XMで1万円から稼いで資産を増やすトレード手法

XM1万円

ハイレバレッジの口座というのは、国内の店頭FXなどで25倍で売買するのとは比較にならないほど早く資産を増やすことができる魔法の口座ともいえます。

888倍というハイレバを利用できるXMであれば、1万円といえば足元のドル円のレート107円程度なら最大8万通貨ペアまで売買ができる規模の取引が可能ですから、25倍のレバレッジならばざっと34万~35万程度の証拠金をもった売買が可能になるのです。

これは確かにうまくやれば、非常に短期間に利益を上乗せすることできることになります。

しかし含み損を抱え始めると、25倍であろうが888倍であろうが1万通貨のドル円が1円想定した相場の動きと反対に動けば、1万円があっという間になくなる勘定ですから、含み損を放置しておけば証拠金はすぐに消滅してゲームオーバーになってしまいます。

このハイレバ、とりわけ888倍というレバレッジの特別な取引環境をよく理解して売買しないと、何度1万円を投入してもまったく資産を増やすことはできません。

888倍のレバレッジの威力

というわけで具体的に、

XMの口座を利用して、確実に資金を増やす方法についてご紹介していくことにします。

XM利用歴8年の私が、実際に稼いでいるトレード手法にもなるので、賛否両論あると思いますが、少しでも参考になれば幸いです。

あわせて読みたい

XMの公式サイトはコチラ⇒

■888倍という取引環境になれる必要あり

まず、888倍がどの位の威力をもった口座なのかについては、現金でいきなり1万円を投入する前にデモ口座で似たような資金環境で売買をしてみることがお勧めになります。

ドル円の1000通貨単位なら120円、1万通貨単位でも1200円ほどで取引きができるわけですから、1万円の原資は決して少ないものではありませんが、とはいえ相当な注意を払わないとすぐに証拠金は消えてなくなります。

デモ口座で一定の感覚がつかめるまで、売買の練習をしておくことは必須になります。

デモ口座で練習の必要性

いきなりリアルな資金を投入して、ぶっつけ本番でデビューするのはかなり危険です。

XM公式のデモ口座ページ⇒
XMデモ口座登録画面

■資金に見合ったポジション数で勝負

1万円を10万円にするまでは、相当慎重に売買をすることが必要ですし、限られた証拠金で売買できるポジション量も通常の25倍取引などよりかなり限定して行うことが重要になります。

個人的な経験でいえば、1万円ならドル円1万通貨までで始めるのが順当な取引ボリュームですし、

そして1万通貨を一回に売買するのではなく、1000通貨を10本に分けて分散型の投資を行うことが重要になります。

オススメ通貨単位

他人が見れば、まるでナンピンをかけているか、一人でトラリピを仕込んでいるかのように見えるかもしれませんが、それぐらい分散して売買することがハイレバでは成功のカギになるのです。

とりわけ初期の少ない投資資金を徐々に増やしていく時間帯には、こうしたやり方が不可欠です。

■最良の方法はスキャルピングで長時間ポジションをもたない

当時私がXMで少ない投資資金のときに、どうしたら安全に売買ができるか、かなり色々な売買法を試してみました。

その結果、スキャルピングが最大の効率的な投資方法ですし、10万円の資金になるまではとにかく愚直なほど1000通貨をベースにした取引を行うことがお勧めとなります。

まずこれを実現するためには、最初からMT4に改造を加える必要があります。

XMのMT4の設定

ご覧いただいているのは、私が使っているMT4のドル円チャートです。

まずスキャルピングに対応させるために、左上にはワンクリックボタンを表示させます。

これはXMのMT4には実装済みですから、表示だけクリックすれはご覧のような状況に簡単に設定が可能です。

つぎに1000通貨単位×10件、最大1万通貨から勝負をするために、EAで無償で配布されている「ワンクリッククローズのボタン」を設置します。

これは国内業者では独自のツールで、どこでも複数ポジションの一括決済ができるようになっているのですが、MT4にはそうした機能がありませんからあえてEAを導入して後付で改造を施すことになります。

さらに複数のポジションの平均コストがいくらなのかを表示させる、Vie Posiion info custom」というソフトもインストールしておきます。

これなら同じ通貨ペアの保有ポジションのコストが売りでも買いでも瞬時に現れますから、複数のポジションをいくらで決済すれば利益がでるのかが瞬時にわかります。

スキャルピングを行うならば、この3点は必ず設定&インストールして売買できる体制を整える必要があります。

MT4のカスタムの解説

XM公式のMT4プラットフォームはこちら⇒
XMのMT4とMT5

■とにかく損失を抱えないこと

ご覧の一覧は、1万円の証拠金をXMの口座に投入してからの初期の動きとなります。

1万円の証拠金をXM

1万円投入しますと、2000円がボーナスとして支給されますから、実際に売買できるのは1万2000円となります。

しかし2000円はおまけ程度に考えて、あくまで1万円の証拠金で勝負していると言い聞かせて売買しなくてはなりません。

また初回しか資金を投入しない場合、ここからのボーナスは売買をしたポイントボーナス(取引きボーナス)が支給されることになります。

(※XMのボーナスシステムについての解説記事一覧はコチラ→

 

上記画像の取引きでは、1時間足でエントリーポイントを見ていました。

最初はビビりながら売買しているせいもあって、エントリーポイントが的確ではなく、しかも長く保有しているとみるみる含み損を抱えることになるので、ポジションをとってはすぐに切るの繰り返しを行っていたことが履歴からお分かりいただけると思います。

損失がでると神経質になりすぎて、損切ばかりしていたのが初期段階では目立ちました。

そこですっかり気分をを変えて、最初から1分足でエントリーする方法にやり方を変えてみました。

しかもワンクリック決済やら、平均金額の表示やらで、非常にチャートが見にくい状況であるため、国内業者の1分足チャートも並行して見ながら売買する方向に思い切って変えてみることにしました。

RSI、標準偏差を並行して見られるようにセット

ここに表示されているのは、楽天証券のマーケットスピードFXの1分足に、ボリンジャーバンドの±3σまで表示させオシレータ系としてRSI、標準偏差を並行して見られるようにセットしたものです。

もちろんMT4でもこうしたチャートは実装済みで表示可能ですが、個人的な志向としてMT4のチャートは今一つ厳密感がないため、ボリンジャーバンドは表示していますが、実際の売買ポイントは上のチャートを使ってトレーど行うようにしています。

これはまさに個別のトレーダーの癖ですから真似する必要はありませんが、私の場合にはこれで売買するのが鉄板の手法となっています。

(国内のFX業者が提供しているサービスの有効活用法については別記事で紹介していますので、お時間あればそちらもご覧ください。↓)

海外FXトレードで稼ぐために国内FX業者のサービスを利用する

ボリンジャーバンドの傾きや広がりは、相場の方向感や強さを表していますので、これがまずエントリーを考えるうえでのベースポジションとなります。

ただ、当たり前の話ですが1分足を見ていると言っても事前に週足、日足、1時間足とチェックして相場の方向性や上下の抵抗線とサポートラインについては十分に理解して売買しています。

取引きの方法としては、

RSIを見ながら1分足での底と上限をチェックし、

標準偏差が上がり始めるところは順張りでついていき、

逆に標準偏差がピークでRSIが天井か底についているときは、逆張りでエントリーするように心がけました。

【参考例1】

エントリーポイント参考例

 

【参考例2】

エントリーポイント例2

※画像の解説

(過去の1分足のチャートは表示ができないので、楽天で5分足のチャートにエントリーもしくはエグジットポイントをつけてみました。本当は1分足でやっているのですが、ボリバンの±2σが近づいたときにRSIの位置をみて、当座の再上昇か再下落のポイントなのかを判断します。
さらにその相場にどれだけ勢いがあるのかを並行して確かめるために、標準偏差が上がり始めているのか、ピークアウトで垂れてきているかで、そこから先の勢いを確認しています。
〇をつけているのはNFPの前の相場で実はあまりいいタイミングではありませんが、この時間帯しか出ないのであえてここで〇をつけています。
1分足というのはどこの業者でも過去のものが表示されるのは限定的です。MT4には一定の再現性がありますが、精密にチャートを見るのにはそぐわないです。過去のチャートを見る場合は、あえて国内業者それも標準偏差がでる楽天かM2Jを利用するのがいいと思います。)

 

このやり方をすることで、1トレードあたりの利益もかなりしっかりとることができるようになりました。

また1000通貨単位を最大10本まで保有して一括決済するようにして、1回の決済あたりの利益をだんだんと伸ばしていくことに成功していったのです。

ここで重要なのは、間違ってエントリーしたと思ったらとにかく躊躇なく一旦損切して、またエントリーしなおすということです。

日本の個人投資家は損切ができないことで有名ですが、888倍のレバレッジ環境で生き残るためには、気持ちを切り替えて考え方を改めることが必要です。

取引きが慣れてきますと、1000通貨でも1回あたりの利益がどんどん大きくなりますので、1万通貨のボリュームで1回のまとまった売買で1000円から2000円ぐらいとれるようになってきます。

そして、1日で1万円稼ぐのも本当に簡単にできるようになってきます。

XMで1万円を増やす手法

ただ、FXの勝率100パーセントはありませんから、たまたま売買している最中にいきなりセンチメントが変わるようなことがあれば、損切だけして利益を減らす日もあることは覚悟しておかなくてはなりません。

1日1万円稼げれば、20日で20万円などという単純な皮算用は誰でもするものですが、計画通りにいかないのがFX取引です。

話半分で、1ヶ月で1万円が10万円以上に増やせたらかなりよくやれたと思うほうが気が楽になります。

なんだこれがXM取引の極意かと思われる方も多いと思いますが、1万通貨で一か八かの1回の取引をするよりも、1000通貨に分けてベストチャンスを狙って平均価格で利益を確保するほうがかなり安全な方法となることは間違いありません。

■証拠金が10万円を超えたら同じ手法を今度は1万通貨単位で行う

ここまでやって、1万円が10万円になってきたらスケールを変えてみることになります。

これまで1万通貨分を最大として1000通貨×10本だった取引を、1万通貨×最大10本へと増やしていくことになります。

本来は5万円ぐらいの証拠金になった時点からはじめてもいいのですが、安全策でたっぷり資金が手に入ってから大きな売買へとシフトするのが手堅い方法になります。

これまで1万通貨の取引で1日1万円以上稼ぐことができた人は、このスケールアップで本当に1日10万円以上の利益を確保することができるようになります。

売買方法は全く同じで、一回の投資金が10倍になるわけですから当たり前の話で、ここからは利益はうなぎのぼりになってくることが期待されます。

利益は加速する

もちろん1日10万円と思っても、そうはならない日も当然でてきますから、1ヶ月100万円に到達できたら上出来といっていいでしょう。

XMは口座の資金が200万円を超えますといきなりレバレッジが200倍に下がりますから、この程度の証拠金で1日の利益を増やしていき、順次出金しながらいつもだいたい同じぐらいの証拠金で勝負する習慣をつけていくことが重要になります。

(※XMのレバレッジに関する記事→

(※XMの出金方法の解説→

もちろん証拠金を蓄積させて、200倍のレバレッジでもさらに大きな金額にしていくという方法も考えられますが、FX口座は何がおきるかわからないものですから、どれだけ信頼がおける会社であってもあまり1つの業者に資金を集中させないのが重要ではないかと考えています。

このハイレバレッジで、10万円を20万円にするのは1万円を2万円にするよりはるかに早く楽にできます。

さらに100万円を200万円にするのは、もっと楽になります。

FXで資金を増やす難易度

それだけ証拠金が大きいということは、利益機会が大きくなるという点はよく理解しておかれるといいのではないでしょうか。

相場の状況に慣れてくれば利益が出せると思った状況では、あえてスキャルピングではなくデイトレ的に少し長時間ポジションを持つこともできるようになります。

こうなると1回の取引だけで、1万円近い利益を稼ぎだすことができるようになるのです。

あくまで相場の状況を見ながら、臨機応変にルールを変えてみるというのも一つの方法となります。

■XMならゼロカットシステムで証拠金以上の損失は生まれない

XMをはじめとする海外FX業者は、ゼロカットシステムを導入していますから、最初にまず投資に失敗しても投入した1万円以上の損失は一切発生しないのが大きな魅力です。

(※ゼロカットシステムについての解説⇒

ある意味では、国内業者にまとまった資金を投入して失敗するよりも、かなり気が楽で安全な投資法ともいえるのです。

XMなら口座開設もネット上で簡単にできますし、入金に関しては国内業者と同じぐらい簡便に、しかもリアルタイム入金ができますので、海外業者だからというストレスは一切ありません。

XMのゼロカットシステムはギャンブル的トレードに有効か?

■まとめとして

ここでご紹介したのはずいぶんと愚直な投資手法になりますが、実はこうした地道な売買が安全に利益を生み出すことになるのです。

もちろん一発逆転で、いきなり1万通貨以上の取引きをすることで1回で1万を倍にするという方法もあるのでしょう。

しかりここでご紹介している方法は、本当に同じように真似のできる手法となりますから特別な腕もいらないのが特徴です。

スキャルピングには、そもそもファンダメンタルズも大きなトレンドも必要ありません。

 

重要なのは、ひとつのペースをつかんで同じ金額で投資をしていくということです。

 

もちろん毎日増える原資にあわせて投資可能額を増やす方法もありますが、一定のペースをもって売買したほうが勝った日も負けた日も安定して取引できるようになるものです。

繰り返しになりますが、一番最初の資金を増やすことが一番難しいです。

そこを超えれば楽に資金が増やせるということを念頭に、最初の壁をあきらめずに乗り越えてもらいたいものです。

最初のその壁こそが一番高いんだ、ということを初心者の方は理解せずに始めるので、結局あきらめてFXで稼げずに終わってしまうものです。

これらを参考に、ぜひご自身でも1万円を確実に増やしていくトレードを身に付けてみてください。

あわせて読みたい

【XM公式サイト】⇒

【XM公式サイトの各ページ】

・XM会員ログイン画面⇒

・XMのMT4インストール⇒

・XMのデモ口座開設⇒

・XMのボーナスキャンペーン⇒

・XMのFXウェビナー⇒

・XMの使い方の解説の動画⇒

 

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメント

  1. rara より:

    こんにちは。1万円からお金を増やしていく方法を調べていたところ、こちらのサイトにたどり着きました。

    質問ですが、取引方法を読ませていただいたのですが、ちょっと意味がわかりません・・・。RSIの底と上限とはどういった見方なのでしょうか?さらには標準偏差が上がりはじめたら順張りなどの意味もよくわかりません・・。すみません。FX初心者ではないのですが、ネットで調べてもうまくわからなくて。

    もしよろしければ、具体例を出していただけないでしょうか?お金を最短で増やしたいと思っているので、海外FXキラー様の取引方法を真似して練習したいと思っています。

    よろしくお願いいたします。

    1. 海外FXキラー より:

      raraさん、コメントありがとうございます。
      こちら、新たな画像を、記事内の該当箇所の文章下に追加しておきました。
      参考になれば幸いです。

      また、コメントへの返答ですが長くなりますが、こちらに追記しておきます。

      「スキャルピングをどう成功させるか?」

      ハイレバレッジの取引きとは関係なく、スキャルピングをどのタイミングでエントリーして成功率を高めるかは短期売買をするトレーダー皆が抱える問題です。
      多くの日本人個人投資家は、ボリンジャーバンドを利用して±2σないし3σで逆張りを行うケースが多いと思います。
      しかしながら、1分足や5分足のボリンジャーバンドで逆張りとしていますと、流れが変わって大きく上昇したり下落したりしたときにすっかり巻き込まれて、損切を余儀なくさせられることもおおくなります。
      まして本邦の個人投資家は、間違ってエントリーしても損切をせずに相場が元に戻るのをじっくり待つといったとんでもない売買手法を延々と行っています。
      これでは儲かるはずはありません。
      したがってもっとボリバンでの売買の成功率を高めるために、オシレータ系と呼ばれるチャートを利用するのが効果的になるのです。

      【RSIとは】
      RSIは、ある一定の期間の中での上昇幅や下落幅を基に、買われすぎ、売られすぎを判断します。
      したがって、ある一定の幅の中で相場が上がったり下がったりを繰り返す、「もち合い」時などに力を発揮します。
      逆に、相場が大きな上昇や下降を続けている時(大きなトレンドがあるとき)は、逆にダマシになりやすいものです。
      これをさらに補正するために標準偏差を利用することになるのです。

      【標準偏差とは】
      標準偏差は、オシレーター系の指標であることは間違いありませんが、売買タイミングを知らせるものではありません。
      他の指標と組み合わせて投資判断する際に利用するものです。この標準偏差が下のほうから徐々に上がろうとするときにはトレンドの強さを示していますので一気に上昇をはじめるときにはかなり相場が上昇したり下落したりする勢いが強いことを示しているわけです。
      逆にピークアウトして垂れてくると相場は上昇していても下落していてもそれ以上は進まない可能性を示唆していることになります。

      この3つのチャートを読みこなすためにはずっとチャートを見続けて、どういうときにチャートがどのような形状になるのかを身をもって理解できるようにならなくてはなりません。
      人によってはRSIではなく、MACDでそれを読み取ることができる人もいますし、さまざまです。
      重要なのは、「自分の判断だけでこうした情報を読み取り使いこなせる」ことです。
      こうなったらエントリーするという典型的なことはご説明できますが、それだけではスキャルピングでは勝てません。
      初心者で何もわからないならば、まずは実取引は控えて、こうしたチャートを最低一週間は見続けてみてください。
      そうすると、どこがエントリーポイントなのかがだんだんと理解できるようになります。

      もうひとつ念には念をいれるならそれをもとにデモ取引をして利益が出せるか検証してみることです。
      ぜひXMのデモ口座を開設してトライしてみてください。
      まずはこの3つのチャートの特徴と使い方をよく勉強してみてください。
      それが確実な解決法になると思います。よろしくお願いします。

  2. rara より:

    お返事ありがとうございました!さらには、こんなに詳しく教えていただいて、とてもありがたいです。

    RSIは使ったことはあるのですが、標準偏差は初めてだったことや、1分足のスキャルピングについては、考えたことがなかったので、こういうやり方であれば、少額からお金を増やしていけるのだなあと思いました。

    やはり、15年もの間FXなどで生計を立てられている方は、考え方がシンプルで、でも職人のようにコツコツと練習をされているんだなあと感心しました。

    ちょっと慣れが必要な気がしますが、確かに再現できそうですね!まずはデモで練習してみたいと思います。

    丁寧に、分かりやすく教えていただき、本当にありがとうございました!
    これからも、ブログを参考にさせていただきます。

コメントを残す

*