Infin Markets(インフィンマーケッツ)の特徴と評価【日本人向けの新規口座開設不可】

Infin Markets(インフィンマーケッツ)
スポンサーリンク

インフィンマーケットとは

・Infin Markets(インフィンマーケッツ)会社概要

Infin Markets(インフィンマーケッツ)は2012年に創業したFX(外国為替証拠金取引)金融サービスを取り扱う海外FX会社です。

金融ライセンスとしてはキプロス証券取引委員会のCySEС (Cyprus Securities and Exchange Commission)を持っています。

この規制により顧客資金は信託保全により保護されています。

そのため万が一Infin Marketsが倒産、破産してしまったとしてもトレーダー資産は全額戻ってきます。

取引環境としては世界中の多くの海外FXブローカーが採用している取引ツールであるMT4(メタトレーダー)に加えNetTradeXにも対応しています。

この取引ツールNetTradeXはMT4で取引するよりも決済スピードが速く約定力が上がると評判で、トレーリングストップ注文はサーバー側で実行されるのでパソコンの前に常にいる必要がありません。

ただしNetTradeXを使用する場合は口座通貨は米ドルのみとなってしまうのに対し、MetaTrader 4なら米ドルの他にユーロ、英ポンド、円口座まで対応可能なため出金時の為替手数料などもかかりません。

外為為替取引では34通貨ペアから選択でき、CDF金融商品銘柄も金、貴金属など多くの銘柄があります。

為替市場取引の他に個別銘柄もありアップルやマイクロソフトの株取引も可能です。

・現在日本人住居者向けの新規口座開設不能

サイトを検索するとInfin Marketsの公式日本語サイトがしっかりと完備されており日本人顧客を「お客様」として扱っていたことが見て取れます。

そうではあるものの日本人住居者向けに新規取引口座開設や登録は行っていない旨が表示され、日本市場のFXサービスから現在撤退しています。

このため口座開設をしFX投資を検討したい方は海外に住所を移す必要がありますが、もちろんそれはハードルの高いものとなります。

Infin Markets取引情報

・入金方法、出金方法

Infin Markets(インフィンマーケッツ)の入金方法は銀行送金、クレジットカード、電子決済(マネーブッカーズ、NETELLER)などがあります。

銀行送金の場合の最低入金額$100となり、電子決済ツールを使った場合は$1-となります。

入金手数料、出金手数料とともに無料となります。

銀行送金の場合の反映時間は3-5営業日でそれ以外は即時反映となります。

・口座タイプ

Infin Markets(インフィンマーケッツ)の口座タイプは大きく分けて4つあり、NetTradeX Beginner口座(ビギナー口座)、NetTradeX Standard口座(スタンダード口座)、MT4 Micro口座(MT4マイクロ口座)、MT4 Standard口座(MT4スタンダード口座)となります。

注文方式としてはどれもNDD/STP方式となりかわりませんが、大きく違うのが初回最低入金額でNetTradeX Beginner口座が100円、NetTradeX Standard口座が20,000円、MT4 Micro口座が1,000円、MT4 Standard口座が30,000円となります。

特にNetTradeX Beginner口座は取引に使える資産が少ない初心者FXトレーダーでも始めることができる口座と言えるでしょう。

最小取引単位に関してはStandard口座系が0.1ロット(10,000通貨)でMT4 Micro口座が0.01ロット(1,000通貨)、NetTradeX Beginner口座が0.001ロット(100通貨)となりビギナー口座では少ない取引額でのトレードが可能です。

最大取引ロット数に関してはMT4 Micro口座とNetTradeX Beginner口座がそれぞれ1.0lotまででStandard口座はどちらも無制限となります。

最大レバレッジはStandard口座がどちらも200倍、Beginner口座とMicro口座が400倍となります。

海外FX企業の平均を考えると400-500倍ほどが平均なのでスタンダード口座が辛うじてそれに届いているのみで概してInfin Marketsのレバレッジは低いと言えるので「超ハイレバトレード」などの取引方法には向いていないといえます。

ただしレバレッジ規制のかかった国内FX業者のせいぜい25倍ほどの最大レバレッジと比べると非常に高い数字といえます。

取引手数料はいずれも無料となります。

・スプレッド

Infin Marketsのスプレッドは他の業者と比較するとそこまで狭いとは言えません。

たとえば最低スプレッドと言える米ドル円やユーロドルは1.8pipsとなります。

ただし固定スプレッドで取引手数料がかからないことを考えると取引コストが決して高いわけではなくむしろ最高水準といえます。
となるのでその点を考えるとスプレッドがめちゃくちゃ広いわけではなく、さらに取引ごとの利益が見えやすく、リスク管理もしやすくなります。

取引条件などもなかったのでスキャルピングトレードにも最適でした。

・日本語サポートあり

Infin Marketsは日本語対応サポートデスクがあり、リアル口座開設から実際の取引、リアル口座タイプの他にデモ口座でも日本語サポートを受けることができます。

また取引分析やマーケット情報、FXニュースなども日本語で配信しており、様々なテクニカル分析ツールも日本語で使えるため英語が苦手なトレーダーも安心してInfin Markets口座を使うことができます。

・リベート、キャッシュバックキャンペーンあり

IB業者を通したキャッシュバックキャンペーンも開催しており、IB業者がIB報酬を受ける代わりに新規口座開設をして初回取引で5000円などのキャンペーンサービスを受けることができます。

まとめ

Infin Marketsはライセンスや制度的にも信頼の置ける海外業者ということができますが、スペックは標準的で日本人居住者の新規取引口座開設が難しいことから、今から新たに初心者が口座開設するのはハードルが高いのに加えあまり可能性やメリットがあるとは言えません。

固定スプレッドのメリットを求める海外在住のFX上級者が追加口座として口座解説するのがオススメと言えます。

海外FXオススメ

コメント欄

コメントを残す

*