海外FX業者一覧とFX会社の特徴

海外FX業者一覧

当サイトで紹介している主要な海外FX業者の概要一覧を掲載させていただきます。

 

より詳しい情報は、

業者名をクリックしていただけると、各業者の特徴記事に飛べます。

 

業者名 特徴
AXIORY(アキシオリー) ベリーズ国際金融サービス委員会 (IFSC)のライセンス。スプレッドは小さく、ドル円で0.1pip~(スタンダード口座0.9pipなど)。
ACEFOREX ニュージーランドFSRPのライセンス登録。スプレッドは小さく、入出金スピードも早い。ただし、Standard口座では最低初回入金額が1万ドルとやや高額。レバレッジは最大500倍。
BigBoss ニュージーランドの金融ライセンス登録。約定が早く、スプレッドは小さい。書類提出なしの「クイック口座開設」で口座開設のハードルは低い。さらに、国内銀行(国内口座)送金で入金も出金も可能であるほか、ビットコイン入金が可能となっている。最大レバレッジ555倍。
Dynamic Trade 運営会社Max Trading Limitedの所在地は英国領アンギラ。スプレッドは1.0pipsから。EU の金融商品指令MiFID (The Market in Financial Instrument Directive)の基準にもとづく顧客資産分別管理。最大レバレッジ400倍。
FxPro イギリスFSAのライセンス取得。最小スプレッド0pip~で業界トップ水準。日本語サポート対応。最大2万ユーロの信託保全。
FXCC FXCC(エフエックスシーシー)は2010年にサービスを開始した海外FX業者であり、Cysec(キプロス証券委員会)の金融免許を保有。

FXCCが倒産した場合でも最大2万ユーロまで基金の補償がついてきますので、万が一の場合の補償は施されます。

また、FXCCには「NDD方式の分別手数料が一定証拠金金額まで無料」といった独自のメリットがありますが、「日本語非対応」というデメリットもありますので、取引口座開設時には注意。

FXDD 日本人向けサービスを10年以上提供している古参のFX業者であるため、日本語サポートも高品質。口座開設の書類提出も簡易。MT4プレミアム口座でも低いスプレッドを実現しており、定評がある。
FXGLOBE 日本撤退業者
FxNet(エフエックスネット) 2013年にサービスを開始したCySEC(キプロス証券取引委員会)のライセンスを取得している海外FX業者です。
FXPRIMUS モーリシャス共和国FSCによって認可。ECN口座で0.1pip ~。約定スピードが速く、マイクロロット取引が可能。第三者による信託保全。最大レバレッジ500倍。
FXOpen ネイビスのライセンス登録。親会社は英国FSAのライセンス。手数料とスプレッドの合計では業界でも最安水準。約定が早く、スキャルピングやEAの制限もない。ECN口座の初回入金は1000ドルからでトレード可能。1万ドルの信託保全。最大レバレッジ500倍。
FBS ベリーズ国際金融サービス委員会(IFSC)認可。スプレッド0pip(ただし、手数料あり)、最大レバレッジ3000倍という口座があり、話題となることが多い。信託保全なし。日本語対応のレベルは高くない。
GEMFOREX 口座開設時のボーナス(口座開設キャンペーン、口座開設キャッシュバック)やEA(売買ソフト)の無償提供などの特典が手厚い。約定スピードが速い上に100%の約定保証を提供。最大レバレッジは1,000倍。ただし、金融規制機関の許認可なし。
High Trade FX 2015年に創業したばかりの新興FXブローカー。
ライセンスとしてはニュージーランドのライセンスであるFSPの登録業者。
IronFX キプロス共和国CySEC他、複数の金融ライセンス。0pipからの狭いスプレッド。マイクロ口座であれば、最低証拠金100ドル、取引ロット0.01ロット(1,000単位)からトレードが可能。信託分別管理。最大レバレッジ500倍。
IFCMarkets 本社UK、ライセンスは英国領ヴァージン諸島。MTマイクロ口座では初回入金額10ドル、取引単位1,000通貨からトレードできる。また、口座残高に2%の金利が付くなどの特典もある。信託保全について明記なし。最大レバレッジ1,000倍(ロスカット10%)。
iFOREX 本社所在地はギリシャでキプロス共和国CySECのライセンス登録。96年から営業している老舗のFX業者。スプレッドは並程度。MT4には非対応。ロスカット水準(証拠金維持率)が0%で最大レバレッジ400倍。
instaForex  2007年に営業を開始したロシアのFX業者。最小取引単位は1000通貨から、最大取引単位は10,000通貨。
取引通貨ペアは107種類、金属が2種、CFD取引銘柄が34種類
LAND-FX ニュージーランドFSPRのライセンス登録。日本人トレーダーや日本人投資家限定のスプレッドを適用(最小0.3)。0.035秒の高速約定可能とのうたい文句。最大レバレッジは500倍。
MiltonMarkets 本社所在地はニュージーランド、同国FSPRのライセンス登録。英国FCAライセンスのギャラント・キャピタル・マーケッツ(GCM)が展開。エクイニクス社のデータセンター「NY4」で高速約定が可能な取引環境。スプレッド、手数料も安い水準。ただし、信託保全なし。最大レバレッジは800倍。
MGK GLOBAL(エムジーケーグローバル) 2012年にサービスを開始したLabuan FSA(ラブアン金融サービス庁)のライセンスを取得している海外FX業者です。
最大レバレッジは200倍と海外FX業者の中では低めの設定となっていますが、その反面ドル/円の平均スプレッドは「0.4pips~」と極狭のスプレッドを提供しています。
MYFXMarkets ニュージーランドのライセンス登録。低いスプレッドと約定率の高さはFX業界でもトップ水準。スタンダード口座(STP口座)では、最低入金額200ドル、1,000通貨単位からトレードが可能。最大レバレッジ400倍。
MX Trade(エムエックストレード) すでに日本から撤退した海外FX業者。
「最大レバレッジ400倍」「日本語対応サポート」など提供している取引環境には特別問題はなく、何より海外FX業者としては珍しい「固定スプレッド」を採用している業者でしたので、利用しているトレーダーは決して少なくはありませんでした。
しかし、今現在MX Tradeは「詐欺業者だった」といった見方が強いです。
OloTrading(オロトレーディング) 全ての口座はドル口座のみの対応というデメリットもあり、円口座は対応していないのでその点は注意が必要です。
Opshom(オプショム) 現在は業務停止
Opteck-jp(オプテック) 「30秒取引」「国内送金可能」などのメリットがある海外BO業者。
現在は撤退。
OptionBit(オプションビット) CySEC(キプロス証券委員会)に登録している海外BO業者であり、「最低入金額25,000円~」「最低取引量は、アルゴビットトレードは500円~、その他のトレードは1,000円~」など、他社と比べて初心者でもバイナリーオプションが始めやすい設定となっています。
PEPPER STONE 2014年で取引終了。
Pivot Markets(ピボットマーケッツ) マーシャル諸島に本拠地がある2016年に創業した新鋭海外FX会社。金融庁のライセンスとしてもマーシャルのライセンスに登録。
SevenFX 運営はSALAH Ltd.(所在地セイシェル)。初回証拠金は600ドル、取引は1,000単位からトレード可能。預託金の分別管理あり。最大レバレッジは1,000倍。
Smartoption(スマートオプション) 最低入金額が10,000円~と低めに設定されており、バイナリーオプション初心者の方でも気軽にトレード口座開設を行うことができる海外BO会社となっています。
TitanFX ニュージーランドの金融規制機関FSPRのライセンス登録。FX業界でも低い水準のスプレッド。専用回線による高速約定にも定評あり。国内銀行口座送金に対応しており、入出金はスピーディー。24時間の日本語サポート対応。最大レバレッジ500倍。
Traderstrust キプロス証券取引委員会(CySEC)、バヌアツ共和国金融当局(VFSC)に認可登録。信頼できるサーバーにより高い約定率を確保。
Tier1(ティアワン) 2013年にサービスを開始したマルタ金融監督庁発行のMFSAの金融庁のライセンスに取得しているライセンス登録海外FX業者。現在日本市場からは撤退。
Traderstrust キプロス証券取引委員会(CySEC)、バヌアツ共和国金融当局(VFSC)に認可登録。信頼できるサーバーにより高い約定率を確保。
TRADEVIEW 本社所在地は英領ケイマン諸島。ケイマン諸島金融庁(CIMA)のライセンス登録。2015年から日本人顧客向けサービス。スプレッドの狭さ、約定力とも定評あり。35,000ドルまでの信託保全もなされている。MT4スタンダード口座など4種の口座があり、最大レバレッジ500倍。
TRADERUSH(トレードラッシュ) 海外のBO会社であり、「高約定力」「顧客満足度No1のサポート体制」「最低取引量は500円~」などのメリットがあります。
ThinkForex(シンクフォレックス) 2015年の2月より日本在住のFXトレーダーはThinkForexの新規口座開設を行うことはできなくなっており、2017年現在もその状況は変わっていません。
XM(エックスエム) セイシェル金融庁のライセンス登録。約定率99.35%という触れ込み。入出金もタイムリーに可能。顧客資金の分別管理、預託口座保全あり。日本語での対応あり。最大レバレッジは888倍。
YBINARY(ワイバイナリー) 2008年にサービスを開始した完全日本語対応の海外BO業者であり、丁寧な日本語サイトを作成するなど、日本人に向けたサービスに力を入れています。
口座開設は最短3分で完了するので、YBINARYならばその日のうちにバイナリーオプションにチャレンジすることも可能。
youtrade(ユートレード) youtradeでは現在日本語サイトの方が停止中となっています。これの原因として詳しいことは明らかにされてはいませんが、FPAに詐欺業者として認定されたことが挙げられます。

 

海外FX業者を選ぶ際のポイント

 

海外FX業者(FXブローカー)の特徴としては、DD(ディーリングデスク)方式とNDD(ノンディーリングディスク)方式のうち、FX業者がトレーダーの取引に関わることなく、FX取引の注文が自動的にインターバンク市場でカバーされるNDD方式が多くなっています。

 

また、レバレッジも日本国内FX業者では25倍までという金融商品取引業のレバレッジ規制があるのに対して、海外業者では数百倍のハイレバレッジとなる口座も珍しくありません。

 

そのため、基本的には、それら以外の差別化要因で業者選定することになります。

 

具体的には下記のような観点が挙げられます。

 

■自身の資金やトレーディングスタイルでどの程度まで高いレバレッジを求めるのか

■業者の信頼性や安全性はどうか

■スプレッドや約定スピード(約定確率)はどうか

 

このうち、信頼性という点については、本社所在地や金融監督機関あるいは金融規制当局の許認可(ライセンス)の取得状況などが参考になります。

 

また、どの程度の期間、営業を続けているかという点も考慮要素となります。

 

スプレッドに関しては、小さい(狭い)ほど有利となりますが、それ以外に手数料が必要となる口座かどうかも確認して、スプレッドと手数料の合計で判断しなければなりません。

YBINARY

YBINARY(ワイバイナリー)特徴と評価

YBINARY(ワイバイナリー)とは YBINARYはFXバイナリーオプション誕生の地であるイギリスに本拠地があり、創業年が2013年となるバイナリー取引会社です。 FXバイナリー取引ではFX(外国為替証拠金取引)と同じ […]