XMで1万円から稼いで資産を増やすトレード手法

XM1万円

 

海外FXのハイレバレッジ口座は、

国内の25倍レバレッジFXとは比較にならないほどの早さで資産を増やすことができる魔法の口座です。

 

例えば、XMという海外FX口座を利用すれば、

888倍という驚異のハイレバレッジを利用することができます。

 

国内の業者 (レバレッジ25倍) で同じ取引をしようとした場合、

35万円もの元手が必要になってしまいます。

しかし、888倍のレバレッジを使えば、

元手たったの1万円で約900万円分 (8万通貨)もの取引をすることができるのです。

 

つまり、このハイレバレッジを賢く利用することができれば、

短期間で大きな利益を得ることができるのです。

 

しかし、その反面、損失も大きくなるため、

ほんの少し予想と反対に動くだけで、

あっという間に証拠金がなくなってしまうというリスクもあります。

 

そのため、このハイレバレッジという特別な環境を十分に理解して挑まない限り、

何度 1 万円を投入しても、資産を増やすことはできません。

 

 

888倍のレバレッジの威力

 

そこで、今回は、

XM 利用歴 8 年の私から、

「ハイレバレッジを利用して確実に資金を増やすトレード手法」

を紹介させていただきます。

ノミ太
確実に勝ちたいです。
海外FXキラー
XMを使って資産を増やしていきましょう。

 

これから FX を始める方、

今まで勝てなかった方、

この記事を参考にして頂けたら幸いです。

 

あわせて読みたい関連記事

XMの公式サイトはコチラ⇒

■デモ口座で 888 倍に慣れる

デモ口座で練習の必要性

 

いきなり現金 1 万円を投入する前に、

まずはデモ口座の同環境で、 888 倍のレバレッジの威力を体感してみることをおすすめします。

 

1 万円の証拠金は少なくはありませんが、

それでも注意を払わないとあっという間に無くなってしまいます。

 

初めからリアルマネーで取引に挑むことだけは避け、

必ずデモ口座の取引を体験して、

一定の感覚を掴む練習をするようにしましょう。

ノミ太
やっぱ最初はデモ口座ね。
海外FXキラー
デモ口座で、トレード環境に慣れておきましょう。

 

XM公式のデモ口座ページ⇒
XMデモ口座登録画面

■資金コントロールのコツ

 

1 万円を 10 万円まで増やすまでは、慎重な資金コントロールを求めれられます。

私の経験では、

証拠金 1 万円に対して、ドル円 1 万通貨 (最高 25 倍)

くらいの取引ボリュームが適切と考えています。

エントリーは必ず分散させる

オススメ通貨単位

 

1 番のポイントは、

1 万通貨を 1 回で売買するのではなく、

1,000 通貨 × 10 回の分散投資とすることです。

 

ナンピンやトラリピのように見えるかもしれませんが、

そのくらい分散することが、

ハイレバレッジ取引成功のカギとなるのです。

 

特に、少ない証拠金を徐々に増やしていく初期段階では、

このような分散取引は必要不可欠です。

ノミ太
分散取引きが重要か。
海外FXキラー
手間ですが、それくらいの慎重さが大切です。

 

エントリーは分散、決済は一括

エントリーは 1,000 通貨を 10 回に分けて行いますが、

決済は一括で行うようにし、

平均ベースで利益がでるようにします。

 

たとえば、

 

110.01 円で 1,000 通貨

109.98 円で 1,000 通貨

109.97 円で 1,000 通貨

 

といったように、

10 回に分割してエントリーすることで、

平均コストを下げ、

より確実に利益を上げることができるよう工夫しています。

ノミ太
入口は複数で、出口は1個ね。
海外FXキラー
こちらも慣れることが大切です。

 

■最良の方法 = スキャルピング

私が少ない証拠金で XM での取引を始めた頃、

「どうしたら安全に売買ができるか」

と試行錯誤し、

様々な取引手法を試してみました。

 

その結論は、

・スキャルピングが最も効率的

・1 万円 → 10 万円となるまでは、1,000 通貨 をベースにした取引を徹底する

の 2 点に尽きます。

■XMでスキャルピングするための準備

 

私の取引手法で XM 口座でスキャルピングするためには、

事前準備として、以下 3 点の MT4 の設定をする必要があります。

 

・ワンクリックボタン

・ワンクリッククローズボタン

・ViewPositionInfoCustom

ノミ太
初期設定があるのか。
海外FXキラー
これをしておくと、後々のトレードに差がついてきます。

 

ワンクリックボタン

XMのMT4の設定

 

上記は、私が使っている MT4 のドル円チャートです。

まずスキャルピングしやすいよう、

左上にワンクリックボタンを表示させます。

 

ワンクリックボタンは、

XM の MT4 の標準機能ですので、

設定画面で表示設定するだけで利用できるようになります。

 

ワンクリッククローズボタン

MT4 では一括決済機能が標準で備わっていないため、

EA から無償配布されているワンクリッククローズボタンを設置します。

 

ViewPositionInfoCustom

複数回に分けて購入したポジションの平均コストを表示するため、

ViewPositionInfoCustomというソフトをインストールします。

 

これで、保有ポジションの平均コストが表示されるようになるため、

複数回に分けて購入したポジションをまとめて決済した際の利益が分かるようになります。

MT4のカスタムの解説

ノミ太
これでやっとトレード開始できる。
海外FXキラー
そうですね、では実際にトレードしていきましょう。

 

XM公式のMT4プラットフォームはこちら⇒
XMのMT4とMT5

■XMで 1 万円を 10 万円に増やす取引手法

 

1万円の証拠金をXM

 

具体的な取引手法を見ていきましょう。

上記は、XM 口座 に 1 万円入金してからの取引履歴です。

 

XM は入金ボーナスがあるため、

実際の証拠金は 12,000 円になります。

 

しかし、ボーナスの 2,000 円はあくまでおまけです。

1 万円の証拠金で勝負している意識を忘れないようにしましょう。

 

また初回しか資金を投入しない場合、

ここからのボーナスは売買をしたポイントボーナス(取引きボーナス)が支給されることになります。

(※XMのボーナスシステムについての解説記事一覧はコチラ→

 

エントリーポイント

上記画像の取引きでは、

1時間足でエントリーポイントを見ていました。

 

最初は躊躇しながら売買しているせいもあり、

エントリーポイントが的確ではありません。

 

また、長く保有していると含み損が膨らむ恐れがあるため、

エントリーしてはすぐに決済を繰り返しています。

 

開始直後は神経質になりすぎたせいか、

損切ばかりしているのが目立ちます。

 

そこで気分を変え、

1分足でのエントリーに切り替えました。

 

また、

 

・ワンクリック決済

・平均金額の表示

 

などのせいで、MT4チャートが非常に見づらくなっていたため、

国内業者の1分足チャートも併用することにしました。

ノミ太
国内業者のサービスも活用するのか。
海外FXキラー
楽天のチャート機能は、とてもオススメです。

 

RSI、標準偏差を並行して見られるようにセット

上記は楽天証券のマーケットスピードFX1分足チャートです。

 

エントリー判断の指標として、

 

・ボリンジャーバンド±3σ

RSI

・標準偏差

 

を表示しています。

 

MT4でもこれらの指標は表示することができますが、

MT4のチャートは今一つ正確性に乏しいため、

エントリーポイントの判断には、

マーケットスピードのチャートを利用しています。

ノミ太
MT4のチャートよりも見やすいんだね。
海外FXキラー
一度見てもらえれば、良さがわかるかと思います。

 

楽天証券のマーケットスピード公式サイト⇒

 

MT4だけで済ませるか、

MT4とマーケットスピードを併用するか。

 

これは、トレーダー個人の好みですので、

必ずしも真似する必要はありませんが、

私は後者のMT4 & マーケットスピード併用パターンが鉄板となっています。

 

※国内のFX業者が提供しているサービスの有効活用法については別記事で紹介していますので、お時間あればそちらもご覧ください。↓

海外FXトレードで稼ぐために国内FX業者のサービスを利用する

 

ボリンジャーバンドの傾きや広がりは、

相場の方向感や強さを表しており、

これらはエントリーを考えるうえでのベースポジションとなってきます。

あくまでエントリーの基準は1分足がメインですが、

週足、日足、1時間足なども事前にチェックしておき、

 

・相場の方向性

・上下の抵抗線

・サポートライン

 

については十分に把握しておくことを忘れないようにしましょう。

 

取引のポイント

RSIを見ながら、1分足の底と上限をチェック

・標準偏差が上がり始めるところは順張りでついていく

・逆に標準偏差がピークで、RSIが天井か底についているときは、逆張りでエントリー

 

 

【参考例1】

エントリーポイント参考例

 

【参考例2】

エントリーポイント例2

 

画像の解説

楽天マーケットスピードの5分足チャートにエントリー・エグジットポイントをつけています。

実際の取引は1分足で行なっています。

(過去の1分足のチャートは表示ができないため)

 

ボリンジャーバンドの±2σに近づいたときのRSIの位置をみて、

当座の再上昇か再下落のポイントなのかを判断しています。

 

さらに、標準偏差を併せてチェックし、

 

・上がり始めているのか

・ピークアウトで垂れてきているか

 

で、そこから先の勢いを確認しています。

 

〇をつけているのはNFPの前の相場で実はあまりいいタイミングではありませんが、

この時間帯しか出ないので、あえてここで〇をつけています。

 

この取引手法をしっかりとこなすことで、

1トレードあたり確実に利益取れるようになってきました。

 

そして、

1000通貨を最大10本まで保有し、

それを一括決済するようにすることで、

1回あたりの利益を増やすことに成功していきました。

 

ここで重要なポイントは、

「間違ってエントリーしたと思ったら、躊躇なく損切し、またエントリーし直す」

ということです。

ノミ太
損切りが大切ってわかってるけど、難しいな。
海外FXキラー
勝てるトレーダーは損切りがうまいのです。

 

個人投資家は損切できないことで有名ですが、

888倍のハイレバレッジ環境で生き残るためには、

考えを改め迷わず損切できるようになる必要があります。

 

そして、取引に慣れてくると、

1,000通貨単位の取引にも関わらず、

1回の決済で1,000円 〜 2000円の利益に、

更には、1 日で 万円稼ぐことすら容易になってきます。

 

XMで1万円を増やす手法

 

ただし、FXで100 % の勝率はありえません。

 

売買している最中に突然悪材料が紛れ込むことや、

損切だけで終わる日もあるということを、

覚悟しておく必要があります。

 

1 日 1 万円稼げれば 20 日で 20 万円・・・、

単純な皮算用は誰でもできますが、

計画通りにいかないのが FXです。

 

ここはいっそ、気張らずに

「1 ヶ月で 1 万円 が 10 万円にまで増えたら上出来だろう」

と気楽に挑む程度がよいのではないでしょうか。

 

「なんだこれが XM 取引の極意か」

と思われる方も多いかと思います。

 

しかし、1 万通貨で一か八かの 1 回の取引をするよりも、

 

・1,000通貨に分け

・ベストチャンスを狙い

・平均価格で利益を確保する

 

極シンプルですが、この手法が安全なことは間違いありません。

ノミ太
シンプルに考えればいいのか。
海外FXキラー
何事もシンプルな事を、淡々とできるかが勝敗の別れ目です。

 

■資金が増えたら、取引規模をスケールアップ

利益は加速する

 

1 万円が 10 万円になったらスケールを変えていきます。

 

1,000 通貨× 10 本だった取引を、

1 万通貨× 10 本へと増やします。

 

5 万円程度の証拠金でも可能ですが、

手堅く行くならば、

潤沢な資金が手に入ってから、

より大きな売買へとシフトしましょう。

 

ここまで 1,000 通貨 × 10 本の取引で 1 日 1 万円以上稼ぐことができるようになった人は、

スケールアップすることで 1 日の利益が 10 万円にまで跳ね上がります。

 

売買方法はこれまで全く同じで、

1 回の投資金が 10 倍になるだけです。

ノミ太
1日10万円も稼げたら夢のようだなぁ。
海外FXキラー
油断禁物です。

 

そして、ここから利益はうなぎのぼりになってくることが期待されます。

 

もちろん 1 日 10 万円といっても、

勝率が絶対 100 % にならないのが FX です。

当然負ける日もあります。

 

それをグッとこらえつつも、

1 ヶ月 100 万円に到達できたら上出来なのではないでしょうか。

 

XM 口座は証拠金が 200 万円を越えるとレバレッジ 200 倍まで下がることになります。

 

200 万円に至らない程度の証拠金で利益を増やしていき、

それを超えたら出金し、

常に 200 万円前後で取引していく習慣をつけていくことが重要です。

 

もちろん、200 万円以上の証拠金と 200 倍のレバレッジでさらに増やしていく方針でも問題ありませんが、

FX 口座は何が起きるかわかりませんので、

どんなに信用がある会社であろうとも、

1 つの口座に資金を集中させないよう注意しましょう。

 

(※XMのレバレッジに関する記事→

(※XMの出金方法の解説→

 

FXで資金を増やす難易度

 

1 万円を 2 万円にするよりも、

10 万円 を 20 万円 に増やす方がずっと簡単に実現できます。

 

そして更に、

100 万円を 200 万円にするのはもっと簡単なのではないでしょうか。

ノミ太
早くそのレベルのトレーダーになりたい。
海外FXキラー
もちろん可能ですので、根気よくトレードを続けていきましょう。

 

XM証拠金100万円で、毎月200万円を稼ぐトレード手法

証拠金が多くなると、

それだけ利益機会が増えてくるのです。

 

相場の状況に慣れてきて、

確実に利益がでるタイミング分かってきたら、

あえてスキャルピングではなく、

デイトレードやスイングトレード程度の期間でポジションを保持するにしてもよいでしょう。

 

このように、相場の様子を確認しながら、

臨機応変にルールを変えていくのも 1 つの方法です。

 

この頃になると、1 回の取引で 1万円近い利益を得られるようになっていることでしょう。

 

■XM のゼロカットシステムで証拠金以上の損失はなし!

 

XM をはじめとする海外FX業者は、

ゼロカットシステムを導入しています。

 

最初の 1 万円で失敗しても、

投入した1万円以上の損失は一切発生しないのが大きな魅力です。

ノミ太
国内FXにはないシステムだね。
海外FXキラー
ゼロカットシステムは海外FXの重要なメリットですね。

 

(※ゼロカットシステムについての解説⇒

 

国内業者で資金を投入して失敗するよりも、

かなり気楽で安全な投資法なのではないでしょうか。

 

XM なら、

 

・口座開設はネット手続きのみ

・国内業者と同じくらい簡単な入金手続き

・リアルタイム入金

 

という特徴があり、

海外業者だからといってストレスになる要素はありません。

 

XMのゼロカットシステムはギャンブル的トレードに有効か?

■まとめ

ここ紹介した取引手法はかなり愚直なものですが、

実はこうした地道な取引こそが、

安全で確実な利益に繋がるのです。

 

世の中には、最初から 1 万通貨以上の取引きをすることで、

たった 1 度の取引で 1 万円を倍にするような、

運要素の大きい一発逆転的な手法もあります。

 

しかし紹介している方法は、

誰でも真似ができる再現性のある手法ですので、

運はもちろん、特別なスキルや才能は不要です。

 

スキャルピングには、

ファンダメンタル分析もテクニカル分析も必要ありません。

 

重要なのは、

 

1 つのペースをつかんで同じ金額で投資をしていくこと

 

これだけです。

ノミ太
教わったことを丁寧に実践してみます。
海外FXキラー
何かわからないことがあれば、お気軽にご相談くださいね。

 

もちろん増えていく証拠金に合わせて取引量を増やしていく方法もありますが、

一定のペースを保って売買することで、

勝った日も負けた日も、安定して取引できるようになります。

 

繰り返しになりますが、

初めの 1 万円を増やすのが 1 番のハードルです。

 

「そこを超えさえすれば簡単に資金を増やすことができる」

ということを念頭に置いて、

最初の壁をあきらめずに乗り越えてください。

 

FX 初心者は、

「最初の壁こそが 1 番高い」

ということを理解せずに始めるので、

結局あきらめてしまい、

FX で稼げずに終わってしまうのです。

 

この記事を参考に、

ぜひご自身でも1万円を確実に増やしていくトレードを体感してみてください。

XM証拠金100万円で、毎月200万円を稼ぐトレード手法

【XM公式サイト】⇒

【XM公式サイトの各ページ】

・XM会員ログイン画面⇒

・XMのデモ口座開設⇒

・XMのボーナスキャンペーン⇒

・XMのMT4インストール⇒

・XMのFXウェビナー⇒

・XMの使い方の解説の動画⇒

あわせて読みたい

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメント

  1. rara より:

    こんにちは。1万円からお金を増やしていく方法を調べていたところ、こちらのサイトにたどり着きました。

    質問ですが、取引方法を読ませていただいたのですが、ちょっと意味がわかりません・・・。RSIの底と上限とはどういった見方なのでしょうか?さらには標準偏差が上がりはじめたら順張りなどの意味もよくわかりません・・。すみません。FX初心者ではないのですが、ネットで調べてもうまくわからなくて。

    もしよろしければ、具体例を出していただけないでしょうか?お金を最短で増やしたいと思っているので、海外FXキラー様の取引方法を真似して練習したいと思っています。

    よろしくお願いいたします。

    1. 海外FXキラー より:

      raraさん、コメントありがとうございます。
      こちら、新たな画像を、記事内の該当箇所の文章下に追加しておきました。
      参考になれば幸いです。

      また、コメントへの返答ですが長くなりますが、こちらに追記しておきます。

      「スキャルピングをどう成功させるか?」

      ハイレバレッジの取引きとは関係なく、スキャルピングをどのタイミングでエントリーして成功率を高めるかは短期売買をするトレーダー皆が抱える問題です。
      多くの日本人個人投資家は、ボリンジャーバンドを利用して±2σないし3σで逆張りを行うケースが多いと思います。
      しかしながら、1分足や5分足のボリンジャーバンドで逆張りとしていますと、流れが変わって大きく上昇したり下落したりしたときにすっかり巻き込まれて、損切を余儀なくさせられることもおおくなります。
      まして本邦の個人投資家は、間違ってエントリーしても損切をせずに相場が元に戻るのをじっくり待つといったとんでもない売買手法を延々と行っています。
      これでは儲かるはずはありません。
      したがってもっとボリバンでの売買の成功率を高めるために、オシレータ系と呼ばれるチャートを利用するのが効果的になるのです。

      【RSIとは】
      RSIは、ある一定の期間の中での上昇幅や下落幅を基に、買われすぎ、売られすぎを判断します。
      したがって、ある一定の幅の中で相場が上がったり下がったりを繰り返す、「もち合い」時などに力を発揮します。
      逆に、相場が大きな上昇や下降を続けている時(大きなトレンドがあるとき)は、逆にダマシになりやすいものです。
      これをさらに補正するために標準偏差を利用することになるのです。

      【標準偏差とは】
      標準偏差は、オシレーター系の指標であることは間違いありませんが、売買タイミングを知らせるものではありません。
      他の指標と組み合わせて投資判断する際に利用するものです。この標準偏差が下のほうから徐々に上がろうとするときにはトレンドの強さを示していますので一気に上昇をはじめるときにはかなり相場が上昇したり下落したりする勢いが強いことを示しているわけです。
      逆にピークアウトして垂れてくると相場は上昇していても下落していてもそれ以上は進まない可能性を示唆していることになります。

      この3つのチャートを読みこなすためにはずっとチャートを見続けて、どういうときにチャートがどのような形状になるのかを身をもって理解できるようにならなくてはなりません。
      人によってはRSIではなく、MACDでそれを読み取ることができる人もいますし、さまざまです。
      重要なのは、「自分の判断だけでこうした情報を読み取り使いこなせる」ことです。
      こうなったらエントリーするという典型的なことはご説明できますが、それだけではスキャルピングでは勝てません。
      初心者で何もわからないならば、まずは実取引は控えて、こうしたチャートを最低一週間は見続けてみてください。
      そうすると、どこがエントリーポイントなのかがだんだんと理解できるようになります。

      もうひとつ念には念をいれるならそれをもとにデモ取引をして利益が出せるか検証してみることです。
      ぜひXMのデモ口座を開設してトライしてみてください。
      まずはこの3つのチャートの特徴と使い方をよく勉強してみてください。
      それが確実な解決法になると思います。よろしくお願いします。

  2. rara より:

    お返事ありがとうございました!さらには、こんなに詳しく教えていただいて、とてもありがたいです。

    RSIは使ったことはあるのですが、標準偏差は初めてだったことや、1分足のスキャルピングについては、考えたことがなかったので、こういうやり方であれば、少額からお金を増やしていけるのだなあと思いました。

    やはり、15年もの間FXなどで生計を立てられている方は、考え方がシンプルで、でも職人のようにコツコツと練習をされているんだなあと感心しました。

    ちょっと慣れが必要な気がしますが、確かに再現できそうですね!まずはデモで練習してみたいと思います。

    丁寧に、分かりやすく教えていただき、本当にありがとうございました!
    これからも、ブログを参考にさせていただきます。

  3. kokota より:

    1万通貨を1000通貨×10に分けて一斉決済するというくだりがサッパリ理解できないのですよね、どういう意味なんでしょ?
    単に最初は1000通貨単位で一日10回くらいコツコツ取引しろという意味じゃないんですよね?それならあんな書き方しないですもんね。
    複数の通貨ペアを見て分けて取引しろというのなら分かるんですが、ドル円だけの話で書かれてるように読めるのでそれも違いますよね。
    一つのチャートに複数のポジションを並行して持つというのは上級者の方ならやりそうな手法ですが、それを一斉決済?
    なぜ一斉決済?高く買ったなら安いところで売りたいし、安く買ったなら高く売りたいですよね?
    一斉決済で利益が出せるなんて意味が分かりません?
    どなたか分かる方そこのところの仕組みだけでも教えてくださいませんか?この記事を思い出す度気になって夜も眠れません

    1. 海外FXキラー より:

      kokotaさん、コメントありがとうございます。
      1万通貨ペア単位で売買するとエントリーも1回、売買も1回で済みますが、スキャルピングというのはいつもベストなプライスでエントリーできるわけではないので、あえて1000通貨単位を10回わけてエントリーし、決済は一括で行うことで平均コストベースで利益がでるようにしているということです。
      たとえば1万通貨110円で買いならコストはそれだけですが、110.01円、109.98円、109.97円といった形で10本ばらしてエントリーすれば110円よりも、平均コストを下げることができてより有利に利益を確定できる可能性があるということです。
      1万円からXMで取引して大きな金額にしようと思うのなら、その位気を使わないと利益をしっかり確保できないとお考え下さい。
      (※記事の該当箇所に、今回の説明を追記させていただきました。)

      1. kokotaro より:

        お返事ありがとうございます。お手間をお掛けしてすみませんでした。
        ん~、とりあえず私の脳味噌の手に負えないという事は分かりました。
        エントリーを複数回に分けて平均の利益を取るというやり方の利点が、
        リスクを抑える安全策にあるのか、それともリターン重視の勝負手なのか、
        そのどちらの考えなのかすらも私には分かりませんでした。
        どちらでもあるようで、どちらでもないような、
        こんな手法を使いこなせるくらいの上級者にいつかなれるよう頑張ります。
        ありがとうございました。

        1. 海外FXキラー より:

          最初から購入ボリュームを決めて小分けして売買するのは、リターンのほうを重視したやり方であると言えます。
          ダメな時は結局すべて損切しなくてはなりませんが、小分けで失敗したら途中で全部売買せずに損切すれば、一応リスクを下げる意味もあります。
          ナンピンはその場に任せていくらでも追加売買をすることになりますが、最初から上限を決めて売買すればその意味合いは大きく変わります。
          1万通貨を10本に、10万通貨も同様に10本にわけてエントリーチャンスを伺えば、逆張りなら平均コストは必ず下がることになります。
          また順張りで乗った時も、想像以上に上昇しそうなら追加で購入していくことになりますから、トラリピを引っ張って同時決済していくようなもので利益を増やすことが可能です。
          私の場合、XMの888倍で50万通貨を一回のスキャルピングの上限にして、逆張り時はこの分散取引を行っていますが、平均で10銭利益が出ただけで62000円ほどの証拠金で5万円の利益が出せますので、1日に少なくとも4回エントリーチャンスを待つようにして、なんとか1日20万円が確保できるように努めています。
          もちろん利が乗った場合には、10銭を20銭まで引っ張ることで1ディールで10万円になることもありますが、逆に同コストで命からがら撤退することもあります。
          さらに見立てが間違うこともありますので、プライスアクションを見ていて失敗したと思ったら途中で分散投入を中止して、即損切することでいきない50万通貨売買して損切するよりもダメージを減らしています。
          大量の資金でハイレバ取引きをするなら話は別ですが、限られた資金で売買するならこのぐらい慎重にやる必要があるということです。
          ご参考になれば幸いです。

Comments are closed.