトレンドが上がるか下がるかだけを予想するベーシックなバイナリーオプショントレードでワンタッチ取引は決めたレートに一度でも触れたら勝ちになるトレードです。

レンジ・境界に関しては判定時間までに事前に決めた上限と下限のレート価格の範囲内に収まっていれば勝ちとなるものです。

60セカンドは最短60秒間で取引が決まる超短期取引となります。

さらにカスタマイズオプションとしてオプションビルダータイプを選択すれば最短30秒での取引も可能となりました。

ただしこの「30秒取引」ができる通貨ペアは限られており、「ドル/円」「ユーロ/ドル」「ユーロ/円」「ポンド/円」「ユーロ/ポンド」となりました。

いずれもメジャー通貨だったのでこの点は特に問題はないでしょう。

これらの短期取引が2500円から可能だったので本当に気軽に投資ができました。

またこのカスタマイズオプションを使用すれば資産銘柄と終了時間などを設定して権利放棄なども可能だったためリスク管理にも最適でした。

取引手数料などもなく、取引時間情報としてはは7:00~翌6:00(月~土曜日)となりました。

・ボーナスについて

上で少し述べたように初回入金額によって口座タイプが変わり、多く入金すればするほど上位ランクになり、それに伴いボーナスもより良いものとなりました。

グリーンが最低、シルバーが最高ランクとなりました。
グリーンアカウントでは25%の新規口座開設ボーナス、ブロンズアカウントでは35%のボーナス、シルバーでは45%のボーナスとなりました。

他の海外FX業者とも違い、ボーナスは証拠金で使えるものだけではなく、「使える取引ツールやチャートが増える」と言うボーナスもありました。

例えば初回入金10万円以上のシルバーアカウントでは専用の売買シグナルが使用できました。
またブロンズアカウント以上でアカウントマネージャーと言う管理ツールも使用可能でした。

・リスクフリーキャンペーンについて

また以前に期間限定でリスクフリーキャンペーンと言うものを実施しており、その名の通りリスクなしで取引をすることができました。

例えば2万円入金すれば5,000円、5万円以上で最大50,000円のリスクフリーボーナスがもらえました。

リアル口座でリスクなしで取引ができるということはバイナリーオプション初心者には非常に有益でよい練習となりましたし、それだけではなくなんのリスクも負わずに設けが出せるということはありがたいことでした。

・キャッシュバックキャンペーンなどもあり

IB業者を通してのキャッシュバックキャンペーンもありました。

例えばFXRoyalCashBack経由でのFX口座開設では12000円のキャッシュバックがもらえました。

このキャッシュバック口座開設とボーナスとを組み合わせて使えばかなりお得に取引が可能でした。

・完全日本語対応

日本語対応サポートもあり、日本語Webサイトはもちろんスマートフォンアプリも日本語対応をしていました。

日本人スタッフも配置しておりEメールや電話、チャット、コールバックなど全て日本語対応可能で、日本人ユーザーを大切にしていたことが伺えます。

また教育ソースも豊富で口座開設者に漏れなくeブックがもらえたりビデオ学習なども無料ですることができました。

またブロンズアカウントとシルバーアカウントではウェビナーに参加することができたのでしがこれは英語しか対応していませんでした。

・デモ口座が登録不要

また直接リアル口座には関係ありませんが、デモ口座が登録なしですぐに開始できたので、初心者が気軽にデモ取引を試すのに持ってこいでした。

そこでか「バイナリー投資取引の訓練を積んで儲けれる確信がついたら始める」と言ったことも可能でした。

まとめ

Opteck-jpの取引概要として30秒取引など非常に短期間で2500円からの投資ができるなどの制度があり、平均評価が高く、非常に魅力的な業者でした。

またリアル口座でのリスクフリー口座やデモ口座も登録不要で無期限で使えるなどバイナリーオプションの練習用としても非

常に有益な海外バイナリーオプション業者だったのですが、残念ながら日本市場から撤退してしまいました。

Opteck-jpの口座開設を検討されていた方は他のバイナリーオプション情報ページを参考に、バイナリーオプション業者一覧などをみて別のバイナリーオプション海外業者で口座開設を検討しましょう。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*