XMの約定力・約定スピード

XM約定力

FX取引の条件としてはもっぱらスプレッドや手数料といったものに注目が集まりますが、実は約定力が低くスリップしてしまったりするとその分のコストは個人投資家の自己負担になるため結果的に高いものにつくことが考えられます。

またそもそも約定しないという問題が起きるというのは論外で、個人投資家が成り行きで売買したいと思った価格でしっかり約定できることは、実は非常に重要な取引き要件となっているのです。

個人投資家にとってはスプレッドとともに、スリッページを加算したトータルの値幅こそが負担すべきコストになっているということをしっかり理解する必要があり、約定力はスプレッドとともに、重要なFX業者選択の判断要素にうなっていることを忘れてはなりません。

■XMの約定力(約定スピード)は優秀

XMで公表されている約定力は99.35%でリクオートはまったくなく、全体としてはかなり高い約定力を誇っているといえます。

少し前までのXMの約定力は、サーバーの設置ロケーションと投資家が売買する位置との距離に大きな影響があると言われていましたが、ブロードバンドで幹線が引き詰められるようになってから、遠隔地でも回線状況がよければほとんど問題は起こらないようです。

むしろ集合住宅などで、ラストワンマイルの部分に問題が起きたりすることが多く、かなりの部分がユーザー側のファシリティに問題があることも多くなっているようです。

ちなみにXMはセーシェルが本拠地となっていますが、サーバーはすべてUKのロンドンで管理しているようで、先進国に置かれている点も優位性を保つ大きな要素になっているようです。

■スタンダード口座、マイクロ口座、ZERO口座の約定力

XMにはNDDのSTP方式となるスタンダード口座と、同様の仕組みで小口取引ができるマイクロ口座、そしてECNでマージンが外だしになるZERO口座という三つの取引口座が存在します。

この三つの口座は、すべて別のサーバーで管理されているということですが、残念ながら個別のサーバーごとの約定スピードなどは公式には開示されていません。

実際に利用してみた印象で言いますと、スタンダード口座とマイクロ口座はほとんど同じようなもので、どちらが秀逸というほどの違いが感じがれません。

またZERO口座はスプレッドが狭い分、スキャルピングなどで早く売買が可能になるため、スピード感があるような印象を受けますが、実際には素晴らしく速いとまでは言えない状況です。

正直なところ、これはほかの海外FXの業者でも同様で、ECNだと驚くほど約定のスピードが速くなるとはなかなか言い切れないものがあります。

チェックマークマイクロ口座とスタンダード口座の比較⇒

チェックマークZERO口座のメリット・デメリットについて⇒

■XMの優秀な約定力でベスト執行ブローカー賞を受賞

XMベストブローカー賞

XMは2017年9月に、イギリスを代表するオンライン金融マガジンである「Shares Magazine社」からベストFX執行ブローカー賞を受賞しています。

これはブローカーの約定率や、約定拒否のない100%の取引き執行率を評価されたもので、競合他社と比べても非常に優位性の高い取引環境を提供していることがわかります。

■デモトレードとリアルトレードの約定力の違い

ただ、同じXMでもデモトレードとリアルトレードは、サーバー環境が異なるためその速さや約定力は異なるものがあります。

デモトレードは顧客のオーダーをとにかく約定するようにはなっていますが、アルゴリズムを介してカバー先の価格とのマッチングをはかることもありませんからリアルな取引よりも早く、しかも確実に約定するのは当たり前の状況となっています。

したがって約定力の本来の力を試すならばやはり正式に口座開設をし、ライブ口座を開いて実際に証拠金を入金したうえで利用してみる必要があります。

XMのデモ口座開設

■NDD方式はとくに約定が早く確実になる方向に

MT4をトレード端末として、NDD方式で顧客からのオーダーをすべてカバー先に出して取引する方法は、カバー先が価格さえ出していれば確実に約定するもので、国内業者の行うDD方式のようにサーバーから先で、どのようなことを行っているのかがわからない利益相反のような動きとは異なり、かなり透明性の高いものになります。

とくに顧客とブローカーとの取引は、一切利益相反しない仕組みですから、故意に約定しないようにしたりスリッページを増やしてマージンを稼ぐといった行為の発生しない極めて自動的な売買になりますから、約定は全般に早いものになるといえます。

チェックマークNDD方式の解説⇒

■スプレッドだけではなく、約定力にも注目すること

一般的にFX業者の比較というとどうしてもスプレッドに目が行きがちですが、やはり約定力が高いことは見かけの平均スプレッド以上に取引コストを下げるポイントになることから、より注目すべきものといえます。

国内ではドル円で0.3銭といった狭いスプレッドが流行りになっていますが、かなり限られた取引時間だけ保証されていることが多く、London Fixを超えた午前1時すぎからは全く狭いスプレッドで動かないとか、約定力が鈍るといったとんでもない業者も存在します。

そういう意味では、海外FX業者はみかけの平均スプレッドのみならず、確実に約定するかどうかを非常に重視する必要があるといえます。

XMのスプレッドがどのくらい広いかを他社と比較

■XMで約定力をさらに早める裏技としてVPSの利用

XMは顧客に対して、VPSの有償利用をあっせんしています。

一定の取引額がクリアできれば無償で貸してもらうこともできますが、一応月額28ドルを負担すればXMサーバーが置かれているロンドンのデータセンターからたった1.5㎞という至近距離にあるバーチャルプライベートサーバーに接続して取引が可能ですから、これは今のところ日本から取引きする場合にはもっとも早い方法ということができます。

またEAを使った自動売買でも大きな能力を発揮しますので、VPSを利用するのはお勧めです。

とくに業者が自ら設定しているVPSですと、親和性も高く費用をかけただけのパフォーマンスを提供してくれることになりますから、非常に便利な存在といえます。

チェックマークXM公式サイトのVPSはこちら⇒

海外FX業者の約定力比較ランキング

【XM公式サイト】⇒

【XM公式サイトの各ページ】

・XM会員ログイン画面⇒

・XMのデモ口座開設⇒

・XMのボーナスキャンペーン⇒

・XMのMT4インストール⇒

・XMのFXウェビナー⇒

・XMの使い方の解説の動画⇒

タイタン9つの理由

XMで資産を増やす方法

タイタンとXM対決

コメント欄

コメントを残す

*