海外FX業者「FBS」の2chでの口コミ評判

FBS口コミ評判

最近人気の「FBS」という海外FX業者ですが、海外FXアンケートや海外FXランキングで見かけることも多くなってきましたが、この業者について2chで多くの口コミがみられます。

ここではそれに一つ一つ答えていきたいと思います。

あわせて読みたい

FBS公式サイトはコチラ→
FBS

FBSのデメリットに関する口コミ

FBSのデメリットに関する口コミ

・スマホのMT4から認証できない

これはFBSに限ったことではないのですが、システムトレードもバリバリできる取引システムであるMetaTrader4(MT4)のスマートフォンアプリでログインしようとした時に「不正な口座」と表示され、ログインできないといった事例は頻繁に起きるようです。

まずログインできない時の注意点の一つ目として、「サーバー番号やパスワードを間違えていないかどうか」今一度確かめてみましょう。

基本的なことですが多くの方がこれに当てはまります。

FBSの場合は追加口座が最大5個まで保有することが可能なのですが、これにより、サーバー番号やパスワードを混同して考えているトレーダーも多いようなので注意しましょう。

もし「パスワードを忘れてしまった」という場合はFBSの会員エリア(キャビネット)からパスワードの再設定ができるので、そちらに進みましょう。

また「MT4ではなくMT5を選択していた」という間違いもよくあるそうです。

そうではない場合アプリのバグの可能性があるので、その場合はMT4のアプリを一度削除し、再度ダウンロードし直すと解決する場合が多いようです。

・約定、決済に3秒くらいかかる

FBS自社公表のデータによる約定力のスペックを見てみると「95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行」されているというデータが出ています。

海外FX業者の中で知名度No1.とも言えるXMは、その知名度からFX業界の中で物差しとしてもよく出されますが、XMの約定力は「99.35%に1秒以内約定」これよりもFBSは優秀な数字を叩き出しています。

他のデータを見てみましょう。

約定スピードの平均値で見てみると米ドル/円の約定スピードは「1.098秒」で海外FX業者約定スピード平均が「1.535秒」といわれていることからFBSの約定スピードはかなり速いものであるといえます。

このようにFBSの約定速度は海外FX会社の中で非常に速い部類に入ります。

海外FX情報サイトで約定滑りの口コミも目にすることはありますが。

もし本当に「約定、決済に3秒くらいかかる」であれば、おそらくご自身の取引環境、つまりPCやサーバーなどの設備面を疑った方が賢明で効果がでるのかもしれません。

・円建て口座が作れない

こちらの口コミですが、確かにFBSでは日本円立ての取引口座の開設には対応していません。

口座通貨としては2018年1月現在もUSD(米ドル)とEUR(ユーロ)のみ開設可能です。

しかし日本円建ての取引口座はなくても、日本円での入金を行うこと自体は可能となりますのでそこまでこれがネックになるわけではありませんが、結論としては円口座は作れません。

FBSのスプレッドに関する口コミ

FBSスプレッドに関する口コミ

「日本人だからFBSはドル円だけスプレッドが広いのかもしれない」という意見です。

FBSの代表的な5つの口座の米ドル/円の平均スプレッドの自社公表データをそれぞれ見てみると、STP方式のセント口座が2.00、マイクロ口座が3.00、スタンダード口座が2.00、ゼロ・スプレッド口座は取引手数料が片道10ドルかかる代わりにスプレッドは0.00、ECN口座であるアンリミテッド口座は1.10となります。

最小スプレッドでもだいたい同じ傾向であると言えます。

他の海外FXブローカーの取引手数料無料のSTP口座の平均スプレッドを比較してみると、IronFXの変動ライブスプレッドプレミアム口座やLAND-FXが100%ボーナスPlus口座が0.90と自社公表データで1.00を切っている数字を出しています。

確かに他の業者よりスプレッドが広い業者ということができるでしょう。

ただし、それが「日本人だから」という理由でスプレッドが広いとするのはどこにも根拠がないので、「そもそもスプレッドの狭さをそこまで重要視していない企業」と捉えるのが偏見が少ないかもしれません。

FBSのメリットに関する口コミ

FBSメリット

2chにおいて「FBSのメリットってなに?」という問いかけに対し、「そこそこのボーナス 最強レバ そこそこのスプ」というやりとりが見られました。

「そこそこのボーナス」ということに関してですが、個人的な感想として「そこそこどころか、かなり豪華なボーナスがもらえる注目サービス」ということができると思います。

まずFBSでは新規口座開設ボーナスとして123USD(米ドル)がもらえます。

これはボーナスが豪華と評判のXMの口座開設ボーナス3000円ボーナスをはるかに上回る豪華さで、これのみでもFBSで口座開設をする価値があると言えるでしょう。

また100%入金ボーナスもついており、これは20,000ドルを入金するまで何度でも100%ボーナスがもらえるものなので、計40,000ドルまでボーナス反映されます。

これを見る限り、確実に豪華なボーナスということができると思います。

「最強レバ」というのは「最強レバレッジ」ということですが、その通りと言えるでしょう。

通常の海外FX会社の最大レバレッジの平均が400倍-500倍なのに対し、FBSのレバレッジは最もレバレッジが低いECN口座のアンリミテッド口座でさえすでに500倍を達成しています。

その次に高いSTP方式のセント口座はレバレッジ最大1000倍、さらにマイクロ口座、スタンダード口座、ゼロスプレッド口座は最大レバレッジなんと3000倍という驚異的な数字を叩き出しています。

確かにこのような天文学的な数字を達成している海外業者は他にみてもどこにもなく、レバレッジは1000倍以下の業者が大半です。

ましてや国内FXの最大25倍と比べると桁が2つも違います。

この数字は間違いなくスプレッドが「最強」と言い切れるでしょう。

「そこそこのスプ」とは「そこそこのスプレッド」ということですが、これは上にも述べた通り確かに他の業者と比べるとそこそこと言えるのかもしれません。

FBSボーナスについての口コミ

FBS入金ボーナスについて

FBSはの100%入金ボーナスは上で述べた通り、計40,000ドルまでボーナス反映されるので、回数に関係なく100%がつくという豪華なものです。これは明らかなメリットということができるでしょう。

荒れ相場のときにFBSのスプが1桁だったということですが、これはFBSの約定力が高く、サーバーも安定していることからきた結果で、これもメリットと言えます。

FBSでは日本人サポートはなく、カタコトの日本語を話すサポートが受けれるに止まりますので、この点はデメリットと言えるのかもしれません。

しかし、画像で述べているようにFBSではボーナスは新規口座開設をして待っているだけではもらえないので自分からサポートに問い合わせる必要がありますのでその点も注意しましょう。

・FBSの100%ボーナス

FBSボーナス

上に述べた通り、FBSでは100%入金ボーナスが付くためトレーダーにとっては大変ありがたいものとなっています。

FBSの入金手数料についてですが、クレジットカード入金の場合、出金と同じく、RegularPay経由の即時反映で手数料3.2%+0.25ユーロ+VISA/Mastercardでの入金の場合は1USD、国際決済サービスの場合はいづれも無料となります。

銀行送金の場合はFBS側の手数料はなく銀行から差し引かれる手数料のみとなりますが、国際送金の場合、2500円以上は見ておいた方がいいでしょう。

確かにクレジットカードをメインにお使いの方は若干高い気もしますが、そこまで気にするほどの額でもないと言えます。

また、FX取引において手数料が気になるトレーダーの方は国際決済サービスなら無料となりますので、そちらから入金するのがベストでしょう。

・ボーナスの仕組みについて

FBCのボーナスの仕組み

ボーナスの仕組み、取引条件がややこしいということですが、2種類のボーナスが同時にあるためにそのような感想をお持ちになったのかもしれませんが、実際、他の業者と比べてそこまでややこしいということはないでしょう。

通常ボーナスはもらえたら100%そのまま現金として出金できるわけではなく、特定の条件を満たさない限りは出金ができません。

中にはボーナスが全く出金できないようにしている業者も見受けられますが、FBSでは取引lot数×1ドルで出金が可能となります。

つまり「証拠金」は100%増えますが、それをすぐに引き出せるわけではないということです。

ちなみに「取引lot数×3ドル」となるのは123ボーナスの方となるので混同しないようにしましょう。

このようにボーナスを出金しようとすると簡単にですが、ロット取引でのトレード計算が必要となるのでややこしいと感じてしまったのかもしれませんが、100%ボーナスの方は期限も無制限となるので時間にせかされることもないので安心して利用していくことができます。

加えて気をつけなければならないこととして、この100%ボーナスはFBSの会員エリアのボーナスリクエストページ、またはメールで改めて申請しない限り付与されませんので注意しましょう。

セルフリベートについても触れられていますが、これについては経由したIB業者によりけりですので、ここで総括することはできませんので、それぞれが確認する必要が出てくるでしょう。

そしてFBSの100%ボーナスは他の業者のように海外FXキャンペーンで実施しているのではなく、常時開設なのも好感が持てます。

・FBS123ボーナス

FBSの123ボーナスについて

123ボーナスについては口コミにあるように確かに登録から1週間後に消失し、それを使って保有していたポジションについては強制決済となり、その後マイクロ口座に自動変更となります。

このように123ボーナスは期間が非常に短いため、お試し取引的な感じで試すといった使い方が無難となるでしょう。

123ボーナスの出金に関しても口コミの通り「取引lot数×3ドル」の利益分のみ引き出し可能となります。

例えば50ロット分の儲けを出したとしたら150USDを引き出すことが可能となります。

さらに、すぐに引き出し可能な訳ではなく、各月の最初の日のみ可能となります。

それでもタダで123USD分の取引となるのは非常にお得なので是非とも試してみるべきでしょう。

FBS公式サイトはコチラ→
FBS

FBSの出金に関する口コミ

FBSの出金について

「海外FX出金」にまつわる問題は地味ですが、海外FX口座開設を検討する上で非常に重要な要素となるでしょう。

FBSに関しては口コミにもあるように問題なく、そして即時に出金できるようです。

ただし公式では5-7営業日かかるとしているので、ひとまずそこを目安に考えておくといいでしょう。

さらに、ここで触れられている通り、FBSの一つのメリットとも言えるボーナスに関しても出金後減ることはないので、同じボーナスを売りにしているXMと比べても優れたボーナスと出金制度ということができるでしょう。

ちなみに出金方法としては入金方法と同じく海外銀行送金、クレジットカード入金、国際決済サービスの3種類が両可能となります。

手数料としてはクレジットカードの場合どの口座でもRegularPay経由で手数料3.2%+0.25ユーロかかります。

国際決済サービスのPerfectMoneyの場合は0.5%、WebMoneyの場合は0.8%かかります。

海外送金の場合はFBS側からは手数料は発生しませんが、銀行側から3,000円ほどの手数料が差し引かれると見ておいた方がいいでしょう。

FBSのレバレッジに関する口コミ

FBSのレバレッジに関して

「ボーナスをもらうとレバレッジが下がる」ということですが、その通りで、ボーナス口座では最大レバレッジが500倍となります。

なのでボーナスをとるか、ハイレバレッジをとるか悩みどころではありますが、使える資金の少ない初心者トレーダーの方はボーナスを使える口座を選択した方が、リスクが少なくお得に取引できるかもしれません。

しかし「とにかくハイレバレッジ」という投資家の方はボーナス口座は避けておいた方がいいかもしれません。

しかし最低でも500倍というのは個人的に十分高いと思います。

遅延が問題という評価がこの口コミでなされています。確かにこのようなFBSへの口コミは多く確認できます。

しかし、上にも述べたようにFBSの約定力は高く、スピードも非常に早いと言えるので、トレーダーご自身のトレード環境を確かめた方がいいかもしれません。

FBSの約定に関する口コミ

FBS約定

FBSの約定滑りについてですが、公式サイトでの公表値では「95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行」とされており約定スピードは早いと言えるでしょう。

しかし確かに、海外FX情報サイトでそのような口コミが多いということは実際にそのようなことが起きているかもしれません。

もちろん正確なことは業者以外誰にもわかりませんが、もし本当に海外FX取引において「約定力」のみを最重要視するのなら、AXIORY、LAND-FX、TitanFXなど約定力に本当に力を入れている海外FX口座に目星をつけた方が無難なのかもしれません。

日本語対応は国内FX業者のように純正の日本人スタッフではないですが、日本語対応自体はしてもらえるので、ある程度の安心感はあります。

FBSのタイムラグに関する口コミ

FBSのタイムラグに関する口コミ

FBSのタイムラグについては口コミでよく問題視されていますが、約定力という観点でみればほとんど問題ないということがいえるでしょう。

もしかしたら、お使いのPCの負荷がかかりすぎていたり、ネット環境の問題というのもありえるかもしれません。

上にも述べた海外FXツールのMT4はRAMを大きく消費するプログラムなのでお使いのPCで一度に多くのプログラムを動かしていると、動作が遅くなりタイムラグにつながります。

またPCのメモリやICチップの性能を上げ処理速度を上げることも速度改善につながるでしょう。

MT4で別のIPアドレスを探しサーバーの接続速度を改善することもできます。

スプレッドに関しては上に述べた通り、極狭とは言えないもののだいたい「合格レベル」ということがいえるのではないでしょうか。

FBSのユーロ円についての口コミ

FBSのユーロ円

FBSでのユーロ円の通貨ペアが異様に狭いということですが、それぞれのFBS口座でのユーロ円の平均スプレッドを見てみると、セント口座、スタンダード口座が2.00pips、マイクロ口座が3.00pips、アンリミテッド口座が2.30pipsとなっています。

同じボーナスを提供している海外FX業者のXMは2.7pipsやiFOREXが1.8pipsとなっているところをみると確かに狭いとは言えますが、飛び抜けて低いとまでは言えないでしょう。

約定が遅く、利確が1.5秒かかるということですが、荒れ相場時に注文するなどして、たまたま95%から漏れてしまったのかもしれません。

もしくはトレーダー自身の取引環境に何か問題があったのかもしれません。

ひとまず、公式サイトでの公表値では「95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行」とされています。

しかし約定滑りの口コミも多いことは確かなので、この点はFBS口座開設の際に頭に入れていく必要があるでしょう。

FBSを使う理由について

FBSを使う理由

この口コミではFBSを使う理由について3000倍のみという答えが出されていますが、確かにそれが最大の特徴であり、最大レバレッジは海外FX利用におけるメリットでもあります。

取引方法として「3000倍をフルに使って一発当てる」というものであるならば、それのみを目的にFBSの口座開設を申請するのも一つの手といえるでしょう。

加えてボーナスも他の業者を凌駕する勢いの充実ぶりで、この点でみても現在FBSの新規口座開設をする意味はあると言えます。

その他、海外FXサービスの質も良く、例えば世界120か国、600万人を超えるトレーダーが口座を開設し、親会社がキプロス証券取引委員会(CySEC)、ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)の金融ライセンスを取得し、そして無料預金保険もしており、95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行、リクオートや約定拒否、追証もなし、分別管理もちゃんとしているという要素はFXに安心を求めるFXトレーダーの要求に十分に答えるものとなっているでしょう。

FBSの口コミ評判をみてわかったこと

以上が、FBSに関する口コミをピックアップした結果です。

その口コミの内容がどんなものがあったのか、統計を取ってみると下記グラフのようなイメージになります。

FBS口コミ統計

FBSは、他の海外FX業者と比べてボーナスが魅力的という意見が多かったです。

スプレッドの狭さにも定評があります。

その一方で、約定力の弱さへの不満の口コミが多かったです。

ボーナスとスプレッドへの評判いいだけに、肝心のトレードへの影響もある約定力に不安があるとちょっとFBSを使うのはオススメできないかもしれません。

これらを踏まえて、FBSを利用するかを検討してみてください。

あわせて読みたい

 

FBS公式サイトはコチラ→
FBS

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*