XMのボーナス出金

XMボーナス出金
あわせて読みたい

■XMボーナスの出金について徹底解説

XMボーナス出金についての解説画像

XMの口座開設をしたら、確実に支給されるボーナスのクレジット。

XMの大きな魅力となっているこのボーナスですが、そのまま換金することはできません。

あくまでこのクレジットを利用して利益を上げて、はじめてその利益部分だけを換金することができるようになるのです。

XMボーナスの出金 解説画像

・XMボーナスはあくまで取引資金として使えるクレジット

XMボーナスはクレジット利用しかできない

XMに限らず海外FX業者を利用した場合、よくこのボーナス部分が資金として引き出せないということで不平をいう国内の個人投資家がいますが、ボーナスというのは現金として資金を口座に提供されたのではなく、売買資金の代わりに利用できるクレジットとして与えられているものにすぎません。

ですので現金化するためには、ボーナスを含めた資金を利用して、FXのトレードで利益を上げてからでないと、実際の利益として出金できないことはよく理解しておく必要があります。

XMボーナスの解説画像

・利益の出金でXMボーナスが消滅

ボーナスを使って利益を稼ぎだし見事出金ができたとしても、当初のボーナス分は全額出金段階ですべて権利喪失ということになります。

ですので利益をすべて出金してしまいますと、それで当初の入金ボーナスはなくなります。

ボーナス分は差し引かれ、口座には残らないというわけです。

つまりこれがボーナスの消滅、という意味になるのです。

また改めて入金すれば年間5000ドルの20%ボーナスはもらうことができますので、今度は自己資金で取引していくことになるのです。

XM入金ボーナスの解説画像

・XMボーナスのみで取引して、いくら利益が出たら出金できるのか?

結論から言えば、利益が出た部分は500円から出金が可能となります。

しかしひとつここで大きな問題となるのが、出金にかかるコストです。

XMの場合、海外からの出金サイドのコストは基本的にもってもらえますので、もっともコストのかからないMybitwalletなどを使えばこのオンラインウォレットにまで資金を無料で出金することは可能となります。

しかしこのウォレットから、自分の口座に出金するためには、824円の手数料がかかります。

500円だけ出金したのでは、結局手元に資金を戻すことはできないのです。

XMからの出金手数料解説画像01

つまり国内に現金が辿りつくためのコストの上乗せがないと、事実上出金はできないことになります。

銀行経由の海外送金よる出金の場合は、さらにその条件が厳しくなります。

まずXMから出金する段階で200ドル、日本円でほぼ2万円以上ならばXM側の銀行の送金コストは同社が負担してくれます。

しかし国内の銀行への着金コストは自己負担となりますので、どんなに安いコストの国内銀行を利用しても2500円程度の手数料の支払いが生じることとなり、2万円を送金しても17500円以下の金額しか国内では受け取れないことになってしまうのです。

XMからの出金手数料解説画像02

・XMボーナスにレバレッジをかけて取引した場合

XMボーナスにレバレッジを掛けた場合

ボーナスは通常の資金とまったく同じようにFX投資に利用することが可能ですから、当然のことながらそのクレジット金額にレバレッジをかけることが可能となります。

3000円のボーナスクレジットで、1000通貨110円のドル円を売買した場合で考えてみます。

現状で1ドル110円弱ですから、ドル円1000通貨単位で123円が証拠金コストとなります。

したがって3000円のボーナスに、888倍のレバレッジを利用すれば2万4000通貨(2,400,000円相当)程度まで売買が可能です。

ボーナスを888倍にしたら

しかし、実際には相場の上下がありますから3000円で売買できる適切なボリュームは、1万通貨程度(1,100,000円相当)に抑えるのが現実的なのではないでしょうか。

ただ、証拠金はできるだけ余剰資金を残して想定外の方向に相場がうごいても、すべての金額を失わないようにすることが重要になります。

したがってどれだけのポジションをとっても大丈夫かは、相当よく考えてから行う必要があることは言うまでもありません。

あわせて読みたい

・XMはボーナスで売買しても売買ポイントがつく

XMの取引で魅力的なのは、通常の取引でもそのボリュームに合わせてポイントが授与されボーナスや現金に交換することができることです。

ボーナスでの売買ポイント表

具体的には取得できるポイントは上記の表のような数字となり、100日以上取引をしていきますと獲得ポイント数は最大2倍にまで増加することとなります。

ボーナスへの換金はXMポイント÷3、現金への換金はXMポイント÷40という計算式になります。

この計算式はUSD用のため、口座通貨がUSD以外の場合はXMが定める為替レートで両替されることになります。

ロイヤリティプログラムのランクはエグゼクティブ、ゴールド、ダイアモンド、エリートと4つ用意されており、ほぼ100日以上利用すれば最上位のランクに格上げされることになります。

XMボーナスランクの説明図

入金ボーナスを設定する海外FX業者は多いものですが、このように取引でポイントが付与され、それがボーナスや現金に換金できる仕組みを導入しているのはXMならではの仕組みです。

しかも最初からボーナスのクレジットを使っても、このポイントが付与されるのは非常に魅力的なインセンティブです。

ただし、このポイントは新規注文から10分以内に決済された注文はポイント還元の対象になりません。

また現金に換金できるのはダイアモンドかエリートのランクのみとなりますので注意が必要です。

XMゼロ口座は入金ボーナスがつかず、口座開設ボーナス3000円はもらえず、さらにこの売買ポイントも取得の対象にはなりません。

XM公式サイトでボーナスついて確認⇒

・ポイントを貯めて、出金後に新たにボーナスとして利用がお勧め

XMボーナスの有効活用方法

このポイントはランクが上がれば現金に交換することもできますが、一覧表をご覧いただくとおわかりのとおり、現金への交換比率は著しく小さいものになりますから、やはりボーナスに転換してそれを利用して売買するように心がけることが重要になります。

このボーナスは、出金時にその額の割合に応じて喪失することになりますから、出金後に変換して利用するのがお勧めになります。

このような循環で、ポイントプログラムをボーナスとして利用していくと、常に入金額よりも潤沢なボーナスを利用して取引できるようになりかなり便利です。

・XMボーナスとは別に、自分のお金を入金して取引した場合

XMボーナスと自分の資金を入金した場合

888倍のFX取引は一定以上の資金があったほうが確実に、かつ安全に資金を増やしていくことができますので、本来は口座開設時に支給される3000円だけで勝負するというのは、かなり無謀なエントリーであることは事実です。

最低でも1万円以上の資金からスタートできますと、かなり楽に取引ができるようになりますし、最初から自己資金を入金して取引するのが基本的にはお勧めです。

たとえば自己資金1万円を投入して送金した場合、入金ボーナスが20%で12000円になります。

そして口座開設ボーナスの3000円を含める、といきなり15000円の資金で売買が可能となるわけです。

これは実際の取引でも、あるいは精神的にもかなり余裕を持てる取引となります。

ただ、どんなに資金に余裕があったとしても、まず888倍の取引に慣れるために最初はできるだけ1000通貨単位から売買していくことが基本となります。

ここでしっかりとした取引感覚を構築できれば、いよいよ1万通貨以上で売買してくことができるのです。

あわせて読みたい

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメント

  1. 若葉FX より:

    こんにちは
    海外FX調べたらLand FXカードで似たようなのがあったのですが

    これはただのクレジットカードですか?

    ATMで出金できる感じですが
    また金融庁からつぶされるでしょうけど・・・

    https://www.land-fx.com/fund/prepaid_card

    1. 海外FXキラー より:

      若葉FXさん、コメントありがとうございます。
      これはiAccountが提供しているプリペイドカードに記名できるものだと思います。
      コストは決して安くないですが、金融機関を一切通さずに国内に資金を持ち込めるという点では秀逸です。
      はっきりは書けませんが、いわゆる租税回避カードといえますね。

コメントを残す

*