youtrade(ユートレード)特徴と評価【詐欺業者の疑いで口座開設には注意が必要】

youtrade
スポンサーリンク

youtrade(ユートレードFX)とは

海外業者YouTrade(ユートレードFX)はモーリシャスに本拠を置く海外FX会社で2007年に創業したFX業界の中では老舗の部類に入りますが非上場企業となります。

金融庁ライセンスとしては世界で取得が一番難しいとされる英国金融行為監督機構が出すFSAを始め、オーストラリアのASIC、本拠地であるモーリシャスのFSCと金融サービス庁からライセンスを3つを取得しています。

そしてNDD取引を採用しているので約定力には定評があります。

また2011年、2012年には金融サービス業者としてベストブローカー賞を受賞した実績もあります。

他の受賞歴でも英国の定評ある金融ニュースポータル「New Europe」の教習部門「最優秀FXブローカー」に選出され、Forexポータル「FxEmpire」のFOREXアワードの受賞などがあります。

このようなことから客観的には透明性があり、信頼性の置ける企業ということができるでしょう。

ただしよくある「海外FXスプレッド比較ランキング」の口コミなどではいわゆる「ユダヤ系企業」としてあまりいい噂を聞きません。

多少のネガティブキャンペーンはあるにしろその数も多いため注意が必要です。

取引プラットフォームとしては世界中の海外FXブローカーが取引ツールとして採用しているMT4、5(メタトレーダー)を使用していきます。

信託保全方法としては分別管理となり、新規取引手数料無料、決済手数料も無料となります。

取り扱い通貨ペアとしては全部で29種類となり、株式CFD、商品CFD、インデックスCFDなど様々な取引オプションが選択できます。

単純なFXトレードの他にも金、銀などの貴金属、近年流行のバイナリーオプションも利用できます。

・入金方法と出金方法

YouTradeのFX海外口座への入金方法、出金方法はともにクレジットカード(Visa、MasterCard)、電子マネー、銀行口座への送金があります。

電子送金サービスではネッテラーのアイコンもありますが、日本人居住者は現在ネッテラーは使用できません。

入金の反映時間ついては数分、1時間程度で反映されます。

出金にかかる日数としてはどの方法でも3営業日程度と言われています。

入金手数料、出金手数料ともに海外FX業者側では手数料無料となります。

・口座種類

口座タイプとしてはミニ口座(マイクロ口座)、スタンダード口座、プレミアム口座、ECN取引のECN口座(ノースプレッド口座)があります。
取引量はミニ口座が0.01pipsから、それ以外が0.1pipsからとなっています。

FX口座への最小入金額は$100となります。

それぞれの口座は入金額の上限があり、$2,000を超える入金は出来ません。

その他入金額上限はスタンダード口座は10,000まで、プレミアムは100,000までとなります。

その他金利が付かないイスラム口座も利用可能です。

口座通貨は米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、円から選択可能です。

円口座も選択できるので為替手数料を節約することができるのもメリットです。

そしてデモ口座もあり5万ドルの資金でFX取引の練習が可能です。

・取引方法

最大レバレッジは500倍で他の海外FX業者の平均である400-500倍と比較するとそれほど高いとは言えませんが、合格点ではあるでしょう。

もっともレバレッジ規制のある国内FX業者による国内FX口座の最大レバレッジがせいぜい25倍であることを考えると非常に高いレバレッジであることに変わりはありません。

ゼロカット制度を採用しており追証がないので、万が一口座残高が0を通り越してマイナスの値になってしまったとしても口座資金は0にリセットされるのみとなります。

これによりリスクを最小限に抑えて取引することが可能となります。

最低取引単位はミニ口座、スタンダード口座で1000通貨、上位アカウントは10,000通貨となります。

強制ロスカットとマージンコールもあり、マージンコールは証拠金維持率100%でかかり、ロスカットレベルは証拠金維持率50%となります。

取引条件に関しては両建て注文は不可となりますが、EAを用いた自動取引でのスキャルピングはOKとなります。

取引時間は月曜日から土曜日の市場オープン時間でロールオーバー時刻は夏時間:午前6:00(日本時間)、冬時間:午前7:00(日本時間)となります。

・取引手数料とスプレッドの狭さ

youtrade(ユートレード)は固定スプレッド口座を用意しており24時間固定スプレッド制を採用しているのですが、スプレッドの狭さに関してはあまり狭いとは言えないので取引数の多いトレーダーは不利になってしまうでしょう。

平均スプレッドはミニアカウントが4Pips、スタンダードアカウントが3Pips、クラシックアカウントが3Pips、プレミアムアカウントが2Pipsとなっています。

例えば具体的にユーロ/米ドル通貨ペアで0.8pips、英ポンド/米ドル通貨ペアで2.2、米ドル/円で1.1となります。

スプレッドに何よりも重きを置いているFXトレーダーは他の海外FX業者を選択した方がいいかもしれません。

ただし固定スプレッドなので取引の計算のしやすさはあるのでその点はメリットといえるでしょう。

ECN口座の取引手数料については$3-$8となっています。

・入金ボーナス、キャッシュバックあり

youtradeでも初回入金ボーナス50%キャンペーンがあります。

これはどの口座を開いたとしてもボーナス対象となります。

またIB業者経由のキャッシュバックキャンペーンもおこなっています。

例えばある業者経由でyoutrade FXの口座を開設し1万通貨分の取引をすることで5,000円のキャッシュバックがもらえます。

・日本語サポートあり

youtradeは日本語対応サポートがあり、公式ホームページはもちろん、取引システムも日本語化されており、日本人スタッフによる日本語問い合わせも可能となるので国内FXと同じように取引ができます。

アクセス方法としてもメールのほかにライブチャット、コールバック、電話も日本語で対応を受けることが可能です。

ただし対応時間としては(平日) 午後 4:00 ~ 午前 0:00 (日本時間)となります。

・現在日本人サイトが停止中

日本語サポートがあると書きましたが、youtradeでは現在日本語サイトの方が停止中となっています。

これの原因として詳しいことは明らかにされてはいませんが、FPAに詐欺業者として認定されたことが挙げられます。

FPAは世界的に有名なFX業者評価サイトで、海外FXサービス情報や海外FX詐欺業者注意報などを出しているので情報収集には有益ですが、やはりこれを

100%信じるのもあまりいいとは言い切れません。

本当に実際に詐欺行為や明らかな違法行為を行っているかどうかははっきりとはわかりませんが、たとえば口座凍結が起こったからといってそれを詐欺とみなすのはFX業者側に酷といえるでしょう

現在日本語サイトにはアクセスできないものの、新規口座開設自体ができなくなったわけではないのでその点は覚えておきましょう。

まとめ

youtradeは数々の受賞歴や約定スピードの速さ、リクオート、出金拒否もなく、完全日本語対応ということから信頼性に置いて評価をすることができます。
加えて、固定スプレッドという特徴も嬉しいところではあります。

ただし他の海外FXサービスと比べてスペック的に取り立てて優れているところはあまりないですし、あまりにも口コミなどの評判が悪い点も海外FX利用においてマイナス要素といえるでしょう。

以上を踏まえるとFX中上級者の投資家の方が追加口座としてyoutradeの海外FX口座を開設するのがベストな海外業者といえるのではないでしょうか。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*