SimpleFX検証と評価【その名の通りシンプルさが特徴の海外FX業者】

SimpleFX

■SimpleFX とは

SimpleFX概要

SimpleFXは、FXブログ記事やそのコメントなどでも、あまりその情報というものが紹介されていないので、初めて聞いたという方もいるかもしれません。

FXのラジオ番組を持っている西原宏一氏の、「西原宏一のシンプルFXトレード」をご存知の方もいるかもしれませんが、それとも関係はありません。

SimpleFX (シンプルFX)は、設立年2014年の海外FX会社で、会社の本拠地はセントビンセント・グレナディーンとなります。

160カ国の世界で14万人を超えるトレーダーに対し、グローバルにFXサービスを展開する海外FX業者です。

会社のモットーとして「簡単で分かりやすいオファーや取引ツールを提供し続けること」をあげています。

そのモットー通り、SIMPLEFX公式サイトのメインページを訪れれば、すぐに取引チャート画面が確認できる仕組みとなっており、「面白い取り組みをする会社なんだ」という姿勢が見て取れます。

ノミ太
その名の通りシンプルなんだね。
海外FXキラー
わかりやすいネーミングですね。

 

全銘柄のすべてのマーケットで、透明性の高いNDD方式を利用しているため約定力があり、約定スピードも高速で、これにより取引手数料も無料です。

加えてトレーダー預託証拠金は契約銀行で分別保管されており、銀行口座はバルト3国の中でも最大規模の銀行であるラトビアのRietumu Bankという銀行になります。

口座通貨としては15種類から選択でき、日本円口座も開設可能なので海外FX会社の中では非常に豊富な部類となるでしょう。

取り扱い通貨ペアは、60銘柄とこちらも非常に豊富な選択肢となります。

ロンドンに設置されるEquinixのサーバー「LD4 Equinixサーバ」を使用しているためサーバー機能としては疑う余地はなく、レイテンシーを防ぎ、約定スピードとしても非常に優れています。

チュートリアルなどの教育コンテンツもよく整っており、簡単にアクセスでき、そのでざいんや 見易さは抜群でしょう。

全くFXの経験がないFX初心者でも、これを見れば簡単にFX取引が始められるはずです。

取引手数料はかかりませんが、スプレッドとしてはそこまで狭いというわけではなく米ドル円通貨ペアで0.01米ドルほどかかるようです。

口座開設方法

口座開設方法としては、その名前の通り非常にシンプルで、お持ちのビットコインウォレットをSimple FXに登録するだけで口座開設できます。

仮想通貨取引の場合は、身元や住所などは必要なくなるのでアノニマス、つまり匿名でも取引を開始することが可能となります。

これは「誰でも平等に取引を」という仮想通貨の哲学を体現しているものとして、たとえどんな状況のどんな人物であっても取引を開始できるので、SimpleFXは極めて平等性の高い取引環境を実現しているということもできるでしょう。

それに伴い、口座開設時間も短縮されるため、本当にすぐにトレードを開始することもできます。

最低入金額などはなく、0円から口座開設可能なのもSimpleFXの特徴と言えます。

SimpleFX取引機能

取引プラットフォームとしては、海外FX業界の中でデファクトスタンダードとなっているオープンソースプラットフォームのMT4(メタトレーダー4)を使用しており、豊富な取引ツールを有しながらEAなど自動取引にも対応していることが特徴です。

そしてSimpleFXの一つの特徴としてあげられるのが、24時間365日いつでも取引可能となる点です。

これにより、時間の制限なく取引が可能なので、生活リズムが作りやすく、世界のどこにいてもストレスなくスムーズに取引を進めることができます。

最大レバレッジ、ゼロカット制度、ロスカット

SimpleFXの最大レバレッジについては500倍となっています。

これは、海外FXブローカーの平均が400-500となっていることを考えると平均並みと言えますが、最近、新たに「最大レバレッジ10倍」という規制ができようとしている国内FXと比較すれば、十分すぎるほどのレバレッジと言えるでしょう。

またゼロカット制度も採用しているので、たとえ口座残高がマイナスになってしまったとしてもそれが0にリセットされ追証などは決してないので、リスクを軽減して安心して取引を進めることができます。

SimpleFXは、取引口座への最低入金額などはないので、そこに関しては完全にトレーダーの都合のいいように使え、あまり取引に使える資産がない方でも楽にFXトレードを始めることができます。

マージンコールとしては50%、ロスカットは30%と割と海外FXブローカーの中では平均並みですが、それでも十分に低い値と言えます。

この数字ならハイレバレッジをかけて取引したとしても「ポジションンをすぐに決済されてしまう」ということはないでしょう。

Simple FXのコミュニティーサービス

SimpleFX口座ではソーシャルトレード機能もあります。

「シャウトボックス」というチャットツールでは24時間365日、いつでも世界のSimpleFXを使っているトレーダーとコミュニケーションをとることができます。

しかし、ユーザーの大半が英語話者のため基本的には英語でのやり取りとなります。

加えて、MT4のFXツールであるトレーディングシグナルを使ったコピートレードにも対応しているので、優秀なトレーダーを見つけたら彼らをフォローして、たとえ知識がないFX初心者でも大きな利益を出すことが可能です。

このようなSimple FXの情報網に参加できることもSimple FXで口座開設をする利点となるでしょう。

そしてこのようなコミュニティーツールのログインに関してもFacebookやGoogle+などのアカウントからすぐにログイン可能となります。

このようなことも「取引を簡単にする」SimpleFXならではの試みでしょう。

日本語対応について

公式Webサイトや取引画面自体は日本語に完全に対応しているため、新規口座開設やトレードを進めていく分には全く問題ないでしょう。

日本語対応サポートはしておらず、基本的にはすべて英語でコミュニケーションをしていく必要があります。

そのためたとえ日本語で質問したとしても英語で返事が返ってくるでしょう。

英語が得意な方でないと口座開設は難しいと言えます。

それが日本人顧客がSimpleFXを利用するにあたっての難点と言えるでしょう。

ノミ太
英語ができないと難しいのかぁ。
海外FXキラー
海外FX初心者には不向きかもしれませんね。

 

入金について

SimpleFXの入金や出金についてはクレジットカードや電子決済サービス、銀行振込や現地支払いにも対応しています。

クレジットカード入金の場合は、最低入金額が10米ドルで最大入金額が4,000米ドルとなり、手数料は無料となります。

銀行送金の場合は、最低入金額などはありませんが最大入金額が3,000米ドルとなり、手数料に関しては無料です。

しかしここでは日本円は使えませんので注意が必要でしょう。

銀行振込の場合は、資金提供時間が3日となっている点も注意が必要です。

現地支払いの場合は、最低入金額が10米ドルで最大入金額が3,000米ドルとなり手数料は無料ですが、通貨としてはブラジル・レアルか米ドルのみとなります。

出金について

出金方法についても同様の方法が可能で、クレジットカード支払いに関しては最低出金額が10米ドルで、手数料としては10米ドルの出金手数料として4%かかります。

出金時間としては、最大10日程度かかります。

現地支払いも可能となりますが、払い出し期間としては申請してから最大5日ほどかかります。

最低出金額としては10米ドルで、その額を引き出した場合の手数料として3%がかかります。

現地通貨の場合は、入金と同じくブラジル・レアルか米ドルのみとなります。

銀行振込の場合は、出金時間として最大3日ほどかかり、最低出金額として100米ドルほどが必要となります。

手数料としては、SimpleFX側で10米ドルにつき0.2%となります。

それ以外でもSimpleFXでは、ビットコインの出入金にも対応しています。

ノミ太
話題のビットコインに対応してるんだね。
海外FXキラー
今後、仮想通貨に対応する業者はますます増えていくと思います。

 

■ビットコインFX について

シンプルFXでは通常の為替取引だけではなく、仮想通貨取引にも対応しており注文可能です。

あわせて読みたい

ビットコインの入金

SimpleFXは仮想通貨取引だけではなく、取引口座への仮想通貨の出入金も可能です。

他の業者なら通常は「ビットコインのみ」というところも多いのですが、SimpleFXのすごいところは本当に様々な種類の仮想通貨に対応しているからです。

取引仮想通貨としてはDASH取引、ethereum取引、Litecoin取引(ライトコイン取引)、bitcoinCash取引(ビットコインキャッシュ取引)などどれでも対応しています。

仮想通貨ペアも

ビットコイン / 米ドル(BTCUSD)
ビットコイン / ユーロ(BTCEUR)
ビットコイン / 円(BTCJPY)
ビットコイン / オフショア人民元(BTCCNY)
イーサリアム / ビットコイン(ETHBTC)
イーサリアム / 米ドル(ETHUSD)
イーサリアムクラシック / ビットコイン(ETCBTC)
イーサリアムクラシック / 米ドル(ETCUSD)
ライトコイン / 米ドル(LTCUSD)
ライトコイン / ユーロ(LTCEUR)
ライトコイン / 円(LTCJPY)
ライトコイン / オフショア人民元(LTCCNY)
リップル / 米ドル(XRPUSD)
ビットコインキャッシュ / ビットコイン(BCHBTC)
ビットコインキャッシュ / 米ドル(BCHUSD)

と15種類あり、円とのペアも見あたるのでその点も大きな利点となるでしょう。

ビットコイン出金

仮想通貨の出金についても可能で、入金と全く同じものが選択可能です。

詳細はそれぞれ、ビットコイン出金については最低出金額が0.0015BTCで手数料が0.001BTCとなり、DASHの場合は最低出金額が0.02DASHで手数料が0.001DASHとなります。

ethereumの場合は最低出金額が0.02ETHで手数料が0.002ETHとなり、litecoinの場合は最低出金額が0.05LTCで手数料が0.01となります。

ビットコイン取引について

SimpleFXが他の業者と一番顕著に違う点としてあげられるのがこのビットコイン取引で、SimpleFXでのビットコイン建て口座なら、完全匿名でも仮想通貨通貨取引が可能となります。

ビットコイン取引の場合、ロスカット維持率が30%となります。

最大レバレッジはLitecoinの3.33倍を除き、すべて2倍となります。

最大レバレッジとしてはそこまで他の海外FX会社と比較して大きくはないと言えるでしょう。

なので仮想通貨取引所と比較してそこまでお得感はないかもしれませんが、根本的にボラタリティの高い(価格上下の激しい)暗号通貨取引でレバレッジ取引をできることは儲けを大きなものにするチャンスとも言えるでしょう。

■SimpleFXリベートプログラム

SimpleFXでは今の所ボーナスは見当たりませんが、IB業者を通じてのリベートプログラムは開催しています。

特にSimpleFXでのリベートプログラムで有名なのが、日本の老舗IBサイトである「Balibariの海外FX放浪記」のものでその名も「ビットコインdeリベート」というものです。

特にこのリベートプログラムでも、ユーザーネームとフルネームだけでリベートをもらえてしまうので、この点も他とは違ういい意味で異質な点と言えるでしょう。

このような性質から通常のように取引量に応じてリベートがもらえるというタイプのリベートプログラムではなく、コミッションに対して80%のリベートをビットコインのまま受け取ることができます。

このプログラムに参加すると、SimpleFXの仮想通貨取引は非常に魅力的なものになるので、SimpleFX利用の際は是非参加してみるといいでしょう。

■まとめ

SimpleFXはその名の通り、見た目から取引開始までなど確かに簡単でわかりやすく、面倒な設定もないため素早く取引ができる業者でしょう。

FX取引サービスとしてはそこまで特筆するような特徴はありませんが、ビットコインFX業者としては秀逸で仮想通貨で入金して仮想通貨で取引、そのまま仮想通貨で出金できる業者は他を見渡してもなく、すべてのプロセスをビットコインで完結することができるため「BTC相当でいくらいくら。。。」などと換算する必要も無くなります。

ビットコインFXや暗号通貨、仮想通貨取引についてはメールアドレスだけでよく本人確認不要、匿名で購入できるなどの特徴もあり、使い勝手としては良さそうです。

ユーザーインターフェースの使いやすさ、見易さなどはひとことのeToroを彷彿させるものがあります。

すでに他の業者で取引口座を持っていたとしても、追加口座としてSimpleFX口座を作ってみてもいいかもしれません。

デモ口座ではなく取引ソフトを使ったデモ取引は登録不要、アカウント作成をしなくても仕様可能なので、シンプルFXトレードに興味のある方はライブ口座を作る前にまず一度試してみてはいかがでしょうか。

ノミ太
仮想通貨FXを考えている場合はいいかもね。
海外FXキラー
1つの業者として覚えておくといいと思います。

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*